FC2ブログ

バクソダム、アカデミー賞の後に撮った写真...オスカートロフィーて日差しの笑顔



20200214051908177.jpeg

俳優バクソダムが2020アカデミー賞で撮影した写真を公開して人目を引く。

バクソ入れた13日、自分のインスタグラムに「ミョンフン兄さんのおかげで、写真を残してくれて。#oscars2020 #parasite #Thank you #NEON」という文と共に写真を掲載した。

写真の中のバクソ入れたオスカートロフィーを持って明るく微笑んでいる姿である。この写真は、2020アカデミー賞の後、俳優バクミョンフンが撮影したもの。ネオンドレス姿のバクソ入れた特有の清純美と存在感を誇った。

9日に行われた2020年のアカデミー賞授賞式で「寄生虫」が最高の栄誉である作品賞をはじめ、脚本賞、国際長編映画賞監督賞を受賞し、4冠に上がった中バクソ入れた出演俳優として受賞の喜びを一緒にした。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「アカデミー4冠王」寄生虫俳優たち」錦衣還郷」... 「映画を通じて韓文化知らせる」[総合]


映画寄生虫(PARASITE)出演俳優たちが12日、仁川国際空港を通じて帰国している。「第92回アカデミー賞」で映画寄生虫は韓国映画初の作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞4部門を受賞し、今年のアカデミー最多受賞を記録した。俳優たちが取材陣に向かって挨拶をしている。仁川空港=バクジェマン記者pjm@sportschosun.com/2020.02.12/

第92回米国アカデミー賞で作品賞など4冠の快挙を成し遂げた映画「寄生虫」俳優と製作陣が錦衣還郷た。

12日、俳優ソン・ガンホ、チョ・ヨジョン、イ・ソンギュン、チャン・ヘジン、チェ・ウシク、バクソダム、バクミョンフンと発行元正しい手のE&Aグァクシンエ代表、韓進ウォン作家、イハジュン美術監督、ヤンジンモ編集監督はこの日午前5時15分頃、仁川国際空港第2ターミナルを介して帰国した。ただしポン・ジュノ監督は、地元の日程を消化した後、別に入国する予定だ。

入国場に姿を現した俳優と製作陣は多くの取材陣のおもてなしにびっくりした表情を犯しましたが通常の笑顔を浮かべて取材陣とファンに手を振って挨拶をした。

2020021208282377c.jpeg

映画寄生虫(PARASITE)出演俳優たちが12日、仁川国際空港を通じて帰国している。「第92回アカデミー賞」で映画寄生虫は韓国映画初の作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞4部門を受賞し、今年のアカデミー最多受賞を記録した。俳優ソン・ガンホがインタビューをしている。仁川空港=バクジェマン記者pjm@sportschosun.com/2020.02.12/
グァクシンエ代表は「このように早朝に出ていただきまして、歓迎、ありがとうございある。ありがとうございましたしただけ送球だ」とし「別に日付を保持するお会いできるようにしたい」と取材陣に感謝の挨拶を伝えた。

ソン・ガンホは「ポン・ジュノ監督は、他の日程のために帰国していなかったが、当社の同士でも挨拶を申し上げる」とし「皆さんの絶え間ない声援と応援があったので私達がそのように良い成果を得なかったかと思う」と語った。

それとともに「これからも良い韓国映画を通し、全世界の映画ファンに韓国の優れた文化と芸術を知らせるために最善を尽くしたい」とし「心から感謝する」と付け加えた。

20200212082823d48.jpeg

映画寄生虫(PARASITE)出演俳優たちが12日、仁川国際空港を通じて帰国している。「第92回アカデミー賞」で映画寄生虫は韓国映画初の作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞4部門を受賞し、今年のアカデミー最多受賞を記録した。俳優たちがフォトタイムを持っている。仁川空港=バクジェマン記者pjm@sportschosun.com/2020.02.12/
一方先立ち、9日(現地時間)、米国カリフォルニア州ハリウッドドルビー劇場で開かれた「第92回アカデミー賞」で「寄生虫」が最優秀作品賞をはじめ、4冠王の栄誉に輝いた。

今回のアカデミーにポン・ジュノ監督の「寄生虫」は、作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、国際映画賞まで韓国映画で初めてアカデミー賞(オスカー)6つの部門の最終候補に上がった。韓国映画がアカデミーで受賞するのは101年の歴史で初めてだ。特にポン・ジュノ監督は台湾出身のアン・リー監督に続き、アジア人としては二番目に監督賞を受けた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

寄生虫呼名されると、息子の抱き締めこんこん運棒監督の妻



[ポン・ジュノ症候群]

アカデミー賞の後の関係者と抱き合って喜びの涙を流したジョンソンヨウン氏。/ LAタイムズの記者エイミー・カウフマンツイッター

」いつもインスピレーションを与える妻に感謝する。」アカデミー賞で脚本賞を受けてポン・ジュノ監督が言った言葉だ。ボン監督の妻は、シナリオライタージョンソンヨウン氏だ。ボン監督と延世大映画サークルで出会い、彼の短編「支離滅裂」の製作を助けた。

二人は1995年に結婚し、助監督時代浮き沈み妻が「ない食べても高!」とポン監督を激励したと伝えられる。デイリーメールインタビューでポン監督は「妻が金持ちの子供の英語の家庭教師をしたが、彼は私は家の数学の家庭教師の先生に紹介した」とした。「二人の事情が「寄生虫」に溶けた」とのこと。ボン監督賞は、妻チョンも大きな喜びであった。LAタイムズは「ポン監督が賞受ける中の妻チョン氏はとめどなく涙を流した」と書いた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

受賞の感想守っはい、朝まで酒を飲んだ」棒」



[ポン・ジュノ症候群]
LAで開かれた寄生虫プライベートパーティー
」ポップの巨匠」クインシー・ジョーンズも一緒に楽しんで

(上の写真)LA韓人食堂でポン・ジュノ監督がフェポを緩めている。(下の写真)LA寄生虫パーティーに参加したクインシー・ジョーンズ(右)。/膳インスタグラム・アントニオヘンドリックインスタグラム

"私は明日の朝まで酒を飲んう。」(アカデミー監督賞受賞の感想)

ポン・ジュノ監督の計画は、一寸の誤差もなかった。アカデミー映画祭(以下、オスカー)授賞式のレッドカーペットで「マラソンコースの最後の100mの区間に進入する感じ」と言っていたボン監督の「酒マラソン」は9日(以下現地時間)授賞式が終わった次の日まで続いた。

開始はこの日の午後4時米国ロサンゼルスソーホーハウス」で開かれた映画「寄生虫」プライベートパーティー。授賞式に入らなかった、これはじめVIPのための席だった。韓国料理とカクテルで準備され、カラオケ機器も設置した。パーティー音楽はDJベラぴあスコットランド、アンナカルデロンが引き受けた。オスカー4部門を手にした後、熱狂のるつぼに変わり、韓国のアイドルグループ「ACE(エース)」も祝賀公演を行った。ACEは、BTSとHOTの歌をはじめ、自身のヒット曲を多様に披露した。

授賞式が終わった後、ポン・ジュノ監督と俳優などはオスカー公式パーティーに続きソーホーハウスパーティーに参加しました。イ・ミギョンCJグループ副会長と彼のハリウッド人脈であるポップの巨匠「クインシー・ジョーンズ」などが参加した。以後50人の「寄生虫」チームはLAコリアタウン韓国料理店「膳」で桁を移し、パーティーは次の日の午前5時まで続いた。ソン・ガンホ・チョ・ヨジョン誕生日のお祝いを兼ね。現地メディア「

ポン監督のお祝いは、スターたちの支持につながった。米放送ジョン・ミラーが9日ツイッターに「ポン監督は韓国語で感想を語った。米国を破壊すること」と嘲笑しましょうオスカー・グラミー賞を受賞し、ポップスタージョン・レジェンドは、「このような愚かな文を書けば誰がお金を与えるのか」と怒った。ヤフージャパンでは「寄生虫」作品賞受賞について「納得が行くか」とアンケート調査を進めて大衆の袋叩きを迎えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「寄生虫」が成し遂げた歴史的な業績」非英語圏初」最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞受賞!



10日午前10時(韓国時間、現地時間9日午後5時)、米国ロサンゼルスハリウッドドルビー劇場で開かれた第92回アカデミー(オスカー)授賞式で「寄生虫」は、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞など4つの部門で受賞し、アカデミー史上最高の異変であり、韓国映画史上大きな成果を成し遂げた。

この日ポン・ジュノ監督は「脚本賞」と「国際長編映画賞」「監督」の受賞で直接気の利いた所感を明らかにし、「国家を代表してシナリオを書くわけではないが賞韓国初のオスカー」という名言とともに候補に挙げられされた監督の心からの尊敬と感謝を表するコメントで世界の映画ファンに刻印される印象的なコメントをしました。
20200210141221d15.jpeg
20200210141221154.jpeg

また、制作会社の正しい手イエンこのグァクシンエ代表も「今この瞬間に何か意味のあるシンボル的時の適切な歴史に書かれた気がする。このような決定をしてくださったアカデミー会員の決定に敬意と感謝を申し上げる」という言葉、人種、言語の偏見を跳び越えようと努力するアカデミーの努力に感謝と尊敬を示した。


授賞式の最後には、イ・ミギョンCJ副会長が参加して観客にお辞儀を上げるような場面が演出されており(生中継画面上正確に取れなかった客席の俳優たちが起きてと合唱をしたものとみなしてお辞儀をしたと予想される)「気兼ねなく韓国映画を見に劇場には与えられた方々に感謝し、躊躇せずにフィードバックを与えてくださる観客のおかげで私たちが安住せず、引き続き監督と創作者が前方に移動することができた」と言って韓国映画を愛してくれた世界中の映画ファンたちに感謝の意を表した。

「寄生虫」は、これで2019年72回カンヌ映画祭パルムドール受賞と92回米国アカデミー賞で最優秀作品賞を同時に受賞し、韓国映画としてアカデミーの門を叩いたか、60年ぶりに初めて正式候補に登録さと同時に最優秀作品賞受賞という驚くべき成果を成し遂げた。(イ・チャンドン監督の「バーニング」、ポン・ジュノ監督の「オクジャ」で候補に上がるだけしただけ正式候補にはならなかった)

この日の授賞式には、ポン・ジュノ監督をはじめ、俳優ソン・ガンホチョ・ヨジョンイ・ソンギュンチェ・ウシクバクソダムイジョンバクミョンフンチャン・ヘジンなど、映画の主役がすべて参加した。アカデミー賞は、世界最高権威の賞に、授賞式を主催する米国映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts&Sciences、AMPAS)会員の投票で決定される。別名「オスカー賞」と呼ばれるアカデミー賞の審査は先月30日から今月4日まで投票権があるメンバー約8400人の投票で行われ、韓国人のメンバーは約40人(ポン・ジュノ、イ・チャンドン、パク・チャヌク、イム・グォンテク、

アカデミー賞で「寄生虫」は、韓国映画初の国際長編映画賞(旧外国語映画賞)をはじめ、作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集、賞まで全6部門の候補に上がった(美術賞、編集賞受賞不発)4個部門で受賞し、世界に韓国映画の地位を高めた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR