FC2ブログ

笑ってトンヘ 56話

夫とアンナの真の関係にちかづいていく、チョンエリさんがこわい、怖い(@_@;)
「愛情万々歳」のヒスの目をむいてどなり散らす顔も相当妖怪化してるけど、チョンエリさんは一味違う凄味があるわ~。

そんな恐ろしい妻についにジェームズは、ようやく意を決して、「ずっと待っていてくれた彼女の元に行く。」と別れを切り出す。
でも夫を愛している妻は簡単に手放すわけないわよね。

だってそもそも狂言自殺して無理矢理手に入れた夫ですものね~。でも今まで一緒に我慢していてくれたんだから、その罪滅ぼしにせめて余生は本当に愛する人の元に行かせてあげればいいのに。

息子が魂抜かれて腑抜けにさせられちゃったセワのせいにして、「何もかもあなたが悪いのよ」って責め立て、追い出したのは胸がすく思いだったけど、自分の欲しいものは何が何でも手に入れて、相手の気持はおかまいなしに現状を死守しようとする欲どおしい姿勢は、結局セワと同類ってことなのよね。

それにひきかえ、セワやセワ母に脅迫されたからってわけでもなく、恩のある社長を傷つけたくない、ジェームズの家庭を壊したくない一心で、身を引こうとしてるアンナは偉いわ。

そんなアンナにも脅しをかけるドジン母。「韓国から出ていけ、アメリカに帰れ」ってわけ。どこまでも自分勝手。
アンナはいまやラブラブの恋人ボンイとトンヘを引き離したくないから、韓国で頑張りたいって手を合わせて涙ながらに訴えてるのに(;O;)

アンナが泣くばかりなのが可哀想。
せめてトンヘへの責任はとるべきでしょう?何も知らずにのうのうと暮らしていた実父としては。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2012   0 comments   0 trackback
Category :笑ってトンヘ

笑ってトンヘ 54話

ドラマのあらすじや回数を確認するために、BS朝日のHPにいくとトップの画像が、トンヘとセワのアメリカ時代のラブラブ写真なのよね~。
そうじゃないでしょ?ヒロインはあくまで、ボンイでしょ?この写真なんとかしてほしい。。。。テンション下がる(*_*;

まぁ、ヒロインはセワ?っていうくらい危機が訪れても口から出まかせになんとか回避していく、彼女のひやひやはらはらストーリー中心になってるのは事実。

今やトンヘとドジンが兄弟であることは、セワ一家、セヨン夫のボンイ兄、アンナを愛するピルチェまで知ることになっちゃった。
その上、ドジン母が夫に女性の影を見つけ、誰だか付きとめて絶対に夫を女性の手から守るつもり。
怖い~~(@_@;)

傲慢なドジン母が唯一優しいまなざしを投げかけているアンナその人がライバルだと知ったら。アンナは既にドジン母の好意に恩を感じていて、引き気味だもの。

情けないのはアンナが愛してやまないジェームズ。アンナの全人生を賭けて探し周り、そのためにトンヘも苦労がつきないっていうのに、心の中で2人に手を合わせるだけ。
妻に真実を打ち明けようとするものの、どうしても言いだせない。

アンナをまた捨てて家庭を守るなら、はっきりそう言えばいいし、妻と別れてアンナに償うつもりなら、とっととトンヘに自分がジェームズだと打ち明けて、心から謝罪すべきじゃないかしら。

とにかく事態を悪化させ、長引かせてるのは、ジェームズのふがいなさ。こんな父親じゃトンヘもがっかりよね。

Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2012   0 comments   1 trackback
Category :笑ってトンヘ

笑ってトンヘ 47話

ようやくアンナと二人きりで会い、話をすることができたジェームス。

セワの暗躍むなしく、お疲れ様ー。でも再会できたのをちゃっかり自分の手柄にして、トンヘのことは黙っているように脅迫することは成功。彼女のピンチに際しての機転の利くのには感心するわ。
こうしてどんな危機も回避していきたいものだわ。


またもトンヘを見損なったエピ。
トンヘを狙うユジンのけん制で、残業を命じられたボンイ。ユジンはトンヘに有名料理家を紹介するからと実家の料亭に誘う。
ここできっぱり断ってボンイの手伝いに残るかと思えば、目標とする人だからって、ほいほい喜んでユジンについて行くトンヘにあきれちゃったわ。

それがユジンの嘘だとわかり、「ボンイが好き。愛するボンイを泣かせたくない」ってはっきり意思表示して一人下ごしらえに奮闘してるボンイのもとに帰っていったのはいいけどさー。
そして、ボンイに「絶対にそばから離れない」ってご機嫌とるんだけどさー。
それなら最初から手伝ってあげればいいじゃん。

話をのばすためにややこしい流れにしてあるのはわかるんだけど。トンヘったらドジンをまたなぐってジェームズに怒られるし。ねちねちドジンが全面的に悪い!とはいえ、短気は直ってないわ。
ジェームスもこれだけトンヘを叱り飛ばして、実の息子だとわかったときの激しい後悔の図が見ものだわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2012   0 comments   1 trackback
Category :笑ってトンヘ

笑ってトンヘ 44話

アンナとジェームス。一体、どれだけすれ違えば気が済むの!?
日々ドラマだけに時間稼ぎがまわりくどいー。

イボンイまでたどりついて捜索するジェームズ。出会ったのは、でも偶然の事故。
飛び出してきたアンナをひきそうになって、お互いに気付く2人。ところが肝心の再会場面で、あまりの衝撃に気絶しちゃうアンナ。

そのアンナを病院に運ぶものの、仕事で職場に戻るジェームズ。まずここがありえない。
20年以上思い続け、探したいとしい人にやっと会えたのに、名刺ひとつ医師に渡して置き去りにするなんて。
ジェームズの情熱はその程度ってことよね。

そのあと必死で行方を追うものの、アンナの方がジェームズに対する愛が強いみたい。

ボンイの家にたどりつき、ボンイ叔父、その娘との仲睦まじい姿を見かけたジェームズは、結婚してると誤解するかもね。自分も結婚してるのに。

トンヘはドジンの度重なる妨害にもめげず料理コンテストで優勝。マスコミに派手にとりあげられるチャンス。
アンナと抱き合って泣いて喜ぶ姿はさすがに、ここにくるまで苦難続きで長かったので、少しほろっとさせられました。

そして。
ボンイはトンヘへの告白の答えに良い返事がもらえなくて、トンヘに冷たく接していたけど、あまりに避けられ、「親切にされると好意があると勘違いしそうになるから、ほっといて」と言われ、とうとうトンヘは本心を打ち明ける。
「ボンイのことを好き。だけど今のままの自分では堂々と胸を張って付き会える自信がない。ふさわしい立場になったら交際を申し込もうと思ってた。」

なんだか逃げてるようにも聞こえる言いわけだけど、ボンイはトンヘと両思いだと確認できて有頂天。
こっそり、ひっそり2人は愛をはぐくみはじめる。

Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   1 trackback
Category :笑ってトンヘ

笑ってトンヘ 40話

「あなたが好きなの」そうボンイに告白されたトンヘの答えときたら。

「セワにふられたみっともない姿も見られてるし、ボンイはセワの友達だし。
自分がもっとふさわしい男になったら、またその時に話そう」って、何それ?

まわりくどい断り方って、ボンイに思われても仕方ないかも。好きか、そうじゃないか、言ってあげればいいのよ。

今はそれどころじゃない的な言い方なんだけど、それってセワのためにコンテストをあきらめてまでホテルを辞めてあげる方が大事ってことじゃないの?
愛は残ってないにしても、あの陰険極悪セワに情をかけすぎ。

ボンイが可哀想だなー。

セワの策略はすごうで発揮。マスコミをドジン家に引き入れて取材と称し、ちゃっかり家に上がり込んで姑が何も言えなくしてしまう。
そういうこざかしいところが、姑は気に入らないんだってば。
過去の恋愛よりあまりにもたくさんついてきた嘘が許せないって言われてるじゃないの。
ますますセワを毛嫌いする姑。
家にはおいてやるものの、いびり出すつもり。でもね~、料理にケチつけるとか、そんなちっちゃいいびりじゃあセワはへこたれないと思うわ。

このさい、ドジン母にもっと頑張ってセワを追い詰めてもらわなくちゃ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2012   0 comments   1 trackback
Category :笑ってトンヘ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR