FC2ブログ

匂いを見る少女 11、12話

11話
強力係長と同僚刑事はヨムミになぜムガクを突然捜査で排除させたことか尋ねて、ヨムミはムガクイ バーコード連続殺人被害者の家族であるためだと答える。 一方千院長の手紙を読んで紛らわしいチョリムはジェピョを訪ねて行くけれど..

12話
チョリムは自身のためにムガク(妹)が死んだとしムガクに申し訳なくて話す。 ムガクはその理由のために離別することにはならないとしチョリムを捉えようとするがチョリムは決心を変えようとしない。 一方ジェヒはチョリムの家でチョリムの写真を持ってきて顔を記憶しようとするが思い通りならないけれど..

・・・・・11話はチョリムとムガクのラブラブシーンがほとんどなくて、チョリムがムガクに別れを切り出したりして辛い展開だったので、感想も書く気になれず(-_-;)

12話は、二人がウンソルの死を乗り越えてより愛が深まった良い回だったけど、ハラハラさせすぎー。
三回もドキドキする怖いシーンがあって気の小さな私はそのたび、目をつむったり早送りしたり、早くやり過ごしたかったわ。
11話終わり、チョリムが「ウンソルだな」とジェヒに名前を呼ばれた驚愕のシーンの続きから。
ムガクが助けてくれてなんとか難を逃れたチョリム。でも、ジェヒはオ元刑事の後をつけ、チョリム家を荒らす。
その中から盗んだのはチョリムの写真。顔を覚えられない病気のジェヒはその写真を使って、ウンソルの居場所を探させる。
チョリムはヨムミに自分をおとりにして犯人を捕まえてほしい、と嘆願。
ムガクは当然大反対だけど、まだチョリムがウンソルだと知られていないから、と捜査に協力することになる。

チョリムはジェヒ家での収録に日を利用して、隠しカメラの入った書籍を設置。ムガクが無線で指示するものの、緊張したわ。
そして、チョリムがウンソルだと身元がばれないようにするため、ジェヒの持っているチョリムの写真と、合成して作った偽写真とをすり替える場面もドキドキ。

最後は、ジェヒ家にカメラを撤収するために入り込んだチョリムだけど、ジェヒが異変に気付いて急きょ帰宅。チョリムと鉢合わせしてしまう。

怖いわー、どうなるの?チョリムがウンソルだと気づかれるの?
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2015   0 comments   0 trackback
Category :匂いを見る少女

匂いを見る少女 10話

990192.jpg
ヨムミはわざわざチョリムが思い出させた顔と違ったモンタージュを製作してチョリムの身元を問い合わせる過程でチョリムのお父さんがオ・ジェピョであることを知るようになる。 一方事故の記憶が浮び上がったチョリムはムガクに度々恐ろしい感じがするというけれど..

・・・・・じれったい二人(^_^;)
せっかく両想いになって、二人っきりの部屋でなんにも遠慮することないのに。お互いに妄想で終わるってどういうこと?純情すぎる。

今夜もチョリム家に上り込むことに成功したムガク(笑)洗い物苦手なチョリムのためにせっせと食器を洗う。その後姿をうっとり眺めながら話しかけるチョリム。「チェ警察官は、洗濯物を干すとのたたむのとどっちが好き?寝るときに灯りをつけてるほう?消す方?・・・・」ムガクの答えはチョリムを喜ばせ、チョリムはムガクに後ろハグ。ムガクは「君のおかげで自分でも気づかないことを知った。これからもそばにいて俺の知らない自分を教えてくれ」と気障なセリフ。
そのとき、ムガクが落とした食器の音で、チョリムは妄想から目が覚め、慌ててかけつけるが、床で足を滑らせて真後ろに倒れ、気絶、寝てしまう。

そのチョリムをベッドに運んで、寝顔を見ながら肩肘をついているムガク。チョリムが目覚めると「ああ、眠い。このまま朝まで寝よう」とチョリムを抱きしめて目を閉じる。
が、チョリムの「ちょっと!倒れたのは私なのに、どうしてチェ警察官が横になってるの?」という大声で飛び起きるムガク。
横を探るがチョリムはいなくて、ベッドわきに腕組みして立ってる。。。

でも、チョリムにぶたれて感覚が戻ったようなムガクは、ためしに唇も、って口実作ってチュッチュすることはできたけど(#^.^#)

ヨムミがチョリムは死んだとされていた、夫婦殺害の目撃者、娘のウンソルだと知る。記憶のないウンソルの名前を変え、娘として引き取って保護していたジェピョ元刑事が姿を隠したので、探し当て、話を聞きたいヨムミ。
が、ムガクスマホにスパイ機能をしかけたクォンシェフがそのことに気づき、先回りして、ヨムミとジェピョ元刑事を会わせないように画策。
チョリムパパは、殺人鬼クォンシェフに消されてしまうのかしら?

それより、自宅での収録の際、撮影スタッフの一人が、チョリムに「ウンソルでしょ?忘れた?友達だったじゃない。」と声をかけたことで、クォンシェフは生き残っていた目撃者がチョリムだと知ってしまった!チョリム危ない。
書庫に誘導され、チョリムはペッキョンが書き残したウンソルあての贖罪の手紙を見つけ、自分がやはりウンソルなのか、と思ったとき、クォンシェフに追い詰められた。

はらはらドキドキで終わったわ。チョリム、どうなるの?

ヨムミはクールだけど、思慮深くて優しい心の持ち主ね。チョリムがウンソルだと確信すると、ムガクに捜査から外れるよう命じる。
なぜなら、チョリムと間違われて妹が殺されたのだとわかったら、二人の関係が壊れてしまうと心配したのよね。そうね、今ラブラブ絶好調の二人だけど、真実が明らかになれば、確かに二人とも苦しむでしょう。唯一の、そして最悪の障害よね。



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2015   0 comments   0 trackback
Category :匂いを見る少女

匂いを見る少女 9話

チョリムはムガクにどんな女の顔が浮び上がる話してムガクはチョリムの記憶を探すためにチョリムが思い出させた女のモンタージュを製作してみる。 一方ジェヒは興信所職員をさせてウンソル(チョリム)の行跡を探し始めるけれど..

・・・・・あ~んなに優しくされてても、それが自分への愛だと気づかないなんて、チェリムったら、奥ゆかしすぎるわ。
ムガクはスープを飲んで急にポロポロ涙をこぼし始めたチェリムが心配。向かい合って座っていた席から回り込んで、あやすように落ち着かせようと「どうしたの?大丈夫?」と尋ねる。
何かを思いだしかけたらしい。それは女性の顔。失われた記憶をとりもどすきっかけかもしれない、と警察の似顔絵製作室に行き、チェリムの頭に浮かんだ顔を描いてみる。

完成しないまま帰宅したチェリム。「あー、早いな、もう着いた」というムガクに「もう5周もしてますけど」とチェリムは恥ずかしそうにつぶやく。「そう?せまい町内だな」とムガクはぼやくと、「もう一周しようか」と手をつなぐが、早く家に帰りたいチェリムに「それじゃあ、仕方ない、お前が眠るまでみといてやるよ」と離れたくないので、口実を見つける。

家に入れられるものの、チェリムは寝室へ。ムガクはリビングでテントを渡される。「リビングは冷えますからこの中で寝て」。寝室に入れずがっかりなムガク。そのうえ鍵をかけられる。メールで「なんで鍵をかけたんだよ」と文句を言うと「私が寝たら帰っちゃうんでしょ?用心のためです」と返され、「まあそれもそうだな」としぶしぶ納得。
そのあとお互いに「寝た?」「起きてる」とメールを送り合い朝を迎える二人。

チェリムはクォンシェフの番組に出演することになり、ムガクは三枚もワンピースを買ってあげる。それなのに、いざとなると「出るな」と言いだす。劇団からも、テレビ出演がいかに影響が大きいかを聞かされていたチェリムはちょっとむっとして「どうして?」と尋ねる。
クォンシェフに連続殺人の疑いがかかっていることは今は明かせないムガクは、「どうしてでも、俺とお前の仲だ、信じろ」と言うしかない。チェリムは「私たちの関係がなんだって言うんです?どういう関係ですか?」迫るが、そこはうやむやにするムガクに怒りだし、「絶対に行きます」とバスに乗り込んで行ってしまう。

楽屋に入ると、クォンシェフからの贈り物の高価そうなドレスが置かれていた。そこにムガクから「黄色のが一番おかしくなかった」という素直じゃないメールが届く。両方を見比べていたが、チェリムが選んだのはムガクに選んでもらった方だった。
「今の私にはもったいなくて。もっと有名になったら着ますね」とうまく言い訳をするチェリム。

またも連絡の途絶えたムガクに腹を立てたチェリムは署に買ってもらったワンピースを持ってやってくる。ヨムミにムガクはいないと聞くと「班長と飲もうと思ってきたんです」と言い訳し、二人は居酒屋に行き、お酒を酌み交わす。
「実は班長に会いにきたというのは嘘で、買ってもらったっていうか立て替えてもらっただけなんですけど、服を返しにきたんです」と正直に打ち明けるチェリムに「怒っているのは、番組に出るなと言われたから?それともチェ刑事との関係がはっきりしないから?」と誘導尋問。思わずチェリムは「そりゃあ、チェ刑事と」と言いかける。
ヨムミはそれより、どうしてチェリムが似顔絵製作室に行ったのかが気になり尋ねると、思い出しそうな人の顔を描いてもらっていたと話す。

そのあと二人はまた署にいって似顔絵の続きを描き始めるが、なかなか完成しない。続きはまた明日と言って別れたあと、ヨムミは気になってそのままいろいろ試してみる。

ムガクはチェリムを呼び出す。ムガクに怒っているチェリムはすっぴんで部屋着のまま仕方ないというポーズで出て行く。
「会議中で電話がとれなくてごめん」と謝るムガクに「いいですよ、間違えてかけただけだから」と強がるチェリム。
ムガクは「どう呼ばれたい?」と突然尋ねる。え?という顔のチェリムに「俺の彼女、恋人、とか」と言いだすムガク。チェリムはとたんに顔が輝き「じゃあ」と笑顔になる。「だって俺たち恋人だろ」と当たり前のように言うムガクは、これから署にいってみんなにも公表するとチェリムの手をひっぱる。

「えー!?そういうことならお化粧してくればよかった」と両手で顔を隠す。いまさら?(笑)
晴れて恋人同士となった二人は署に行くが、そこではヨムミがチェリムの記憶にある顔が、昔の殺された母親であると気づいていた。
死んだはずの娘、ウンソルがチェリムなのか、と驚愕しているヨムミ。

ムガクは自分たちがどういう関係なのかはっきりしたいチェリムに、答えを告げたのよね。チェリム、ここまで言われないとわからなかったのかしら。すっかりムガクはチェリムにめろめろなのに。ともかく良かったわねー、おめでとう。
チェリムこそがウンソルその人だとわかれば、クォンシェフの魔の手から守ってもらえるんじゃないかしら。
チェリムがすっぴんが恥ずかしいって、両手をいろんな角度に動かして顔を隠す場面が可笑しくて、可愛くて。シンセギョンちゃん、ここまで可愛い人だとは思わなかったわ。ますます好きになっちゃったわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2015   0 comments   0 trackback
Category :匂いを見る少女

匂いを見る少女  7,8話

7話
カエル極端を訪ねて行ったムガク草林(チョリム)が王子方に自身と漫談をできないと話して舞台に上がることができなくて補助ステップぐらいであるという事実を知ることになる。 先輩にひどい目にあって泣いていた草林(チョリム)が気になるムガク草林(チョリム)に漫談も捜査も一緒にしてみるとすぐに話すけれど...

8話
草林(チョリム)はヨムミにムガク被襲にあって犯人の顔を見たという話を残したまま昏睡状態に陥ったという事実を聞いて衝撃を受ける。 ジェヒはチョン・ペクギョンが残した話意を知ろうとするがまったく何の意味なのか把握できなくてムガク状態を見回すために草林(チョリム)に病院に一緒に行ってくれと言うけれど...

・・・・・7話で窃盗の疑いをかけられたチョリム親友のため、真犯人のアリバイ崩しに出かけた公園デートのときの、事故的キスと違って、8話では、ムガクが自分の意志でチョリムにキスしたわね(#^.^#)
口ではからかったり意地悪言ったりするだけのムガクだけど、甘い言葉もなしのキス。チョリムは嬉しいわね。
ムガクが犯人に刺され手術を受けたと聞いたときのチョリムの取り乱しようを見て、ムガクはチョリムが自分に好意があるって確信したのね、きっと。
でも仕事が仕事だからまめに連絡してこないのよね。不満なチョリムだけど、仕方ないわね。

クォンシェフは、顔面認識障害があるから、名前だけで間違えてムガク妹を殺したのね。目撃者のウンソルがチョリムだってこと、まだ気づいてないのかしら。
目撃者特定のためか、クォンシェフは、料理番組で、ウンソルの母が書き残した日記から、ウンソルが好物だったスープを作ることにする。

それをムガクのために持ち帰るが、チョリムの家に上がって飲みたがるムガク(笑)
そのスープを口に含んだとき、チョリムは涙があふれてくる。「これ、知ってる味だわ。懐かしい気がする」。何かを思い出しそうなチョリムのそばに座りなおしたムガクは、心配そうにチョリムの顔を覗き込む。

なぜクォンは被害者に日記を書かせたのか。たまたま被害者が日記を書いている人間ばかりだったの?
よくわからないことがまだあるわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2015   0 comments   0 trackback
Category :匂いを見る少女

匂いを見る少女 6話

ウンソル(チョリム)が心配になるムガクはウンソル(チョリム)に今後絶対捜査をしなく要請するがウンソル(チョリム)は自身の目(雪)で何かをすることができるということが良いとし自身が危険になればムガク守れば良くないのか話すけれど..

・・・・・桜吹雪の中でいいムード、と思ったら、チョリムの妄想だった(笑)
チョリムの想いは募るけど、ムガクは危険が伴う捜査にチョリムを関わらせたくない。チョリムは「自分の怖がられる目で人の役に立てるのが嬉しい。そばで私を守ってくれるでしょ?」とこれからも捜査に協力したい理由を話す。

事件の方は、カリスマシェフ、ジェヒがサイコパスだってことが、チョン医師にわかったみたいね。てっきりチョン医師が怪しいと犯人されていたけど、チョン医師は、瀕死の妻の臓器提供者に当時植物状態だったチョリムをあてにしていて、死を願っていたことをずっと後悔していたのね。いつか謝りたいと思ってた。その思いはチョリムに告げることなく、心に秘めたまま旅立とうとしていたけど、ジェヒが殺人犯だと気づいたチョン医師を、ジェヒは狙う。
行方不明になったチョン医師。ジェヒが始末したのかしら。



Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2015   0 comments   0 trackback
Category :匂いを見る少女
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR