FC2ブログ

鳴かない鳥 63話まで 

物語はハニが会社を追い出されてから一年後。
社長に就任したミジャと実力もないのに室長に収まっているユミ。新商品の発表会場で、得意満面に商品を紹介するミジャの前に、悪女キャラにガラッと変身したハニが現れる。
いきなりミジャの頭から水をかけ「ウォータープルーフとうたっているのが本当か確かめようと思って」と涼しい顔。先制パンチを与える。
驚愕のミジャとユミ。

そして驚くと言えば、ミジャを破滅させようともくろむ人物がもう一人。ユミ父ナムギュ。世間的には死んだことになってるけど、実は復讐のために仮の姿で生きている。
アメリカの大手投資会社社長として。ミジャはそうとも知らず契約してもらおうと必死。それを阻むハニ。

第二部、復讐編。いい感じの始まりだわ~。ミジャにやられっぱなし、泣かされっぱなしだったハニがいよいよ逆襲に出るのね。
少しは胸がスカッとするわ。面白くなってきた。
でも、復讐の化身になったために、愛を交わしていたソンスとは距離を置くハニ。幸せになってほしいわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2015   0 comments   0 trackback
Category :鳴かない鳥

鳴かない鳥 59話まで

じっくり見るとどっと疲れるので、早送りしつつ眺めてます(´∀`*;)ゞ
ずっと謎だったのが、ハニパパ自身も疑問だった協力者の手を差し伸べる理由。
それが今回とけてすっきり。ハニパパを死んだことにしてまで脱獄させたやくざさんの正体は、実はハニママのことが初恋の相手で愛していたんですって。
それで法廷ではっきりとママと殺したと自白したパパに、司法ではなく己の手で痛めつけ復讐するために大掛かりなことをしてまで、刑務所から出したかったていうわけ。

でも、パパの悲愴な訴え「自分が殺したんじゃない。真犯人を捕まえるために死んだことになっても刑務所から出てかった」という叫びに耳を傾け、またママの娘であるハニの存在を知り、考えを変えるみたいね。

そしてハニは会社もやめ、ついに今までの自分を捨てて復讐の化身となる覚悟を決めた。
ここにくるまで長かったー(T_T)
来週から少しは爽快な場面もあるかしら。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2015   0 comments   0 trackback
Category :鳴かない鳥

鳴かない鳥

感想を書こうと思うんだけど、見終えるとぐったり疲れるドラマ。で、ついついたまっちゃってたわ(~_~;)

ヒロイン、ハニがこれでもかっていうくらい、どんどん不幸になっていって。
テヒョンと結婚しちゃおうってなったのは、すごく良かったのに、結婚式の最中にユミが狂言自殺。
ほっとけばいいのに、テヒョンが駆けつけて、ユミ命と引き換えに、ハニに手を出さないという条件でハニと別れることを約束させられる。
そしていきなりユミと結婚することに。ハニも意外にあっさりあきらめる。

結婚式で雨の中テヒョンを待ち続け意識がもうろうとしたハニを助けたのは、ソンス。ソンスとハニは協力して父の無罪、と悪魔ミジャの罪を証明するために奔走し始める。

ところが、そんなとき、ハニの唯一の肉親、大切な祖母が認知症にかかってしまう。
次回は祖母がミジャの手にかかってしまいそう。心配だわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2015   2 comments   0 trackback
Category :鳴かない鳥

鳴かない鳥 36~39話

36話
中国との取り引きが失敗に終わってものすごい違約金を払わなければならない状況に置かれたハヌィ(ホンアルム).
お金が急になるとスヨン化粧品持分を売ってどうにか会社を生かそうとするけれど...
ハギョン(チェ・スリン)を通じてハヌィの持分を買い入れるミジャ(オ・ヒョンギョン).
ナムギュの委任状訳詩ハヌィより先に手に入れるためにまた他の計略を整える!

37話
ハヌィ(ホンアルム)に伝えられなければならないナムギュ(キム・ユソク)の委任状! だが、ミジャ(オ・ヒョンギョン)の足早い対応で委任状はユミ(ペク・スンヒ)に移って、ハヌィとテヒョン(アン・ジェミン)はナムギュがスヨン化粧品持分をユミに全部委任したと誤解するのに…
株主総会で助けをくれというハヌィの要請にユミは薄い微笑を浮かべて、持分で力を育てたユミに生まれて初めにすべての人々の関心が注目される!

38話
親ママ ミジャ(オ・ヒョンギョン)が計画的に自身に接近したという事実を知ることになった柳眉(ペク・スンヒ)!
ひき逃げ事件また、操作という事実を知ることになって大きい衝撃を受けて、委任状とともに潜伏してしまうのに…
一方、信じる隈がなくなったミジャ(オ・ヒョンギョン)はハギョン(チェ・スリン)をソルドゥケテヒョン(アン・ジェミン)の持分まで手を付けようとして、ハギョンを代表で作ると約束する!

39話
ミジャ(オ・ヒョンギョン)の計略で弱点が捕えられたチェ理事!
結局ミンハ卿(チェ・スリン)院長が愁然化粧品社長に就任されるように助力者を自任する。
ハギョンがスヨン化粧品社長になったのを信じることはできないテヒョン(アン・ジェミン).
背信に包まれて、ナムギュ(キム・ユソク)に思いがけない事実を聞くことになるのに…
一方、ユミ(ペク・スンヒ)の意図的事故(思考)を利用してミジャはまた他の機会をつかむ!

・・・・・ミジャの悪行は止まらない。ついにスヨン化粧品を悪者の手に渡すことになったハニ。当面の社長はテヒョン母。舞い上がるテヒョン母を横目に「バカな女」と吐き捨てるミジャ。
ミジャの目的はそこにとどまらない。最終的にわが娘ユミをスヨン化粧品のトップに据え、自分も甘い汁を吸う計画。

ミジャは株を操り理事たちを翻弄して、老獪な老人も手玉にとるほどの悪女だけど、ある意味気持ちがいいほどの悪女ぶり。
それにひきかえ娘ユミは、ミジャに比べると、まだ常識も良心も残っているが、揺れながらも結局テヒョンをハニから奪い取り自分のものにしたい欲望に勝てない。卑劣な母を非難しながらも自分もまた同じ方法をとり、欲を満たそうとする。
生まれ育ちのせいで愛情を知らず、人間としての良心や善の心を持たないミジャ。自分の欲望に正直で何が悪いのかわかっていない。ユミは悪いと知りつつ卑怯なことに手を染める。
こう考えるとユミの方がより罪が深いんじゃないかしら。自分を心から愛してくれたスヨンやハニを裏切ってるわけだから。

2人きりで島に取り残され、普通の韓ドラなら、そこで何かが起こり、男女の距離がぐんと近づくはずなんだけど、いかんせん、そこは悲しき二番手。チャンスをものにしろ、と母に言われたにも関わらず、夜にはなにもできず、テヒョンを引き留めるため、なんとテヒョンが運転する車に飛び込んで、ぶつかるという荒業をみせたユミ。
テヒョンが責任を感じて、ユミをこれまでのように拒否するわけにはいかなくなるわね。

ハニ、テヒョン以外にも自分を見つめて見守ってくれている暖かな視線に早く気が付いて。ハニには婚約者がいると知りつつ、惹かれているソンスが後ろにそっとたたずんでいるのよ。





Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2015   0 comments   0 trackback
Category :鳴かない鳥

鳴かない鳥 28~35話

28話
ナムギュ(キム・ユソク)の警察捜査が続いて、事故(思考)衝撃により一部記憶を失って質問に答えることが出来なかったナムギュは皆から疑いのまなざしを受けることになる。
死んだスヨンがハヌィ(ホンアルム)のママという事実を知ることになったソンスはハヌィを訪ねて行くがテヒョンと一緒にいる姿に苦々しく背を向けるのに…
一方、ナムギュの裁判で思いがけない証人が登場する!

29話
ミジャ(オ・ヒョンギョン)が新しいパパ ナムギュ(キム・ユソク)の前夫人という事実を知ることになったハヌィ(ホンアルム).
だが、すべての事実を認めて平気なミジャ(オ・ヒョンギョン)の態度にさらに及ぼしますが…
一方、'100億保険殺人事件'で大韓民国が沸きかえられる、裁判でミジャ(オ・ヒョンギョン)の証言でよって(人海)ナムギュはより一層不利な状況に置かれることになるのに…

30話
公金が流入した大砲通帳の主人を追跡するハヌィ(ホンアルム)!
だが、身元把握が易しくなくて...
重なったのにトプチンようにスヨン化粧品株主は不安な会社サンファンエギングプ理事会を招集して臨時株主総会を進める。
一方、テヒョン(アン・ジェミン)を片思いするユミ(ペク・スンヒ)に千仏(チョンブル)が出るミジャ(オ・ヒョンギョン).
だが、まもなくテヒョンとミンハギョンを利用する陰謀を整えるのに…

31話
スチャンを人質で償還脅迫するタリョンにスヨン化粧品を手に入れる野望をいうミジャ(オ・ヒョンギョン).
タリョンはミジャに最後の機会である2月を与えて返すことのできない場合スチャンと子供たちを担保で捉えるという恐ろしい脅迫をする。
一方、荷物を運んでいる間ケガしたテヒョン(アン・ジェミン)は病院に行って、ミンハギョンは病院に遅く到着したハヌィ(ホンアルム)に火のように怒るのに…

32話
ハヌィ(ホンアルム)を向かった夏景のあくどい態度に空しくて苦しいテヒョン(アン・ジェミン)は一人で孤軍奮闘するハヌィが痛ましいだけだ。
粘り強い追跡終わりに大砲通帳の出処と背後を知るようになったハヌィは怒りが爆発して収監中であるナムギュ(キム・ユソク)を訪ねて行くのに…

33話
ハヌィ(ホンアルム)の墜落開始?! テヒョン(アン・ジェミン)をスヨン化粧品社長でマンドゥロジュゲッタミョハニの予備姑ハギョン(チェ・スリン)に接近したミジャ(オ・ヒョンギョン).
だが、ハギョンがミジャの思いのままに動かないとミジャはまた他の人物を買収しようとするのに…
一方、ハギョンはハン女史を訪ねて行ってテヒョンとハヌィが結婚すれば自身のアドゥルンチョガサリをできないという強硬な立場を表わして、これに対しハン女史は傷ついて施設を調べてみるのに…

34話
ハギョン(チェ・スリン)のあくどい話に傷ついたハヌィ(ホンアルム). 結局テヒョン(アン・ジェミン)を置くと宣言して…ユミ(ペク・スンヒ)はミジャ(オ・ヒョンギョン)の指示によりテヒョンにハギョンの行動を告げ口するのに…
一方、ナムギュ(キム・ユソク)は記憶の組閣(彫刻)を合わせてミジャを事件の容疑者だと目星をつけて弁護士と秘密裏に裏調査を始める!

35話
ハヌィ(ホンアルム)がなくした指輪を捨てたユミ(ペク・スンヒ)!
テヒョン(アン・ジェミン)自身の男で作ると念を押して、以前とは違うように積極的にテヒョンにDaganみな!
一方、ミンジが持って遊んだ熊人形を見て仰天下はハヌィ.
スヨンとナムギュの関係回復のために予約したホテルで特別注文したコミニョンイウェミンジにあるのかミジャに問い詰めて、厚かましいミジャの態度に手が上がるのに…!
一方、少しずつ失った記憶を取り戻したナムギュは重要な端緒を思い出す!

・・・・・やられっぱなしのハニが痛々しくて、ミジャが次々に繰り出す悪巧み、ついに本性むき出しになったユミの欲深さなど、ちょっと見るのが辛くなってきた展開。
早く復讐に転じてミジャ達を追い落としてほしいわ。ハニも可哀想なんだけど、一番同情するのがハニ祖母。隣に住むミジャがユミの実母だと知った時、ハニはさすがにユミに対して裏切られた思いで怒りをぶつけたけど、優しい祖母は「一人で苦しんだのね」といたわるほどの人格者。
一人娘を痛ましい事故で亡くして、ハニもユミ父に疑いを持ち始めたけど、そんなハニに「何があっても絶対にパパを信じる。あなたも揺らがないで。家族なんだから信じてあげましょう」と言い聞かせる(;O;)
悲しみのどん底にあっても常に家族に尽くす祖母。テヒョン母に家を追い出されそうになっても、「そうね、そうすべきよね」と自分で施設を探して。
そんな祖母と離れられないハニは、祖母を追い出すくらいならテヒョンとの結婚は止めると言いだすくらい。
どうか祖母が最後に幸せになりますように。

ユミはせっかく父に面会に行っても、父の口から出るのは、ハニと会社の心配ばかり。そしてユミに必ず「ハニと祖母を守れ」と言う。
ユミは「お姉ちゃんばかり愛される」とひがんでねじくれていく。そしてそんなユミの気持ちを察するかのように優しく寄り添ってくれるテヒョンに横恋慕。テヒョンはハニの妹だから、自分にとっても妹のように思って親切にしてるだけだけど、ユミの恋心は募っていく。
そしてついにハニから奪うことに決め、人の物を奪うことに欠けては天下一品、大得意の母に相談。教えを乞う。
もともと性悪なユミはぐんぐん腕を上げ、ついにテヒョンと二人っきりで倉庫に閉じ込められることになる。
ユミの仕業かわからないけど、そんなチャンスを生かさないはずはない。

ユミがやっぱり苦手。お洋服もだけど、ヘアスタイルもどんな風にしてもびっくりするほど全く似合わない。老けてるしダサイのよ。
安心して憎める感じ(笑)
それからはじめはさほど気にならなかったんだけど、ミジャ弟のスチャンがだんだんうざくなってきた。
演技もオーバーだし、表情も大げさすぎて暑苦しくて辟易。これからもずっと見ていかなくちゃいけないのかと思うとうんざりだわ。

☆ちなみに韓国でも絶賛放送中で、最新の内容はこちら。

990417.jpg
朝テレビ劇場をひきつけている'泣かない鳥'が視聴率自らの最高記録を再び更新した。

去る9日放送したtvN連続ドラマ'泣かない鳥' 75回は有料プラットホーム家具基準平均2.3%、最高2.6%の視聴率で同時間帯1位を占めて自らの最高記録を更新した。 特に女性40台、50台視聴層をはじめとしてtvNメイン ターゲットである20~40台視聴層でも同時間帯1位を記録して、女心をひきつける代表的な朝ドラマに浮び上がった。 (ニールセンコリア、有料プラットホーム基準)

この日放送では化粧品業界大物に浮び上がってチョン・ミジャ(オ・ヒョンギョン)を向かった複数を夢見たカンナムギュ (キム・ユソク)がチョン・ミジャとの間で産んだ幼い娘オ・ミンジ(ハン・ソジン)に会って揺れる姿が描かれた。 チョン・ミジャのまた他の娘ユミペク・スンヒ)はオ・ハヌィ(ホンアルム)との競争過程で彼に勝つために不正な方法を使ったのがイ・テヒョン(アン・ジェミン)にばれて窮地に追い込まれたし、チョン・ミジャ-ユミに向かったオ・ハヌィの反撃に力付けられて関心を集めた。 特に放送末にはカンナムギュ が不意に自身を訪ねてきたチョン・ミジャに向かって銃を向けるなど緊張感あふれるストーリーが繰り広げられて興味を高めた。

'泣かない鳥'は100億保険殺人事件で人生のロールモデルだったママが殺害されて全てのものを根こそぎ失うことになった女オ・ハヌィが悲劇の原因になった貪欲な悪女チョン・ミジャに向かって広げる複数劇. 善と悪の克明な対決と希代の悪女に向かった痛快な因果応報を通じてぴりっとしたカタルシスをプレゼントする。 毎週月-首午前9時40分tvN放送.

990416.jpg
‘泣かない鳥’ホンアルム、前ステップにびっくりプレゼント.

俳優ホマルムがtvN朝ドラマ‘泣かない鳥’のスタッフにあげた肝っ玉が大きいびっくりプレゼントが話題だ。

ホンアルムは8日自身のインスタグレムに“良いことは良い人々と共に”という文と共にプレゼントを包装してスタッフにプレゼント与えた姿を認証した写真を掲載した。

公開された写真の中には野外で昼夜で苦労するスタッフに感謝の気持ちを入れてていねいにプレゼントを包装する姿とスタッフにいちいちプレゼントを伝達したのを推測させる姿がそっくり含んでいる。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2015   0 comments   0 trackback
Category :鳴かない鳥
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR