FC2ブログ

ハン・ジミン "「青龍」主演女優賞...キム・ヘス、待合室で嗚咽しお祝い"



俳優ハン・ジミンが、昨年青龍映画賞舞台裏起こったエピソードを公開した。

第40回青龍映画賞、事前行事であるハンドプリンティング行事が28日午後2時、ソウル汝矣島CGVで開かれた。

昨年主演女優賞受賞者ハン・ジミン(映画「ミスバック」)、助演女優賞受賞者、キム・ヒャンギ(映画「神と一緒に」)、新人男優賞受賞者南ジュヒョク(映画「アンシソン」)、新人女優賞受賞者ギムダミ(映画「魔女」)が参加した。

ハン・ジミンは「昨年「ミスバック」で候補に上がって受賞をするまで夢のような時間だった、その栄光を振り返ることができる位置に一緒にすることができて重要である。時間が過ぎて回想して思い出ができるように私の手を記録に残すが光栄だ」と所感を伝えた。

また、昨年受賞当時を思い出させて」その日の感情、震えを覚えてのに私どこ見て言ったのかは思い出せない。とても震え何を言ってどのようにしていること知らないよ。授賞式が終わって、キム・ヘス先輩控室に挨拶に行ったらほとんど嗚咽するように祝ってくださった」と付け加えた。

昨年受賞当時の涙を流したキム・ヒャンギは「舞台に上がってから涙が流れるよ。一応とても幸せだったし感謝の心が一番大きかった」と理由を説明した。

南ジュヒョクは「1年という時間がこんなに早く流れるんだたいです。

「夢を見るようだ」と所感を明らかにしたギムダミは「私が俳優になりたいと思ったときから夢の中でも、行きたいと思った桁が青龍映画賞であった。受賞の感想をしながらも、実際に夢を見るようでそんな感想を話した」と説明した。

一方、第40回青龍映画賞は11月21日、仁川広域市パラダイスシティで開かれる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

キム・ナムギル、第1回ACA「ベストアクター賞」を受賞 "熱血師弟チームに捧げます



俳優キム・ナムギルが、第1回アジアコンテンツアワードでベストアクター賞を受賞した。

今日(6日)の午後、釜山海雲台区に位置し、東西大学ソヒャンシアターで開かれた「アジアコンテンツアワード」(Asia Contents Awards、ACA)は韓国、日本、中国、香港、台湾などアセアン諸国のドラマを対象とする賞。過去5年間お目見えしたTVドラマの中で、各国を代表する作品とアジアのスターたちが候補に選ばれる場だ。

キム・ナムギルは今年初め放送されたドラマ「熱血師弟」で第14回ソウルドラマアワード」韓流ドラマ最優秀作品賞」、「韓流ドラマの男演技賞」を、第46回韓国放送大賞」作品賞」、「演技者賞」を受賞たのに続き、昨日のアジアのコンテンツアワード「ベストアクター賞」までの5冠を達成して、現場を訪れたファンはもちろん関係者まで驚かせた。

全方位で活躍し、最高の一年を送るキム・ナムギルはベストアクター賞を受賞した後、 "「熱血師弟」を通って光栄にも多くの賞を受けている。最初は意味を置かなかった、しきりに受けるので多くの力が出て気持ちがいい。個人の個性が重要視される昨今、「アジアコンテンツアワード」という和合の場で賞を受けて喜んでいる。私一人でよくしてはないが、輝くアンサンブルを見せてくれた私たちの熱血師弟のチームにこの賞を捧げる」と所感を明らかにした。

キム・ナムギルは去る2月に公開した映画「奇妙な家族」でしっかりとした演技内面に魅力的なキャラクターを完成して出演した俳優たちとの特急ケミはもちろん、特有の瞬発力で変化に富んだ壮大中枚シーンをユニークで味出るように消化やり遂げたという評価を受けた。現在放映中の芸能「シベリア先発隊」では、シベリア横断鉄道の中刻々起るエピソードの中で仲間たちのために、まず動く配慮と意外のデンデン米、厳しい状況でも楽しみに昇華させる魅力まで発散して視聴率を牽引している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

アシアナ国際短編映画祭、第十七祭りの準備」少しずつ新しい試み」[総合]



アシアナ国際短編映画祭が第十七祭りの開始を発表した。

25日、ソウル中区チョンドンキルの山ダミアーノで第17回アシアナ国際短編映画祭(The 16th Asiana International Short Film Festival、AISFF)上映作発表記者会見が開かれた。

この席にはアン・ソンギ執行委員長、チョン・ジュナン審査委員長、パク・ソジュン特別審査委員、ジュボヨウン特別審査委員、地セヨンプログラマが参加した。

今年の競争部門に出品された作品は、118ヶ国5752編で、そのうちの試験を通じて、国際競争部門では、35カ国54編、国内の競争部門では15編、ニューフィルムメーカー部門では、6方が本選進出作に選ばれた。

アン・ソンギ執行委員長は「今年は韓国映画100周年でもある、短編映画祭ではあるが、特別な感じがある」とし「今年の映画祭は、いつものように、シネキューブとの複合文化空間エムで開かれる。多く見つけたら良いだろう」と呼びかけした。

審査委員長は、チョン・ジュナン監督が引き受けた。チョン・ジュナン監督は「事実審査というのがとても負担も感じている」と率直に伝えて"映画というのは、観客と会って、それぞれ他の個人の映画がまた誕生することになる過程だと思うが、そのような基準で審査あることはちょっと申し訳ない気持ちがするもある」と述べた。

続いて「アシアナ国際短編映画祭は、次の短編映画を作る良い、そのような条件と道をたくさん提示いただくようだ。とても良いお祭りのようだ」とし「造られた方々、また観客の皆さんに迷惑をかけないように最善を尽くして審査委員会この考えている良い作品を選ぶようにしたい」と述べた。
20190925123311681.jpeg

チョン・ジュナン監督と一緒に今年の審査委員には、200本以上の国内外の映画のマーケティング広報を行った広報社」映画「の新ユギョン代表者、多数の映画書籍を執筆しており、最近では「雨どいの1列」などの映画プログラム出演中の「シネ21」編集長ジュソンチョル、イタリア短編映画センターとトリノ短編映画マーケットの委員長を兼任しているよコーポケサ、国内でも公開された映画「フォロー」などを製作し、米国の独立映画界でプロデューサーとして活動しているレベッカグリーンが参加する。

今年の特別審査員としては、俳優パク・ソジュンとジュボヨウンが出た。

パク・ソジュンは「活動をしながら短編映画をよく接することができる機会が多くはなかった。今回、「ライオン」という映画をアン・ソンギ先輩のようにして、多くの短編映画を接することができる機会になることができるよう要請してくださったことに対して、あまりにも感謝の心である」とし「審査という部分は、いくつかの他の意味で私に近づいてくるのだ。第基準で最大限客観的に映画を眺めながら審査をするべきだと考えている」と話した。

昨年の映画祭で「ソᇂ 」を通じて「断片のオルグルサン」を受賞したジュボヨウンは「昨年受賞したことが実感が出ていなかった。この席に一緒にいるから、最終的に実感が私ようだ」と笑って「毎年この道を続い行くか悩みが多かったが、「断片のオルグルサン」が私に機会になってくる新年はじっくりよく通って行ったようだ。

地セヨンプログラマの映画祭紹介に続いて、17回目のイベントを迎えて毎年少しずつ発展した姿を見せるために努力しているという現在の状況も伝えられた。

アン・ソンギ執行委員長は「17回中映画祭をしてきて、少しずつ発展していく姿と能力がたくさん好きたことを感じている」とし「少しずつ目に見える進歩があるように維持しようとしている。」アシフキャスティングマーケット」などがそのような新しい試みである。今後も、既存の行ってきたことをもとに、新しいアイデアを考えて見る予定だ」と明らかにした。

今年の開幕作は、エリックバーロルリン監督のスウェーデンの短編「バミューダ島」とグレッグローマ監督の南アフリカ短編「略奪者たち」である。閉幕作には、今年の競争部門受賞作が上映される。

第17回アシアナ国際短編映画祭は、来る10月31日から11月5日までの6日間、シネキューブとの複合文化空間エムで開かれる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

キム・ナムギル、すらりとしたシャツピット+温かく笑顔」を受賞しに行く道」


20190903171232a6a.jpeg

俳優キム・ナムギルが第46回韓国放送大賞授賞式に参加する。

3日キム・ナムギルの所属事務所シジェスエンターテイメント公式SNSは「今日もキム・ナムギルは、宇宙最強美貌光沢ここ「韓国放送大賞」出勤中の光残す捕捉。しばらくして3時SBS生中継で会いましょう」という文と一緒に二枚の写真が掲載された。

公開された写真には、ピンクのシャツを着てポーズをとるキム・ナムギルの姿が収められている。温かい笑顔でカメラを見つめているキム・ナムギルのすらりとしたビジュアルが目をひきつける。

去る4月放映終了したSBSドラマ「熱血師弟」で定義を守る多血質花嫁ギムヘイルを演じて大きな愛を受けたキム・ナムギル。彼はこの日(3日)午後SBSプリズムタワーで開かれる第46回韓国放送大賞で演技者賞を受賞する。

一方、キム・ナムギルはシベリア横断列車に親しいと一緒に乗って去るtvN新規芸能「シベリア先発隊」に出演する。9月中に放映予定。
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

防弾少年団、美レコード産業協会第二「ゴールド」認定... 「韓歌手初・最多」



グループ防弾少年団が米国レコード産業協会からアルバム部門第二「ゴールド」認定を受けた。

米国レコード産業協会(Recording Industry Association of America、RIAA)は23日(現地時間)、公式ホームページを通じてMAP OF THE SOUL:PERSONAが「ゴールドアルバム(Gold Album)」の認証を受けた公式発表した。

これは昨年11月にLOVE YOURSELF結」Answer」に韓国歌手初の「ゴールド」のアルバムの認証を受けた後、二番目である。

これ防弾少年団は、アルバム部門だけで2つの「ゴールド」の認証を取得して韓国歌手初であると同時に最多記録を保有することになった。

先に防弾少年団は、デジタルシングル部門で「MIC Drop」と「小さなもののための時(Boy With Luv)feat。Halsey」で「プラチナ」認証を受け、「DNA」をはじめ、「FAKE LOVE」と「IDOL」で「ゴールド」の認証を取得して韓国の歌手最多認証記録を保持している。

米国レコード産業協会は、デジタルシングルとアルバム販売量に応じてゴールド(50万以上)、プラチナ(100万以上)、マルチプラチナ(200万以上)、ダイヤモンド(1000万以上)に区分して認証する。

アルバム部門認証は、デジタルと実物のアルバム販売量、デジタルダウンロード、オーディオやビデオのストリーミングなどを含み、デジタルシングルは、デジタルダウンロード、オーディオやビデオのストリーミングなどを含めて集計する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR