FC2ブログ

パダムパダム 20話(最終回)

愛と奇跡に満ちた日々。

Γ母さんと俺はラブラブなのさ」荒っぽいけれど、無条件に手放しで、体をはって息子を守り愛してくれた母との、最初で最後の親孝行旅行。
豪華ホテルの一室でガンチルは静かに告げる。

Γ母さんに苦しむ姿を見せたくないから、ジナさんと江原道に行く。」
お前の看病も疲れるからね、そうしてくれると助かる。と強がりを言って送り出してくれる母。


ジナにも別れを告げる人はいた。今ではガンチルとジナの最大の良き理解者、元彼だ。別れたら戻ってこい、ちゃんとふってやるから。逆説的な激励を受けてジナは旅立つ。

ジナは村の動物たちを診察し、ガンチルは農家の修繕や大工仕事をして牧歌的な暮らしを楽しむ幸せな二人だけの日々。

けれど確実に病魔はガンチルの体を蝕んでいる。時には痛みのあまりに痙攣を起こし、ジナに看病してもらう果てしない夜もある。

刻まれる命の残りをいとおしむように、ガンチルは想い出に浸りながら、出会った人々の木像を彫り続ける。
ジナにプロポーズした指輪も木製。て彫りのお人形のペンダントを添えて。
Γダイヤモンドなんて壊れないものを指輪に使うから、愛は壊れるかもしれないと気付かない。木なら愛も大切に扱える」そんな想いを込めた指輪。

いつか消えてしまう命だから懸命にがむしゃらにすべてを掛けて愛し合えるのかもしれない。


自分のためを思って泣くのを我慢している母や、自分のために尽くしてくれたグクスや、アメリカの実の父のところにいても自分を片時も忘れず、相変わらず父と慕ってくれるジョンや、そして美しすぎる大切な人、ジナ。
それらの人の存在こそが奇跡なのだとグクスに話すガンチル。
ガンチルの病気を治せなかったことで、奇跡なんかない、天使なんかじゃない、と嘆くグクスに、今生かされていることだけで幸せなんだ、奇跡じゃない瞬間なんてないんだとガンチルが悟ったことを告げた瞬間に
グクスの背中に大きな真っ白な翼がはえる。

ガンチルが奇跡の質問に正解したかのように。

もう、眠たいから寝るよ、そう言ってグクスとの電話を切るガンチル。
次のシーンては、ジナが一人でメールを打っている。
ひよっとして、ガンチルは既にいなくなってしまったのかとどきどきさせておいて、次の瞬間、雪の中で遊びたいと、ジナにせがみ、駄々をこねるガンチルが登場。

真っ裸に毛布だけかぶったガンチルがジナと雪の原で、ふざけながら走り回るシーンでラスト。
今この瞬間を確かに生きる喜びに満ちたガンチルがの姿で物語は終わりを告げた。

天啓のようなまばゆい光を浴びたガンチルは、病気を克服することができるのか、それとも神からの迎えが近いことを暗示したのか、余韻わ残して。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2012   2 comments   1 trackback
Category :ドラマ感想・パダムパダム

お疲れさま、、

終わりましたね  犯人のチョンガルを逮捕するところで終わるのかと思っていました。
でも最後の1話は十分 ガンチルの家族の愛情たっぷりな しあわせな場面でした。
オンマに買ってあげた花柄スカート 二人だけの旅行 これが最後になるかもしれない短い時間だけど ガンチル親子の想いが十分伝わってきました。
ジナもジナ父との穏やかな会話、、
ガンチルもジョンに会いたいと素直に泣く場面は本当の親子以上

ジナとのしあわせな生活の中に 痛みが襲ってくる恐怖の時間
つらい時間です、でも精一杯生きようとするガンチル

ガンチルの明るく笑う顔と苦しみに泣く顔 
見事に使い分けた彼に拍手v-424

2012.05.26 22:16 | URL | ユイユイ #- [edit]
ユイユイさん(*^_^*)お疲れ様です。

コメントありがとうございます。

このドラマ、何が良かったって、チョンウソンしとキムボム君、ハンジミンちゃんと主演三人が綺麗なことはもちろん、ジョンやジミンちゃん元カレ、チャンゴルにいたるまで、ビジュアルが水準以上の、それこそ奇跡のような、美しいキャスティング。
ちらっと映った、ウソンし兄の回想男子もなかなかイケテましたね。さすがウソンしと兄弟役、と納得でした(*^^)v

不思議で現実離れしたファンタジーと超リアルな収監場面、暴力場面が散漫にならず、うまく一つの物語に集約され、テーマの奇跡のような瞬間の連続っていう結論に導かれてましたね。

脚本の力もありますが、何といってもウソンしの熱演、ジミンちゃんとボム君の透明感、清潔感のある演技が最後まで見る者を惹きつけてくれたのではないでしょうか。

今まで見たことのないような稀有な名作でした。
時折このような名作に巡り会うから、韓ドラ視聴はやめられない。

評判いかんにかかわらず、恐れずどんどんこれからも視聴していきましょう(*^_^*)
2012.05.26 23:48 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/986-ec2bf7eb
愛と奇跡に満ちた日々。Γ母さんと俺はラブラブなのさ」荒っぽいけれど、無条件に手放しで、体をはって息子を守り愛してくれた母との、最初で最後の親孝行旅行。豪華ホテルの一室で
2012.05.26 14:06 まとめwoネタ速neo

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR