FC2ブログ

イ・ヨンエの選択」私を訪ねてくれ」、彼女の確信は通じた



俳優イ・ヨンエが第25回椿事映画祭で映画「私を訪ねてくれ」(監督キム・スンウ、2019)を使用して主演女優賞を受賞した。パク・チャヌク監督の映画「親切なクムジャさん」(2005)以来、14年ぶりの復帰作であったが、たとえ興行には成功しなかったが、失敗のない挑戦だったと自信を持って言えるようになった。

「私を訪ねてくれ」は、6年前に失踪した息子を見た連絡を受けた母親整然と(イ・ヨンエ分)が見知らぬ村、住民の中で子供を見つける出て広がる話を描く。第44回トロント国際映画祭ディスカバリーセクションに招待され、細かく組ま脚本と予測するのは難しい反転がいっぱい映画という賛辞を受けた。

イ・ヨンエは、昨年11月に公開を控えて「私なりの確信だなにしろ私自身に出すことができる契丹気がした」と作品性を自分た。俳優が賞を受けるために延期することはありませんが、映画祭で主演女優賞を獲得したということは、自分の意志で出発して、外部から認められたことを意味する。

オリジナル表示
椿事映画祭提供


イ・ヨンエがロマンス、時代劇、スリラー、ドラマまでジャンルを選ばない俳優として、また一度跳躍した。新人監督の長編デビュー作を選択したということは、ベテラン俳優としても悩みになる法律だが、いくつかのリスクを抱えて選んだということは、それだけ自分の感覚を信じて監督が書いたシナリオに自信を持っているという意味だからだ。

パク・チャヌク監督の「親切なクムジャさん」、「春の日は行く」(監督ホ・ジノ、2001)、「共同警備区域」(監督パク・チャヌク、2000)で示したイ・ヨンエの意外性講壇は活動がまばらだった時期にも忘れられず大衆に複数回広く知られていた海。

14年ぶりの復帰作「ゴーン・ガール」を契機にイ・ヨンエが備え演技力と彼女の可能性が妻、母となった現在もまだ無限することを立証した。作品ごとに溢れていない演技を見せてくれるイ・ヨンエ特有の大胆が情熱いっぱいのエネルギーに迫る。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

【2020百想芸術大賞】ポン・ジュノ、映画対象... TVは「椿」(総合)



ポン・ジュノ、長期休暇に授賞式は欠席
TV部門大賞、KBS「椿咲く頃」
映画最優秀演技賞イ・ビョンホン・チョン・ドヨン
TV最優秀演技賞川空・ヒエ
男女芸能賞ユ・ジェソク・バクナレ受賞

2020百想芸術大賞の主人公は、映画「寄生虫」のポン・ジュノ監督が占めた。TV部門大賞はKBSドラマ「椿咲く頃」に戻った。

5日の試合KINTEXで開かれた第56回百想芸術大賞で映画「寄生虫」のポン・ジュノ監督が映画部門大賞の栄光を手にした。授賞式は、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で無関係中行われた。

現在、長期休暇に入ったポン監督は、この日の授賞式に出席しなかった。代理受賞に出た「寄生虫」の制作正しい手がアンこのグァクシンエ代表はポン監督が伝えてきたと受賞所感を代読した。

ボン監督はクァク代表を通じて「昨年5月にカンヌで始まった長い旅を百想芸術大賞で仕上げることができており、大きな光栄」とし「多くの国と多くの観客、熱い1年だった」と感想を明らかにした。

続いて「「寄生虫」を一緒にした俳優とスタッフたちはそれぞれの作品で活動中だ。私も静かに、新しいシナリオを書いている」とし「今日はたとえ無関係ているが、近いうちに私たちのすべて満杯劇場でみんなに会う日が来るでしょう」と伝えた。

昨年5月にカンヌ映画祭パルムドールに始まった「寄生虫」受賞レースはこの日、百想芸術大賞を最後に仕上げた。「寄生虫」は、百想芸術大賞映画部門作品賞も品に抱いた。

TV部門大賞はKBSドラマ「椿咲く頃」が受賞した。作品を演出したユンジェヒョクPDは「椿は一般的社会的な基準では、特別なことなしに普通の人、それぞれ激しく生きる人々を扱った」とし「今いろいろ大韓民国が難しい時期だ。各自の領域で一日一日生きていく人々に椿のような奇跡のようなが起きるように願う "と所感を明らかにした。

20200605230327a6b.jpeg
白象栄光の受賞者が5日午後、京畿道高陽市大化洞キンテックスで開かれた「第56回百想芸術大賞」授賞式を終えた後、記念撮影をしている。左から白石光、金正日、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ヒエ、川空(写真=百想芸術大賞事務局提供)2020.06.05.photo@newsis.com
映画部門男女最優秀演技賞映画「南山の部長たち」イ・ビョンホンと映画「誕生日」のチョン・ドヨンがそれぞれ受賞した。イ・ビョンホンは昨年百想芸術大賞では、tvNドラマ「ミスターサンシャイン」でTV部門最優秀演技賞を受けて、この日授賞者にも乗り出した。

イ・ビョンホンは「授賞式になると、観客の応援を受けてエネルギーを得る、そんな日が本当に恋しくなる日だ。一緒にするという重要性を、大切に再び感じられるような日である」とコロナ19拡散に無観客である状況を残念がった。チョン・ドヨンも「一番感謝したのは観客」とし「良い映画で再び訪ねる」と語った。

TV部門男最優秀演技賞と女性最優秀演技賞俳優カン・ハヌルとキム・ヒエに帰った。

KBSドラマ「椿咲く頃」のカン空は"事実最もありがとう。椿さん。ヒョジン姉さん」と同僚俳優コン・ヒョジンに感謝の気持ちを表した。破格的なストーリーと演技で視聴者たちをひきつけたJTBCドラマ「夫婦の世界」キム・ヒエは"台本に正解がある書かれていた」とし「多くの方々が愛してくださって感謝している」と述べた。

TV部門作品賞はSBSドラマ「ストーブリーグ」が受賞し、演出賞JTBCドラマ「夫婦の世界」某ワンイルPDが受賞した。

tvNドラマ「愛の不時着」に出演した俳優ヒョンビンとソン・イェジンは、オンライン投票を通じて与えられるティクトク人気賞を手にした。
20200605230327762.jpeg

俳優ヒョンビンとソン・イェジンの5日の試合KINTEXで開かれた「第56回百想芸術大賞(2020)「レッドカーペットフォト月にイベントでポーズを取っている。(写真=百想芸術大賞事務局提供)2020.06.05。
賞は、TV部門でKBSドラマ「椿咲く頃」に出演した俳優オジョンセとtvN「愛の不時着」で熱演した俳優キム・ソニョンがそれぞれ獲得した。映画部門男賞は「私の特別な兄弟」イ・グァンス、女性の賞は「ハチドリ」ギムセビョクの分け前だった。

新人賞はTV部門でSBS「ロマンチックドクターキムサブ2」アンヒョソプ、JTBC「イテウォンクラ書き」ギムダミが受賞した。映画部門では、「寄生虫」バクミョンフンと「チャンシルが廊下多く川マルグムが新人賞の栄誉に輝いた。

TV部門芸能賞、MBC「遊ぶ何してるの?」のユ・ジェソクとMBC「私一人で住んでいる」バクナレに帰った。ユ・ジェソクは妻ナ・ギョンウンとジホ・良い二人の子供に感謝と愛するという言葉を伝えた。バクナレは福袋スタイルの派手な服を着て参加して目を引いた。バクナレは「前トゥマーチソンが正しい。あふれる愛と情熱を分かち合いたい」と笑いを誘った。

芸能作品賞はTV朝鮮」明日ミスタートラウト」、教養作品賞はEBS「ジャイアント風水TV」が受賞した。百想演劇賞「灼熱の魂」を演出した新乳清演出家が受賞した。

1965年に制定された百想芸術大賞は、TV・映画・演劇を網羅総合芸術賞である。MCは、3年連続でシン・ドンヨプと配水池、パク宝剣が引き受けた。この日の祝賀公演の舞台は候補に上がったドラマと映画の子役俳優たちが飾った。コロナ19克服ヒーリングソングとして発表された歌手の移籍の「当たり前のもの」の歌を披露した。


◇第56回百想芸術大賞受賞者(作)

映画部門

▲対象=ポン・ジュノ(寄生虫)

▲作品賞=寄生虫

▲監督賞=ギムボラ(ハチドリ)

▲最優秀演技賞=イ・ビョンホン(南山の部長たち)、チョン・ドヨン(誕生日)

▲助演賞=イ・グァンス(私の特別な兄弟)、ギムセビョク(ハチドリ)

▲新人演技賞=バクミョンフン(寄生虫)、川マルグム(チャンシルが廊下多く)

▲新人監督賞=ギムドヨウン(82年生まれキム・ジヨン)

▲シナリオ賞=イ・サングン(エグジット)

▲芸術上=ギムソフイ(南山の部長たち)

TV部門

▲対象= KBS 2TV「椿咲く頃」

▲ドラマ作品賞= SBS「ストーブリーグ」

▲芸能作品賞= TV朝鮮」明日ミスタートラウト」

▲教養作品賞= EBS「ジャイアント風水TV 「

▲演出賞=某ワンイル(JTBC「夫婦の世界」)

▲最優秀演技賞=カン・ハヌル(椿咲く頃)、キム・ヒエ(夫婦の世界)

▲助演賞=オジョンセ(椿咲く頃)、キム・ソニョン(愛の不時着)

▲新人演技賞=アンヒョソプ(ロマンチックドクターキムサブ2)、ギムダミ(イテウォンクラー書き)

▲芸能賞=ユ・ジェソク(遊ぶ何してる?)、バクナレ(私は一人住んでいる)

▲脚本賞=イムサンチュン(椿咲く頃)

▲芸術賞=ジャンヨンオク(tvN「大脱出3 ')

▲人気賞=ヒョンビン(愛の不時着)、ソン・イェジン(愛の不時着)

▲バザーアイコン賞=ソ・ジヘ(愛の不時着)

演劇部門

▲百想演劇賞=シン乳清(灼熱の魂)

▲若い演劇賞= 0setプロジェクト(愛と友情の差別禁止及び権利救済に関する法律)

▲最優秀演技賞=白石光(ワイプWIFE)、金正日(ロッテルダム)
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「寄生虫」、56回大鐘賞作品賞を含む5冠。イ・ビョンホン⋅チョン・ユミ男女主演賞[総合]



米国アカデミー賞で作品賞をはじめ、4冠を達成した映画「寄生虫(監督ポン・ジュノ)」の記者会見が19日午前、ソウル中区ウェスティン朝鮮ホテルのグランドボールルームで開かれた。「寄生虫」は、電力失業者ギテクはい長男杞憂が高額課外面接のためにパク社長の家に足を踏み入れながら始まった二家族の出会いが抑えられない事件でひろがる話を盛り込んだ。韓国映画初の第72回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受けたのに続き、10日(韓国時間)、第92回アカデミー賞授賞式で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞を受賞した。ポン・ジュノ監督をはじめとする寄生虫」の制作陣と出演俳優たちが記者会見に着座してポーズを取っている。/cej@osen.co.kr


[OSEN =船尾場合記者]ポン・ジュノ監督の映画「寄生虫」が第56回大鐘賞映画祭で作品賞と監督賞を含む5冠に輝いた。ポン・ジュノ監督は授賞式に出席していなかったが、助演女優賞を受けた俳優イ・ジョンウンと製作会社グァクシンエ代表が感謝の所感を伝えた。

「寄生虫」は3日午後7時からソウル広津区グランドウォーカーヒルソウルシアターホールで行われた第56回大鐘賞映画祭で作品賞を受けた。これで「寄生虫」は、作品賞と監督賞、脚本賞、音楽賞、助演女優賞5冠を記録した。

作品賞を受賞し、ステージに上がった制作会社バルンソンがアンこののグァクシンエ代表は「2018年ごろに現場で一生懸命この作品を作っていた。そして昨年この頃に劇場で観客をお目にかかっていた。その時、現場でこの映画を一緒に作った方、劇場をいっぱい満たした観客がとても懐かしいようだ。以前に大鐘に出席したときにタイトな満たされた観客がいたならいらっしゃるのが大きく心が痛いようだ。この時期をうまく克服して再びスクリーンに面して楽しく直面することができある日が来たら良いだろう。感謝する」と所感を語った。

202006032254530a2.jpeg


この日最初に授賞した男女新人賞は、それぞれジョンヘインと前ヨビンに帰った。映画「愉悦の音楽アルバム」で新人男優賞を受賞したジョンヘインは「この賞は私にはよくしてはないが、今後もしろいただいた上だと思いたい。「愉悦の音楽アルバム」という本当に大切な、私の青春の一ページを一緒にしてくれた監督、ギムゴウン俳優、多くの現場にいるスタッフの方々と俳優のおかげである。そして愉悦先輩に感謝する」と所感を語った。

続いて「この上の意味について、今後の俳優という職業を持って演技しながら胸の中に深く刻みない。最後に、いつも私の心強い憩いの場であり、愛する家族、友人、会社の家族、ファンの皆さんを尊重して愛する。「愉悦の音楽アルバム「見てくれた観客の皆さんに感謝したい」と付け加えた。

新人女優賞、映画「罪深い少女」のジョンヨビン受賞した。前ヨビンは「とても震える」と述べ、「「罪深い少女」がノミネートには大鐘賞が最後の日だ。上がってきている候補者の映像みたら、その時点で、同僚、スタッフの方々と熱く激しく演じた時代を思い出して心がかっとになった。素晴らしい映画に一緒にすることができるようにキャスティングしてくださった監督に感謝である。この映画を通して、私受けた心が多かった。俳優生活をいつまでかは分からないが、最初の心ぼやけないように、変化しても、より発展させることができるようにする」と所感を明らかにした。

202006032254533c8.jpeg


新人監督賞は「ハチドリ」ギムボラ監督が受賞した。ギムボラ監督は「このように賞を与えても感謝します。今日はスタッフと俳優たちとたくさんのように来て、一人一人に感謝を伝えたい」とし、俳優とスタッフたちの名前をしたミョンシ取り上げた。続いて「一緒にしてくださったすべての方々と小さな映画を応援して下さった観客の皆さん、配給会社の方々に心から感謝申し上げる」と所感を伝えた。

男女主演賞はイ・ビョンホンとチョン・ユミが受けた。チョン・ユミは、'82年生まれキム・ジヨン」で主演女優賞を受賞した。ギムドヨウン監督が代理受賞をし、「チョン・ユミ俳優が今撮影中なので、今この場に来なかった。本当にこのニュースを聞けばあまりにも喜ぶようだ。監督としてもこの像あまりに嬉しく光栄だ。チョン・ユミ俳優さん再びキム・ジヨンの顔になってくれて感謝します。上よく伝達する」と所感を伝えた。

続いて映画「白頭山」にイ・ビョンホンが主演男優賞を獲得した。イ・ビョンホンは「とても感謝している。映画「白頭山」は、災害ジャンルの映画なのに、実際に、私たちが住んでいる現実がどんな災害よりも映画同じではないかという気がする。だから、実際に授賞式長そう不慣れない方なのに、今日は特に不慣れぎこちなくてそうだ。多くの方が劇場と所に行って、快適に映画を見てた真されたようだ。安心して劇場で映画を見るのが難しくなっていることにどうぞお早めに昔のように、観客の方々と笑って泣いて感動受けることができるような日が早く来ることを望む」と所感を語った。

続いてイ・ビョンホンは「映画「白頭山」で一緒に呼吸をしていたハ・ジョンウさん、そして監督、ハムケンたすべての俳優とスタッフ、観客との栄光を共にしたいと思う。あなたの健康ください」と付け加えた。

20200603225453079.jpeg


「寄生虫」の受賞も続いた。韓進ウォン作家とポン・ジュノ監督が先にシナリオ賞を獲得した。ハン・ジウォン作家は「まず、このような機会を与えられたポン・ジュノ監督に感謝と愛の言葉を伝える。私にいつもインスピレーションになってくださる愛する父と母、友人、応援してくださる仲間たちに感謝の言葉を伝える。この重要な賞今後、意味のある映画を作る加えようにする。感謝する"と所感を明らかにした。

男女助演賞はジンソン規定とイジョンが受賞した。助演男優賞を受けたジンソン規定は、映画の撮影で授賞式に出席していなかったし、「極限職業'製作会社側で代理受賞した。ジンソン規定は製作会社を通じて「そう大きな賞をいただいた全ての関係者の方々に感謝の気持ちを伝える。「極限職業」を長い間愛してくださった観客の皆さんに、イ・ビョンホン監督、参加したすべてのスタッフにも感謝します。現在コロナ19により昼夜を問わず苦労している医療スタッフにも感謝します。この困難な時期をよく乗り越え願う。上と力になって、どこからでも必要な俳優になりたい」と所感を伝えた。

イジョンは「寄生虫」で助演女優賞を獲得した。イジョンは「こんなに良い賞をいただき、とても感無量である。他の映像媒体も同様だが、長い呼吸で一つの話を作るために、これまで努力した」寄生虫」家族がたくさん思い出す。共生の話をする作品だと思います。「寄生虫」にように共生することができた光栄感謝します。この賞は、私たちのアンサンブルが良かったので準と考えてチームと一緒に共有だろう。感謝する"と所感を語った。

また、ポン・ジュノ監督は「寄生虫」で監督賞を受賞した。今回の賞は「寄生虫」の製作会社バルンソンがアンこのグァクシンエ代表が代理受賞した。クァク代表は「監督が昨年8ヶ月の間に、全世界を回りながら、「寄生虫」の広報活動をし、一定のまるでながら長期休暇に入るれた。対外活動をしない状況だと来なかった。監督がこの賞を受け取る「一緒にしてくれたアーティストと制作会社に感謝した」といただいたようだ。一番最初に熱い支持と愛を送ってくださった大韓民国の観客にも感謝します。よく伝達させたい」と所感を語った。またグァクシンエ代表はポン・ジュノ監督からのメッセージとしながら「非常に光栄であり、大変な時期にも続く長い歴史の大鐘を受けてとてもうれしい」と付け加えた。

これで「寄生虫」は、作品賞を含めて監督、脚本賞、音楽賞、助演女優賞5冠に上がるた。

2020060322545320f.jpeg

映画のポスター


次は、第56回大鐘賞映画祭の受賞者(作)。

▲最優秀作品賞:寄生虫

▲監督賞:ポン・ジュノ(寄生虫)

▲シナリオ賞:韓進ウォン、ポン・ジュノ(寄生虫)

▲主演男優賞:イ・ビョンホン(白頭山)

▲主演女優賞:チョン・ユミ(82年生まれキム・ジヨン)

▲助演男優賞:ジンソン規(極限職業)

▲助演女優賞:イ・ジョンウン(寄生虫)

▲新人男優賞:ジョンヘイン(愉悦の音楽アルバム)

▲新人女優賞:全ヨビン(罪深い少女)

▲新人監督賞:ギムボラ(ハチドリ)

▲撮影賞:キム・ヨンホ(棒桐戦闘)

▲編集賞:イ・カンヒ(エグジット)

▲照明賞:ジョンヨウンソク(サバハ)

▲音楽賞:チョン・ジェイル(寄生虫)

▲衣装賞:イ・ジニ(アン賞)

▲美術賞:ソソンギョン(サバハ)

▲技術賞:ジンジョンヒョン(白頭山)

▲企画賞:ギムミヒェ、モソンジン(極限職業)

▲功労賞:シン・ヨンギュン
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「愛の不時着」ヒョンビン・ソン・イェジン、百想芸術大賞人気賞確定



第56回百想芸術大賞男女人気賞はtvNドラマ「愛の不時着」で呼吸を合わせた俳優ヒョンビンとソン・イェジンのところに戻った。聯合ニュース

第56回百想芸術大賞男女人気賞はヒョンビンとソン・イェジンが受賞する。

去る5月26日から今月2日まで合計8日間TV・映画部門に上がった男33人の女性34人の候補者を対象に投票を行った結果、tvNドラマ「愛の不時着」で呼吸を合わせたヒョンビンとソン・イェジンが第56回百想芸術大賞男女人気賞を受賞すると伝えられた。

2020060311191724b.jpeg

俳優ヒョンビンとソン・イェジンが百想芸術大賞人気賞1位になった。ティクトクアプリキャプチャ


ヒョンビンは2位の歌手オング声優を50万票差で下しソン・イェジンは歌手アイユを30万以上の票差で上回り、人気賞1位になった。

第56回百想芸術大賞は、来る5日午後4時50分から京畿道一山キンテックス7ホールで無関係中行われる。3年連続シン・ドンヨプ・パク宝剣・配水池がMCに出て三時間余り授賞式を導く。
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

パク・ヘジン、KBS119授賞式で「奉仕」を受賞... 「消防庁名誉消防の活動目



写真=パク・ヘジンインスタグラムキャプチャ

消防庁名誉消防士として活動してきた俳優パク・ヘジンが「第25回KBS119賞」の授賞式で奉仕を受ける。

22日、パク・ヘジンの所属事務所マウンテンムーブメントは「来る27日、俳優パク・ヘジンがKBS 119上で奉仕を受けることになった」と明らかにした。

消防庁は選定理由について「パク・ヘジンは2018年消防庁名誉消防士をはじめと火災安全特別対策と消防公務員の身分国家職転換など政策広報に貢献した」と説明した。

KBS 119賞災害現場で献身的に国民の生命と財産の保護の先頭に立っ構造(生活安全)隊員と民間人、団体などを賞して行事だ。

先にパク・ヘジンは消防士を支援するための消防士カレンダーモデルの才能寄付、国民の安全のため、消防広報映像才能寄付活動など広げと2018年消防庁名誉消防士に任命され、傍観国家職転換、江原道の山火事ボランティア活動などにも参加してきたことが分かった。

一方、KBS119授賞式は来る27日午後2時、汝矣島にあるKBS TV公開ホールで開かれ、TVで生放送される予定である。
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR