FC2ブログ

[SBS上半期決算①]多事多難だったドラマ、「リターン」の事態に視聴率低調まで

201806290925485755_1_20180630070119288.jpg

2018年SBS上半期ドラマは波乱た。

SBSは月火ドラマで「謎のイルスン」、「キスまずでしょう」、「油性メロ」を披露し、水木ドラマで「リターン」、「スイッチ - 世界を変えなさい」、「フンナム静音」を放送した。 週末ドラマは「ブラボーマイライフ」、「善き魔女前」、「シークレットマザー」の順である。

現在SBSは「油性メロ」、「フンナム静音」、「シークレットマザー」を放送中。 一時ドラマ名家と呼ばれたSBSが、最近では、低調な視聴率と低話題性にやや不満足な結果を生み出している。
201806290925485755_2_20180630070119298.jpg
「リターン」は、序盤話題性の高い視聴率が色あせるほどの過程でピクトた。 コ・ヒョンジョン、イ・ジヌク出演で放送前から話題を集めて「アクベンジョス」という名前でシン・ソンロクポン・テギュパク・ギウンユンジョンフンが熱演した中でコ・ヒョンジョンが中途下車を決めた、初の事態を迎えたこと。

劇中チェ・ジャ役を演じたコ・ヒョンジョンは、撮影中週ドンミン監督をはじめ制作陣との不和で中途下車した。 コ・ヒョンジョンが引っ張っていくことに他ならなかった「リターン」だったので、視聴者たちの衝撃も大きかった。 特にコ・ヒョンジョンと主ドンミン監督の不和に関連ニュースが相次いで伝えられ眉をひそめるようにした。

結局コ・ヒョンジョンは下車し、代替俳優にも関心が傾いた。 これ妊娠5ヶ月だったパク・ジニが緊急投入された。 パク・ジニは、妊娠した体で熱演を見せて視聴者から好評を得た。 しかし、プロセスの失望感姿を見せてくれたせいで「リターン」自体の評価はあまり良くなかった。
201806290925485755_3_20180630070119306.jpg
SBSの上半期ドラマは過程と結果で多少惜しかった。 果敢な試みとしっかりとした作品で勝負していた「ドラマ名家」、SBSが下半期に再び名誉を取り戻すことができるか関心が集められる。

視聴率の面で良い成績をおさめた作品は「疑問のイルスン」、「キスまずでしょう」と「リターン」程度だ。 「謎のイルスン」はエキサイティングな話に支えられユンギュンサンを再発見させた。

「キスまずでしょう」は、成熟した大人の下手な愛を扱った中でカム・ウソン、キム・ソナの感性演技が好評を得た。 しかし、放送後半から退屈になった話で物足りなさを与えた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

"ユヨンソクは撮影中"…孤児・チョンウ・ソンホジュン、'応答せよ1994'チーム一つになった



'応答せよ1994'俳優たちが相変わらずの友情を誇った。

コアラは26日、自分のインスタグラムに"とても良い応射チーム。久しぶりの会合。咸陽(キョンサンナムド・ハムヤン)で撮影中の連席お兄さんファイト"という書き込みとともに一枚の写真を掲載した。

公開された写真の中には一つの場所に集まった'応答せよ1994'シン・ウォンホ監督、コアラ、チョンウ、金ソンギュン、まさしく、ソンホジュン、ドヒの姿が描かれている。

彼らは明るく笑顔を浮かべてカメラを見ている。彼らは2013年に放送されたtvN'応答せよ1994'に一緒に出演した仲。依然としたこれらの友情が和やかさをもたらしている。

Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

本格的なロマンス劇復活は容易ではないね

AKR20180604152300005_02_i_20180605060111078.jpg
本格的なロマンチックコメディ(ロコ)の時代は終わったのだろうか。同様に開始したロマンチックコメディドラマ二編成績が並んでよくない。

5日CJ E&Mとニールセンコリアの5月第4週(5月21~27日)のコンテンツの影響力指数(CPI・下段用語説明を参照)の集計で、SBS TV水木ドラマ「イケメン静音」とtvN月火ドラマ「アバウトタイム」がそれぞれ1上記9位新規参入した。

二ロッコの話題性に比べて視聴率は低調である。

「フンナム静音」は先月31日放送分の視聴率が3.9%-4.1%で、同時間帯の地上波水木ドラマの中で最下位を記録した。

初放送は2位スタートしたが、最下位に墜落したものである。 SBS TVドラマが3%台の視聴率を記録したことも久しぶりだ。

「フンナム静音」は「ギムグァジャン」でコミック演技に水が上がったナム・グンミンと自他共に認めるロコクイーンファン・ジョンウムがドラマ「私の心が聞こえる」以来7年ぶりに再会した作品で、大きな期待を集めた。

しかし、二人の俳優の組み合わせでのみ極を率いて行くには力不足だった。

作品を率いていく大きな事件ず劇中ナム・グンミンが引き受けた剛くん南ファン・ジョンウムが演じる油井音が会っどうのこうのする場面のみが表示されるという評価が後を絶たない。

浮気が真の愛はない財閥南初恋による傷が付いている明るい女性のロマンスも陳腐である。

出産後復帰作で「フンナム静音」を選択しファン・ジョンウムの演技が前作「彼女はきれいだった」と「ウンパルロマンス」と差別化していないとの批判もつながる。
AKR20180604152300005_03_i_20180605060111088.jpg


「アバウトタイム」も似たような指摘から抜け出していない。

「アバウトタイム」の視聴率は初回1.8%、2回2.1%を記録したが、先月29日に放送された4回は1.5%を記録するなど、下落傾向だ。

艶がない財閥南寿命が残り少なくなかったが、明るく生きていく女性が互いに絡み合うパターンは「フンナム静音」と似ている

二人の主人公が出会う過程も偶然の連続だと飽きだという意見が多かった。

异性が演じるチェミカエラが人々の残りの寿命を見ることができる点が、他のロッコと異なる点はあるが、これはまた、外国映画に似ているという指摘を避けることができなかった。

この二つのドラマが苦戦デエヌン各種スリラーとファンタジードラマで視聴者たちの目が以前より高くなって、典型的なロマンチックコメディでは注目を受けることができなくなったのに原因がある。

一方、MBC TV週末ドラマ「別れが去った」は、CPI指数4位新規参入した。

「別れが去った」は不倫、中絶などの話を扱ったが、大引けに感じられるより破格的新鮮という評価を受ける。

3年ぶりにテレビ劇場に復帰したチェ・シラが演じるソ・ヨンヒが出産と育児を接する態度は、単に母性愛だけを強調する「ママの話」とは差別化する。

ソ・ヨンヒのほかギムセヨウン(チョン・ヘヨン分)、ジョンヒョ(チョ・ボア分)が示す母親の姿も既存のドラマでは見ることができなかったという点も好評を受ける。
AKR20180604152300005_01_i_20180605060111097.jpg


KBS、MBC、SBSなど地上波放送3社CJ E&M 6つのチャンネル(tvN・Mnet・OCN・オン・スタイル・OtvN・オリーブ)でプライムタイムに放送されるドラマ、芸能・娯楽、音楽、インフォテインメントプログラムを対象に、人気を把握指標である。

この指数は週間単位でプログラム関連のオンラインニュース登録者数(主要ポータル登載メディア基準)、プログラムを直接検索刺繍(国内主要ポータル6社)、ソーシャルメディアの話題量(ブログ・掲示板・SNS全数調査)の3つの実測データを200点の基準標準点数に換算して算出する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

韓国人が愛するKBSドラマランキング!1位は「太陽の末裔」…気になる2位に選ばれたのは?



「太陽の末裔」が韓国人が愛するKBSドラマ100選で1位に選ばれた。

1日午後に韓国で放送されたKBS 2TV「芸能街中継」では、「韓国人が愛するKBSドラマ100選」の1位が発表された。ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョカップルを誕生させた「太陽の末裔」が見事1位に選ばれた。

2位にはソン・スンホン&ソン・ヘギョ主演「秋の童話」、3位はペ・ヨンジュン&チェ・ジウ主演「冬のソナタ」、4位にはパク・ボゴム&キム・ユジョンの熱演が印象的だった「雲が描いた月明り」が選ばれた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

5月、ドラマ、大田(テジョン)、どんぐりの背比べ


MBC月火ドラマ'剣法男女'-水木ドラマ'こっちへ来て抱きしめて'-SBS週末ドラマ'シークレットマザー'-水木ドラマ'イケメン正音'(左上段から時計回りに)。写真提供|HBエンターテインメント・イマジンアジア・SBS・モンジャクソ

5月のお茶の間劇場を新しいドラマで満開した。しかし、いざ出演する演技者たちの顔は明るくない。視聴率で、これといった成績を出せずにいて'豊かさの中の貧困'のような状況だ。

5月に放送を開始した月火ドラマではMBC'剣法男女'とSBS'肥えたメロ'があり、水木ドラマはMBC'こっちへ来て抱きしめて'とSBS'イケメン正音'だ。週末ドラマの中ではSBS'シークレットマザー'が19日から放送中だ。ケーブルチャンネルtvNは月火ドラマ'止めたい瞬間:アバウトタイム'(アバウトタイム)と土日ドラマ'無法弁護士'をそれぞれ21日と12日から流している。

新しくスタートした計7本のドラマが視聴者たちを探しているが、視聴者たちの視線を確実に虜にしていない現実だ。ある一編独歩的な作品がなくて互いにどんぐりの背比べをするように似たような数値を続けている。

大半のドラマが視聴率4~6%台で止まっており、'アバウトタイム'1回は1%台を記録した。これは1%台の視聴率が気まずくないほどよく現れている。

先立って、今年度放送したMBC'偉大な誘惑者'とtvN'詩を忘れた君に'、現在放送中のOCN'ミストレス'も1%台の屈辱を迎えた。

2018052609345615a.jpg
SBS月火ドラマ'肥えたメロ'-tvN土日ドラマ'無法弁護士'-月火ドラマ'アバウトタイム'(上から時計回りに)。写真提供|SM C&C・tvN

時代の変化によって'本邦死守'よりスマートフォン市役所やVODサービス(再表示)、ダウンロード、再放送などの利用率が急増したとしても、1%台の視聴率は多い名残惜しさを残す。特に、現在放送中のドラマは出演者たちの面々と多様なジャンルで視聴者たちの目を楽しませる要素が多い。

出産後2年ぶりに'イケメン正音'に復帰したファン・ジョンウムと連続ヒットを記録したナムグン・ミン、'無法弁護士'イ・ジュンギ、'剣法男女'はベテランチョン・ジェヨンの存在感が目立つ。'アバウトタイム'李相允(イ・サンユン)とイ・ソンギョンは9歳の年の差が感じられない調和で新鮮さを増している。

ジャンルでも'剣法男女'は再び登場した法廷水、'肥えたメロ'と'イケメン正音'はロマンチックコメディーに愛のぬくもりと笑いを同時に抱かれる。'無法弁護士'は悪に対抗して正義を具現する痛快な話で視聴者の視線を引いたり十分であり、'アバウトタイム'はファンタジー物で想像力を刺激する。'こっちへ来て抱きしめて'と'シークレットマザー'は緊張感を高めるミステリーの内容が興味深い。

地上波放送局ドラマ局のある関係者は"視聴者のライフスタイルの変化によってドラマ視聴方法が多様化したと言うが、数値で表れるのに対して敏感ざるを得ない。視聴者の視線をつかむために、自主的に努力を傾けるしかない"と話した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR