FC2ブログ

猫は見た 43、44話

43話
偶然にヤンスンのノートブックを有していることになったソンイルはヤンスンの小説を読むことになって、ヤンスンに対して新しい感情ができる。 また、ヨンスクを通じてヤンスンがまだ借金を返しているという事実を聞いたドンジュンはビョンスに電話する一方二字余り間で決定を下すことになるけれど...

44話
ビョンスの対話を偶然に聞いたスンジャは、ビョンスに対する疑いを抱き始める。 また、ソンイルとスリの感情が交錯して、チウンやはりソンイルと一緒であるヤンスンの姿を再び目撃することになる。 一方、ドンジュンはヨンスクにジョンヘに対する自身の心を告白して、ついにヨンスクはジョンヘに電話することになるけれど...

・・・・・(-_-;)相変わらず、おっさんたちの結婚話のもつれが尺が長くてうんざり。ヒロインでもあるまいし、恋する乙女並に憂鬱そうなジョンヘの表情カット、長すぎ。いりませんから。
おっさんときたら、5年の間苦労させてきた妻に逆ギレ。「話すことなどない」にはじまり、聞き捨てならない「お前が俺を殺した」発言。言い過ぎでしょ?おっさんが借金作って逃げたくせによく言うわ。
ヤンスンママにヤンスンがいまだに借金を返済してるときいて「それは私が何とかする」って、今更?今まで何考えての?
自分が死んだことになっててチャラになったと安心してたにしても、ママが訴えるように一度も娘に会いたち思わなかったわけ?
その言い訳がまたなんだかな、なのよ。「お前が死んだことにしたのに、私が現れると父に捨てられたうえ、母にも裏切られたと二重に傷つくから」ですって。何言ってるの?それもこれも自分のせいでしょ?
なんでヤンスンの前に出てきて、全部自分が悪い、お母さんのせいじゃないって言ってあげられないの?
あげくに「お前は今も相変わらず自分のことしか考えない」って、ママを非難よ。
たった5年離れただけで、妻子を捨て、とっとと結婚して幸せになろうとしてるおっさんこそ自己中だと思うけど?
しかも「なんとかする」借金も結局ジョンヘの言うままに、ジョンヘに用立ててもらうことにするし。

ジョンヘもジョンヘよね。ヤンスンママに呼び出されると開き直るのよ。ヤンスンママを侮辱したあげく「あなたにあってはっきりした。彼への気持ちは変わらない」とあつかましく宣言。人のものを奪う不倫女みたいなものだから、やっぱり厚かましいのよね。ヤンスンママが水をかけたけど、よくやったわと喝さいしたわ。
ずうずうしくふしだらなおっさんとおばさんに悪者扱いされるヤンスンママが本当に可哀想。
自分たちがまるで悲劇の主人公のつもりの二人は結婚するんですって。
おっさんは結婚生活が嫌だったみたいにいうけど、長年連れ添った妻に情はないわけ?ヤンスンが可愛くないのね。
全くこの二人にどうか天罰があたって幸せになれませんように、ってヤンスンとママのために祈らずにいられないわ。

ヤンスンときたら、お金のために好きでもない、むしろ嫌悪を抱いているソンイルといやいやデートを重ねる毎日で苦労してるっていうのに。
そのためにあばずれスリに「彼に会ったら容赦しない」って脅しの啖呵切られるし、事情を知らないチウンに誤解され、チウンが苦しむし。
何もかも親の借金のせいなのよ。

そして大変なことになりそうなのが、セギとウンスクカップル。なんとセギを運命の相手、最後の人と信じて疑わないジュンアの策略にはまったセギ。泥酔させ意識を失ったセギをホテルに連れ込んで、襲う(?)、もしくは何かあったようにふるまって責任とってって騒ぎ立てるつもりかしら。
セギとウンスクに全く罪はないのに、とんだことになりそうで心配だわ。ジュンアってかっこいいキャリアウーマンだと思ってたのに、こんな性悪だったとは。がっかりだわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た

猫は見た 40~

40話
ヨンスクはジョンヘと結婚する人がドンジュンであることを知って衝撃を受けて、トヒとウンスクは共に占い所に行って驚くべき話を聞くことになる。 一方、チウンはヤンスンに自身の感情を率直に打ち明けて、ヤンスンやはりチウンに対する自身の心を語るけれど...

41話
ドンジュンはヨンスクを通じてヤンスンが(茶煙)自身の生存事実を知っていることを聞くことになって、ヨンスクはドンジュンを探したことをヤンスンに知らせるべきか悩む。 一方ソンイルは他の男といるスリの姿を見て衝撃を受けることになるけれど...

42話
ソンイルは自身が見たスリの姿によりスリと次第に遠ざかる一方チウンと一緒であるヤンスンが気になる。 また、ヨンスクに会ったドンジュンは紛らわしがって,この姿を見たジョンヘはドンジュンに思いがけない提案をするけれど...

・・・・・・ちょっとぉ!おっさんとおばさんが邪魔なのよーーー!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
ヤンスンとチウン、ソンイル、スリ、それからウンスクとセギの恋愛話に集中したいのに、どーしても、二枚目気取りのおっさん、ヤンスンパパが気に障って、腹立たしくて、そっちの不快感の方が、ヤンスン達若者の恋バナを応援する気持ちより勝っちゃうのよ。
んもぉ!

なんとおっさんは奥さんに会っても特別な感慨などなく、明らかに嫌そう。これから幸せになろうとするのを邪魔されるみたいな迷惑顔。
しかもヤンスンママは「あなたを死んだことにして、ごめんなさい」と謝るのよね。だって、それはなりゆきというか、借金取りから逃れるためもあるし、大体、借金を妻子にかぶせておいて、逃げたのはおっさんの方。
無責任だし、謝るのはおっさんじゃん。

まあさすがに、結婚にはしり込みし始めたけど、「重婚になる」ってはっきり理由を言えばいいのに、「心の準備ができてない」って初心な乙女じゃあるまいし、あいまいな言い訳するのよね。
でもね、相手のソンイル叔母だって、そうなると、怒って今更とりやめないってガンガンいこうとするのよ。なんかがつがつしててあさましい。
結婚だっておばさんの方から言いだしたし、自分も夫の消息不明の状況なのに。
2人とも不潔で見ていられないわ。
ヤンスンママが「(父親を信じて待っている)ヤンスンの気持ちを考えると引き下がるわけにいかない。」ってまたおっさんに会いに行ったんだけど、おっさんは相変わらず自分が被害者みたいに憮然として、そのツーショットをソンイル叔母が見て怪しんだわ。

ヤンスンママも気の毒なんだけど、何も言わずに突然仕事をやめるのは無責任よね。いくら衝撃受けたからって、一応電話ででも断りをするべきじゃない?
常識ある大人が見当たらないドラマね。

一方、主演たちは。
ヤンスンがチウンの気持ちにこたえたわ♪「私もあなたが好き」って。そうだったのね、好きだったのね。
その気持ちの変化があまり丁寧に描かれてなかった気がするけど、チウンが喜んだからまあいいわ。
ソンイルはあばずれスリの正体を見て、げんなり。スリから気持ちが離れ、ヤンスンの方が気になってきたみたいね。
チウンはヤンスンの敵の息子だからすんなり結ばれるわけにはいかないでしょ。ソンイルがつけいるすきは大ありだわ。

そしてヤンスン叔母のウンスクとセギとジュンアの三角関係。っていってもセギとウンスクは両思いだからジュンアの全くの片思いなんだけど。占い師が2人を間違えて占ったせいで、ジュンアの方が運命の人ってますます思い込んじゃって、ストーカーみたいになりかけてる。
セギは全く揺れないんだけどね。

おっさんたちの三角関係の話をとっとと終えてほしいものだわ。







Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た

猫は見た 37~39話

37話
チウンはヤンスンと近づくが、ソンイルと一緒にいるヤンスンの姿を再び目撃して失望することになる。 スンジャはビョンスと浮ついた気持ちになった女を捉えに行って、ジョンヘの求婚を受けたドンジュンは苦悶に陥る。 一方ヨンスクはジョンヘが結婚する男が誰なのか見に行くことにするけれど...

38話
ドンジュンは新しい人生を生きることに決心してジョンヘに求婚をして、ジョンヘの幸せな姿を見たヨンスクは夫をより一層懐かしがる。 一方セギは友達を通じてコ・ドンジュンとチョン・ジンウクの関係に対して聞くことになるけれど...

39話
ソンイルは自身に無関心なヤンスンになぜか分からない空しさを感じて、トヒは女がいるというセギの話を聞いて傷を受ける。 一方、ビョンスはスンジャに嫁を調べてみろといって、ユン老人はヨンスクにジョンヘの結婚用品準備を道(ド)と違ってお願いすることになるけれど...

・・・・・今視聴中の復讐ドロドロものよりも、このドラマの方に憤りを感じてるんですけど(-_-;)
タイトルからしてもほのぼの系のホームドラマかと思いきや、ヒロイン父の偽善のお面をかぶった悪人ぶりが噴飯もの。
まさか自分の身をふりかえってみても結婚なんてしないと信じてたのに、ジョンヘのプロポーズを受けちゃったわ!
ジョンヘは騙されてるだけだから罪はないものの、手放しで喜ぶ姿にちょっとイラっとさせられる。
だって借金を残してとんずらした父のせいで青春を犠牲にして、恋愛どころじゃなく、いつも借金に追われて働いてるヤンスンや、優雅な奥さまの身分から転落して働かざるを得ないヤンスン母のこと考えたら、可愛そうでたまらないわ。

しかも運命のいたずら、浮かれたジョンヘの結婚仕度を心から祝福して進んで手伝うのよ、ヤンスン母(・_;)
あんまりだわ。それなのに、ヤンスン父ときたら妻子の写真を見て「許してくれるよな」ですって!?
はぁぁぁぁぁぁ?あんたの残した借金のせいで苦労してるっていうのに、自分だけのうのうと幸せになろうなんて、あつかましいにもほどがある!
どうか、最終的にこの親父が罪を問われ、投獄され、二人の女性からもみじめに捨てられますようにと祈らずにいられない、と思っていたら。今日、最終回の記事が出てました。

ネタバレです。


994502.jpg
「猫はいる」すべての登場人物が過ちを改め、幸せな結末を迎えた。みんなが笑い、幸せになり、愛を分かち合う瞬間だった。

韓国で21日に放送されたKBS 1TV毎日ドラマ(月~金曜日まで放送されるドラマ)「猫はいる」(脚本:イ・ウンジュ、演出:キム・ウォンヨン)第119話では、ハン・スリ(Secret ヒョソン)のおかげでヨム・ビョンス(イ・ジェヨン)に会ったコ・ヤンスン(チェ・ユニョン)、ヨム・チウン(ヒョヌ)の姿が描かれた。

この日、コ・ヤンスンとヨム・チウンは母親のホン・スンジャ(ソ・イスク)、弟ヨム・チジュ(チェ・ソンミン)と一緒にヨム・ビョンスが運営するクッパ(韓国風雑炊)の店を訪れた。家族たちは涙の再会をした。その後、ヨム・ビョンスは久々に家に帰った。ヨム・ビョンスは以前のように怒鳴りながら自身だけの方法で家族に愛を表現した。

続いてヨム・ビョンスはコ・ヤンスンに「すまない。私が悪かった。私の父が亡くなる瞬間私に『チウンが500年間息を凝らしながら生きてきたヨム氏家紋を立たせる』と話した。だからチウンに対する私の期待が大きすぎた。それで君に悪いことをした。チウンに対する私の歪んだ愛のために」と謝った。

しかし嫁のコ・ヤンスンは義父のヨム・ビョンスに「全部分かっている。理解する」と言った。ヨム・ビョンスは「君のような子を嫁に入れた私が最近いわれている“能力者”だ。君たちのおかげで私がこんなに変わった。ありがとう。私の嫁になってくれて」とありがたい気持ちを表現した。

ヨム・ビョンスはこれまで冷遇していた猫を飼いながら変わった姿を見せた。また「猫食堂」を開いてクッパを500ウォンで販売した。この店を訪れたユン老人(ファン・ボムシク)はヨム・ビョンスにクッパの代金として巨額を支払いながら良いことに力を加えた。

変わったのはヨム・ビョンスだけではなかった。コ・ドンジュン(トッコ・ヨンジェ)も変わった。3年間の服役を終えて出所したコ・ドンジュンはキム・チュンシクに踏み倒されたお金をもらってユン・ジョンへ(キム・ソラ)に借りたお金を返した。また利子をあげながら「実は僕が一生飲むコーヒー代だ。ここのコーヒーが一番おいしい」と話した。ユン・ジョンへはそんなコ・ドンジュンを見て「どうしてこんなにずうずうしくなったのか」と聞いた。

ハン・ヨンスク(イ・ギョンジン)もご飯を食べにきたコ・ドンジュンに「どうしてこんなにずうずうしくなったのか」と言った。またコ・ドンジュンは自身に謝るハン・ヨンスクに「僕もたぶんあなたと同じ選択をしたと思う。そのように嘘を言わなかったらうちの家族、無理心中をしたかもしれない。わざとでもなく、あいにくそうなったんじゃないか」と慰めた。

またハン・ウンスク(パク・ソヒョン)、シン・セギ(キム・ヨンジェ)も養子を迎えることにした。ハン・ウンスクは「こんなに可愛い子どもたちが多いのに、どうして私には子どもをくれないのかと天のせいにばかりしていた」と養子縁組を前向きに考える態度を見せた。

この日、ヨム・ビョンス、コ・ヤンスン、ヨム・チウンの家族とユン老人、ハン・スリ、ユン・ソンイル(チェ・ミン)家族が集まってキムチを作った。またそのキムチを一人暮らしの老人と分かち合いながら温かい冬を迎えた。

・・・・・最後どんな悪人でも許しちゃうのが、韓ドラの定番だけど、結局ヤンスン父はどっちとも結ばれないまま二人の女性の間を行ったり来たりするわけ?
なんだかなーだわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た

最終回を終えて


*ドラマ‘猫はある’の主役を演じた俳優ヒョヌが最終回台本認証ショットを公開して目を引いた。

ヒョヌは去る21日119回を最後に幕を下ろしたKBS1連続ドラマ'猫はある'(脚本イ・ウンジュ、演出キム・ウォンヨン)で男主人公ヨム・チウン役に熱演を広げた。

ヒョヌは自身の所属会社SHエンターテインメントを通じて"長いならば長くて短いならば短い6ヶ月間のレースを終えて出ると感慨が新しい”として“その間私どもの作品を見守って下さって応援した視聴者皆さんに感謝申し上げて、今は家族のようなスタッフの方らと同僚俳優、そして私に多くの教えをくれた先輩にも心より感謝申し上げる"と要人を伝えた。

彼は引き続き"今回の作品を通じて意義ある経験と悟りを得た。 そんなに学び悟ったものなどを踏み台みなしてより一層成熟した演技者になって近い将来再びごあいさつする”として“今後も視聴者皆さんに面白味と感動を伝えられるように着実に努力する"としっかりしている抱負を明らかにすることもした。

合わせてヒョヌは放映終了を最後に当分休息を取って次期作を検討する予定だと知らされた。

‘猫はある’放映終了の便りにネチズンは"ヒョヌ、今回の作品で良い演技見せた","今後どんな作品に出てくるのか期待されます"等の反応を見せた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た

猫は見た 33~36話

33話
ソンイルはヤンスンに共にご飯を食べる条件で70万ウォンを与えるという提案をしてヨンスクはジョンヘの家歌詞コンパニオンに入ることになる。 一方チウンはヤンスンに小説公募前に出てみるとし幸運のお守りを譲り渡すけれど...

34話
ノートブックが必要なことはヤンスンはソンイルの提案を受け入れて、チウンは自身が勉強した庵でヤンスンを連れていく。 一方ヨンスクはジョンヘあなたで妙な縁の気勢を感じて、歌詞コンパニオン仕事をしている間チュンシクの存在を聞くことになるけれど...

35話
ジョンヘはチュンシク(ドンジュン)の服をアイロンをかけてジウンに見つけられることになって、ジウンはジョンヘにチュンシク(ドンジュン)と結婚しろという。 一方、庵で小説を書こうとしていたヤンスンはそちらでビョンスに会うことになって、チウンがしてくれた猫の話を再確認して作家‘猫’が浮び上がって電話をかけることになるけれど...

36話
ヤンスンは楽ではない気持ちで小説を完成することになって、夢席が落ち着かないビョンスはチウンの告示見る日になるとすぐにいらだっているばかりだ。 一方、ユン老人はジョンヘにチュンシクと結婚しろといって、これを聞いたヨンスクはジョンヘに男がいることを知るようになるけれど...

・・・・もう、あのバカップルときたら。ソンイルは頭からっぽよね。カードほしさに祖父に言われるままヤンスンと食事をともにする提案をするし、スリは性悪。ヤンスンのPCに水をかけてダメにしちゃった。そんなスリもカードがほしいからヤンスンは嫌いだっていやがるソンイルをそそのかすし。
この二人にまともな誠意っていうものはないのよね。いつか常識をわきまえる日が来るのしら。
そして、ヤンスン父に、激怒してるんですけど。ヤンスンや母が苦労してるのは、全部この父のせいなのに、自分はのんきにジョンヘと恋愛ごっこ楽しんで、コーヒー沸かしてはにやついてる。
そのうえ、ヤンスンと電話で話したのに気づかないのよ、わが娘に。最近では、この父親の顔見るだけでムカムカして不愉快になるわ。
なんとか天罰与えてほしい。
おとなしいヤンスン母がことごとく家政婦先をクビになるのがちょっと納得できなかったけど、結局はジョンヘ家に勤めさせるための演出だったのね。
ニアミスな夫婦。いつまですれ違ってるかしら。おばさまたちの三角関係はどうでもいいものの、三人とも事実を知ったら衝撃でしょうね。

ヤンスン叔母とセギがなんとかなりそうで一安心。ほのぼのカップルだから応援したいわ。編集長にはお気の毒なんだけどね。

チウンは自分の司法試験を受けないことが父にばれることより、ヤンスンのことで頭がいっぱい。ヤンスンになにかと親切にするの。ヤンスンもチウンの気持ちを知りながら、素直に好意を受けるのよね。チウンのお話のおかげで小説のヒントももらうし。これでチウンのいじらしい恋心を無視したらバチが当たると思うけどな。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR