FC2ブログ

ファントム 7,8話

新パソコン到着~ヽ(^。^)ノ
ということで、ドラマ感想もぼちぼち再開しようと思いますが、内容がうろ覚えのものも多く。。。(^_^;)

先週分。
ガンミって、ずる賢くて卑怯なワルじゃん!?彼女の過去が披露された回。
ガンミ母校の韓国随一のエリート校で事件が起きる。
学校の屋上から生徒が落下。自殺か、事故か、他殺か。
事件を捜査していくガンミ。「人は皆ライバル。上に行きたければ人を踏みつけにしろ」というのがこの学校のモットー。
自分の学生時代を回想する。常に校内一位の優等生だったガンミは一度だけルームメートで仲良しの友達に順位を抜かれてしまう。
生徒たちが必死に勉強して順位を競うには、純粋に受験に勝つためだけではない事情があった。
成績優秀者には奨学金が出るのだ。地方の貧しい家から入学してきた子もいる有名校。レベルも高いが学費も相当高額。
頑張った結果ガンミを抜いたその生徒は、ガンミ一味に倉庫に閉じ込められて授業への出席を阻まれ、奨学金を受ける権利を奪われてしまう。
絶望してその生徒は屋上から飛び降りて自殺したのだった。

ガンミがさすがに罪の意識にさいなまれたか、自分も後を追おうとしていたところを助けて励ましてくれたのが、事件の捜査にきたウヒョンだった。
彼の影響でソウル大学にも入れる成績だったのに警察学校を選んだ、というガンミの歴史紹介。

今回の事件もやはり奨学金目当ての生徒の犯行だった。事件は解決。
と同時にギヨンはウヒョンが絡んだ最初のアイドル殺人事件の真犯人がヒョンミンだと目星をつけたらしいことと、ギヨンはヒョンミン側と狂った牛を手先に捜査させている警察内部から付け狙われ、その正体に近づかれてしまう。

常に自分は警察学校一位で卒業したとアピールしている高慢なガヨン役はイヨニしで正解だったかも。

Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファントム

ファントム 5,6話

ギヨンが見た殺人事件の真犯人、世界地図の時計の男は金融界のトップだった。
新たなるハッカー集団の登場。香港の大学教授を中心にするグループだと突き止め、彼らの犯罪を食い止めるために、ギヨンが大活躍。
アジトはつきとめるが、瞬時に姿を隠し転々とする彼らの実態はなかなかつかめない。
そうしているうちに犯行決行時間は刻々と近づく。はじめは金融界を襲うのかと思わせ、次には電力をストップさせ混乱に陥れると判明。

電力会社のある社員の家に忍び込み、USBメモリーを汚染させて本人も気づかぬうちに電力に混乱をきたさせる用意周到な犯行。
電力会社の中枢部に急ぐギヨンは、ウヒョンの存在を怪しむ狂った牛刑事によって行く手を阻まれる。
事情を説明するが納得しない狂った牛だが、突然の停電に認めるしかない。
急ぎ駆けつけた現場から見る監視カメラに映ったのは信号がとまり大混乱に陥る町の様子だった。

どうにか回復させるものの、犯人達の狙いは、もっと恐ろしいことだった。テロ目的。
原子炉の爆破。ソウルが国が壊滅してしまう。万事休すに陥った状況を打開するために、ギヨンは最後の手段に出る。
すなわちハデスのコードを使い、逆に相手をウィルスに感染させること。

大惨事寸前でくいとめたギヨンだが、自らを危機に導いてしまう。
ウヒョンが本物ではないと感じる狂った牛が集めた証拠。そして決定打は、ハデスとしてハッキングしたことだった。

そこでギヨンはウヒョンとしてかつて警察学校で親友だった間柄で共通のパスワードを使っていたと釈明。
ウヒョンがたとえ、本物ではないとしても、彼でなければ解決できない難事件。
上層部も同僚もそれ以上、ウヒョンを追求するのはやめると結論づけ、狂った牛は立場をなくす。

しかも今回の大手柄が表彰されることになる。

警察学校を中退した人間の晴れがましい栄誉。皮肉な運命にギヨンはウヒョンとの思い出を回想する。

無邪気にpcで遊んでいた二人。ふざけあって信頼し合っていたけれど、いたずら心で起こしたギヨンのハッキングがあるとき、警察の重要機密に侵入してしまい、逮捕。
金融機関との癒着。汚職。それらの隠ぺい工作。警察の暗部に気づいたギヨン。
しかも警察幹部であるウヒョンの父がそれらに関与し、黒幕だった可能性がある。愕然とするギヨン。
警察組織に絶望したギヨンは学校を去ったのだった。
父の汚職に気づいたウヒョンが父のために、悪に手を染めることになって死に至ったのだろうか。

そして世界地図の男、ヒョンミンはウヒョンの姿をしたギヨンに気づいたのか、スパイを送りギヨンを試す。

犯罪をスピーディに解決していく痛快さと、ウヒョンになりすましているギヨンの秘密がどんな形で人々にばれていくのかというスリルと、ドラマ全体を通じて捜査される冒頭のアイドル殺人事件のサスペンス。
いろんな角度から楽しめる作品です。

特に今回は回想シーンでジソプしのはしゃぐ姿が見られて実に珍しく興味深かったです。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファントム

ファントム 4話

一度とらえて無罪放免した男が真犯人だったとは。
警察の失態。くるった牛刑事もギヨンも取り逃がしたことで、次なる犠牲者、スンヨンが犯人に拉致されてしまう。
犯人の狙いをスンヨンからガンミにすりかえたはずだったけど、犯人は本当の狙いがスンヨンだと見抜いてしまった。

あわやスンヨンが殺害されるという危機一髪の瞬時にかけつけたギヨンたち。
説得して本当の犯人を聞き出そうとしてたのに、くるった牛刑事の銃弾が男を死なせてしまう。

ギヨンは裏切り者、ウヒョンの携帯を調べ彼が生前よく立ち寄っていた場所を検索。
ガンミはウヒョンの私生活の秘密をギヨンに話す。彼には寝たきりの父がおり、離婚歴があり、息子もいるのだ。

そしてギヨンはガンミが知らないウヒョンの秘密を教える。携帯に残されたナビはガンミの家の前を示していた。
時折ガンミの家の前を訪れていたウヒョン。ウヒョンの好意に気づかず惜しいことをしたと後悔しているガンミ。

恋愛色はさほどないと思っていたのに、このガンミへの想いエピソードは余計だわー。どうみてもジソプとヨニさんはお似合いじゃないもん。ちょっとがっかり。

一応連続殺人の実行犯は死亡ということで落着しそうだったが、死んだはずのギヨンが警察内部から発進していたことが判明。
ギヨンの正体がばれるまでに、事件を解決しなくちゃ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファントム

ファントム 3話

無表情クールなソジソプしの中身はチェダニエルしだと思うと愛きょうがあるダニエルしのキャラを思い出して、可愛く思えてくるわ。

ジソプは悪の集団に加担していたという衝撃の第二話から、無事ジソプしに変身したダニエル君がイヨニ嬢の助けを借りながらサイバー捜索隊チームに復帰した今回、さっそく事件を追って活躍。

チーム長は狂った牛さん。職人肌アナログ刑事と最先端ITチームの両面から事件を捜査していく。
ところが、初めの事件、アイドル殺人に起因して次々と関係者が殺害されていく。
歯止めがきかない事態。
アイドルをネットでバッシングしていた人たちをどうやって特定していくのか。

捜査するうちにある劇に無料招待し、特別席に座らせることで狙った人間の顔を明らかにする手口だと判明。
ダニエルしのネット新聞の記者になぜか招待状が送られてきたことで、おとりにイヨニ嬢がその席に座る。とマジックのように劇の終わりにイヨニ嬢が忽然と席から姿を消してしまう。

イヨニ嬢に迫る危機。果たしてダニエル君は彼女を救うことができるのか。犯人の手掛かりが少しでもつかめるのか。

Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファントム

ファントム 1,2話

ミステリー好きの人間にとって、また面白いドラマに出会えました。
息をもつかせぬスピーディーな展開。主役が実は犯人側だったという視聴者への裏切り。謎が謎を呼ぶ充実した内容。
キャストも裏の顔を持つ警察官にソジソプしがぴったり。己の信念に従って正義を貫くハッカーにチェダニエルし。
そして、このドラマで発見した新たな魅力的俳優さん、「イカれた牛」の異名をとる班長。
感情を無くしたように、機械的に犯罪を暴いていくソジソプしに対して、人間くさい癖の強い刑事。
ジソプしだけだと、暗くて淋しい画面になるところを、変わり者の熱血刑事が登場することによって、一気に騒々しいまでに賑やかになりドラマに厚みがます。
この班長役の俳優さんがこのドラマでブレイクして視聴者に愛されたのがわかります。

難をいえば、ヒロインのイヨニさんが、相変わらずの無表情、棒読み演技で貧相なんだけど、刑事ものなので、誰が演じたとしても同じキャラ、これくらいでもいいかなー。こういうサスペンスものはヒロインが華やかじゃない方が邪魔にならなくていいのよね。

一話で上司への礼儀より犯人逮捕が重要と言い放ったクールなソジソプしにすっかり騙されたわ。タレントの死にサイバーテロが関係しているということで、サイバー刑事ソジソプしの出番。
自殺にかたずけられかけたとき、ハッカーによって他殺現場の動画が発進され、他殺の可能性で調べが進み、ジソプしも独自に容疑者を追い詰めていくと、なんと警察学校の同期で途中退学した友人だった。
ところがその友人は自分も犯人を探しているという。ジソプしの追及を逃れ、被害者のパソコンに遺された証拠を調べる友人は驚くべき動画を発見。

初めは性接待の噂の犠牲になり自殺したとみられていたが、遺された動画には性接待の証拠ではなく、ある殺人現場の様子が録画されていたのだ。
その現場に立ち会い殺人を傍観してたのは、ジソプしだった。

ジソプしもタレント殺害の真犯人を追ううちに、いきついたのは警察内部の汚職の大物。ジソプしをも動かす人間。
その人間に命じられたのかジソプしは、チェダニエルしを殺そうと待ち合わせる。が、殺害できず、逃げるように言っているところで、二人ともが命を狙われ爆破事故に遭う。
一人が死に、一人が生き残る。生き残ったのははたしてどちらか。
自分の犯した罪を後悔して、ゆがんだ正義を元に戻そうとしていたソジソプしなのか。ネットの世界から不正をただそうとした無実の罪に追われるチェダニエルしなのか。

死んだのはジソプしだった。そのことに気づき、またジソプしの不正も知ったイヨニが、タレントの死に隠された事件の深部を捜査するため、ジソソプしとダニエルしのカルテを入れ替え、偽装をはかる。

ジソソプしの顔を持つことになったダニエルしが、イヨニと力を合わせて警察の上層部の犯罪、権力の暗部を暴いていくのだろうか。
また新たな犠牲者が出る予感。



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファントム
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR