FC2ブログ

怪しい家政婦 11,12話

11話
ハンギョルはドヒョンの家から出るソンファとサンチョルを見て二つの間を再び疑う。 一方、ウジェはポンニョが油の容器を持ってドヒョンの家に行くのを見てハンギョルに連絡するけれど...

12話
へギョリはポンニョとクッキーを作ってオーブンに手を火傷をして、驚いたポンニョはへギョリを抱いて裸足で病院まで走って行く。 一方、ドヒョンはサンチョルにポンニョを笑うようにさせてあげたいとし、助けを要請するけれど...

・・・・・思いもよらない展開でびっくり。ここからは韓国オリジナルね。
ボンニョがソジフンと疑う男、ドヒョンはいったんは「自分がソジフンだ」と認めるが、ボンニョが刺し殺そうと凶器をかざしたところで、否定し、「ジフンではないと確認をさせるために」ボンニョを家政婦として雇うことにする。
ボンニョを取り戻したい子供たちが訪問すると、目の前でわざと金庫を開けてみせ、子供たちに、秘密の箱を発見させる。
そこには女性の写真が幾枚も入っていた。
ボンニョに「僕も死んだ人間に執着してる。あなたと同じだ」と告白。ところが踏み込んだ刑事に殺人犯として連行されてしまう。
警察で、ボンニョをずっと追っていた刑事によって取り調べられたドヒョンは、ジフンではないと断定される。
同時にボンニョも放火殺人の共犯ではないと認めれる。ボンニョ夫に無償で手術してもらった借りがあったから、真犯人を突き止めたかったのだと話す刑事。
これでボンニョの復讐、ジフン騒動は決着を見たかと思わせておいて、意外な様相を見せ始める。

刑事がずっと服従してきた相手こそドヒョンであり、実はソジフン本人だったのだ。ジフンは生きていた。だが、手の込んだ仕掛けにより、ボンニョにジフンは死んだと認識させたのだ。
ジフンはいまだにボンニョのストーカーだった。では、サンチョルをヘッドハンティングしたのも周到な計画の一部だったのだろうか。

ボンニョが見せる母性に異常に反応し激昂するジフン。誰かの母親でいることに我慢できないらしい。自分だけに微笑みかけるボンニョの笑顔が欲しいのか。

ハンギョルたちはボンニョに「本当のママになって」と懇願する。ボンニョにも変化が現れはじめる。亡くなった夫と息子の幻覚を見るようになったのだ。
ハンギョル達の家族になることは拒否するでしょうね。

あの刑事はなぜジフンの命じるままに動き手足となって働いているのかしら。狂気のジフンの終末はどうなるのかも気になるわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2014   2 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦

怪しい家政婦 10話

家族に自身の過去をさらけ出したポンニョは約束のとおり家政婦の仕事は止めるという。 一方、サンチョルは図形のスカウト提案に受諾してもう一度送話とともに仕事をすることになる。 そしてポンニョを訪ねて行って4兄弟姉妹家族がポンニョが生きていく理由になれないか尋ねるけれど...

・・・・・偏差値の高い人って、こと恋愛に関しては幼稚な傾向が見受けられるけど、ソンファもボンニョを心配して仕事もそっちのけになるサンチョルに「別れた理由は子供たちのことじゃなくて、家政婦のせいじゃないの?」と嫉妬むき出し。
家族同然に信頼しているボンニョの壮絶な過去を知ってから、子供たちでさえ守りたい、支えたい、一人にしたくないって思いやっているのに、ソンファの頭には色恋沙汰の関係しか浮かばないらしい。
すっかすかの貧しい女だわ。
ソンファのことはともかく、ボンニョは夫と息子を殺したイジフンが死んだと聞かされても、目の前に現れたそっくりな男がイジフンではないかと疑い、自分で確かめたいと思い、もし本人なら殺す、と断言。危ない方向に向かってきたわ。

そしてなんとその男は「そうだ、俺がイジフンだ」ってにやりと笑うのよ。
ほんとなの?それともボンニョの反応を楽しんでるだけなの?

実母に父を殺し、義父を誘惑したのはその笑顔のせいだと言われたボンニョ。ボンニョがイジフンと共謀して夫と息子を計画的に殺したと思い込んでいる姑にも「一生笑うな」と言われ、笑顔を封印し、喜びも幸せも未来も消し去ったボンニョ。
そんなボンニョのために涙を流し、同情し、心から案じ、そばにいたいと願う子供たち。
自身も涙ぐみそうになりながら、家族への思いをふりきるように、出ていくボンニョを荷造りして「ママー」と言いながら追いかけていくヘギョルに涙をそそられたわ。
家族の姿から自分が見えなくなる曲がり角に来ると、思わず足を止めたボンニョだけど、ためらいは一瞬で、また後を振り返らずにすたすたと歩きだす。
夫と息子を殺した悪魔への復讐の道に進むために。



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2014   0 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦

怪しい家政婦 9話

子供たちが怪しいポンニョがママが生まれ変わって帰ってきたことでないだろうか疑ってポンニョに幽霊テストをしてみる。 一方、ソンファはハンギョルの学校を訪ねて行ってサンチョルをのがしたくないとしママになるならば受けることができないか尋ねるけれど...

・・・・今回、私にとってのサービスシーンありで大喜びしたわ。慌てん坊でドジな叔母とボンニョがハンギョルの夢の中で入れ替わるのよ。
ジウ姫のコミカルで明るい演技が見られて満足♪
子供たちに頼まれサンチョルを迎えに行ったボンニョを先に帰し、ソンファを選んで時点でソンファは勝ったとばかりにやり。またこの親父はってハラハラしたけど、「やり直したい」って言葉でソンファを一瞬喜ばせた真意は「子供たちの父親としてやり直したい」っていうことだったのよ。ショックを受けるソンファが良い気味だった。
ソンファの転職先の社長として登場したチャンドヒョン。ボンニョは見るなり興奮して突き飛ばし「なんであんたが生きてるのよ」と絶叫。
いつも無表情なボンニョが感情をむき出し、怒りに燃える姿に子供たちもびっくり。
サンチョルも子供たちもボンニョを心配する。可愛いヘギョルまで「私がボンニョさんを守ってあげる」って言うほど。
ボンニョは家族を前に「私の過去をすべてお話します」と言いだす。

ヘギョルことカンジウちゃんの演技力に驚嘆。なんと所長キムヘスク先生の物まねをするんだけど、それが声の調子、仕草がそっくり。天才だわ。


Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2014   0 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦

怪しい家政婦 8話

パパ石をなくしたサンチョルはポンニョにへギョリの演劇を延期させてほしいと命令する。 一方、ソンファはサンチョルにチェ部長に捨てる受けることになって辞表を書くことになったとし助けを乞うけれど...

・・・・・ボンニョは無表情のまま、だんだんおせっかいになっていくわね(笑)
ボンニョ登場で気を悪くして逃げ帰るソンファを追いかけようとするサンチョルの前に立ちはだかって、学芸会に行くのか行かないのか等ボンニョ。
ソンファに「あんたも妻の座を狙ってるんでしょう。私はもうやめたからせいぜい頑張れば?」と言われ「はい、頑張ります」と答え、牽制したり。

それにしてもソンファって相当な悪女ね。サンチョルからエリート部長に乗り換えたものの、サンチョルへの対抗心で相手しただけ、あっさり捨てられるとサンチョルにまたすがるんだけど、みじめには見えても同情はできないわ。
だって結局子供たちの母親が自殺したのはこの女が呼び出して、対決、自分とサンチョルとの不倫を知らせ開き直ったせい。サンファが殺したに等しいわ。もちろんサンチョルも共犯ってことになるけど。
そして子供たちの祖父にそのことを責められても、堂々と「奥さまとは会ってません」と大嘘をつき、「すでに家庭は崩壊寸前。離婚届を持ってましたから」って年上に口答えする傲慢さ。
崩壊してたのはサンファのような悪魔に魂抜かれた情けないサンチョルだけで、母親はあくまでサンチョルをつなぎとめようと必死だったはず。
ボンニョさんが、サンファに天罰を下してほしいわ。

ちょっとおまけみたいなエピソードだけど、所長は祖父と昔、何か因縁があったみたいね。懐かしがる所長に比べ、思い出したくもない様子の祖父。誤解があったらしいけど、所長が、祖父親戚で家政婦をしていたせいで、未だに家政婦を毛嫌いしてる祖父。

日本版は、大人になりきらないまま子供を持つことになった父親の成長と、本当の家族になっていく過程を描いていたけど、韓国版は、子供たちに愛情を持てない薄情な父が本来備わっている父性に目覚めていく過程を描いているわね。
そこが微妙に違うところかな。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2014   0 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦

怪しい家政婦 7話

スヒョクはハンギョルの援助交際問題を解決してくれて自身とのあったこととどんっと打とうと、ハンギョルはバンド部を出ると言う。 一方、ポンニョはポンニョの家族に対して尋ねる4兄弟姉妹に自身が家族を殺して答えるけれど...

・・・・・ボンニョにまつわるエトセトラがだんだん明らかになってきたわね。
それにしても相変わらずダメ父なサンチョル。子供のことより、愛人のことが気になって仕方ない。
ハンギョルが自殺騒ぎを起こしたのはさすがにびっくりして止めてたけど、そこまで。子供たちがパパの石も一緒にしまっておきたい、帰ってきてほしいって願っているのに、まだためらう。
まあそんな資格ないけどね。
今回も胸がすいたシーンがあったわ。
ボンニョさん、言ってくれました。「情けない」「ゴミ」ってサンチョルに向かって言い放ち、最後には背負い投げで叩きつけ、気絶させて救急車で運ばれる騒ぎに。いい気味だったわ。すっきり~。

ハンギョルは父と、恋人と思っていたスヒョクに裏切られ、「お前が生まれたせいで母親は死んだ」という祖父の言葉に絶望してボンニョに「殺して」と頼む。ハンギョルをテープで巻き付け、机に固定し、部屋の外からカギをかけるボンニョ。
「どうして殺してくれないのよ」と言うハンギョルに「本当は死にたくないはず」と心の中を見抜くボンニョ。
ボンニョは一度死のうとしたけど所長に「生きる理由があるはずだ」と止められたと語る。
「私にも生きる理由がある?」と尋ねるハンギョルに「ない」と答え、心配で見守る家族たちを指し「ハンギョルさんが人に愛されてなく、死んだら泣いてくれる家族もいないのであれば、生きてる理由はないです」とその真意を語る。
父や弟妹の存在に思い直すハンギョル。

そうなると弟妹達はボンニョの過去が気になって仕方ない。所長に聞いても「ちょっとアレだから」と笑ってごまかされ、はっきりとはわからないものの「夫と子供を亡くして孤独らしい」というこはわかる。
そこで本人に「なぜ死んだのか」を訪ねると、ボンニョは「私が殺しました」とあっさり答え、皆びっくり。
笑わないのも姑に言われた言葉を気にしてのこと。所長は忘れろというが、ボンニョはとても忘れられない。

いまだに愛人にうつつを抜かすサンチョルのことを祖父が知るところとなる。なぜ最愛の娘が死んだのかも。
ボンニョに真実を確かめると「夫の不倫で絶望して自殺した」と答えるので、激昂する祖父は、サンチョルから親権を奪い取ろうとする。
ところがなんと、サンチョルは逆ギレ。祖父に向かって「今まで子供たちに何ひとつしてくれたことなどないのに、急に保護者ぶるな」って言うのよ。
それを聞いていたボンニョは祖父が手を出す前に、祖父を力づくで止めると、なんとサンチョルを背負い投げするっていうわけ。「後ろに立たないでくださいって言ったでしょう」というのがその理由。

騒動の後、帰宅するボンニョの後をつける男がいる。ボンニョは気配を察し、ビルの屋上におびきよせると、端に追い詰め、クビに手をかける。
男は何者かにボンニョを追放するよう頼まれ、ドゥギョルが見つけた「ボンニョは人殺しだ」という怪文を送りつけた人間だ。
ボンニョは男の背後を知ることになるかしら。



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2014   0 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR