FC2ブログ

最高だ、イ・スンシン 27,28,29話

自分が家の子じゃない、ソンミリョンが実母だと知り、ショックを受けて一度は家を出るスンシンだが、結局自分の居場所は母のところだと悟り、母の胸に戻ってくる。「私は姉さんたちの妹で、おばあちゃんの孫で、母さんの娘よね。今まで通り、何も変わってないよね。今までと違う態度したら許さないんだから」泣きながら言うスンシンの言葉を、母も泣いてうなずいて懐に抱きしめてやる。
思い詰めてやってきたミリョンは、その母子情愛あふれる光景をまのあたりにし、声をかけられず踵を返して去っていく。

けれどスンシンの心の内がわかったわけではないし、理解しようともしない。
スンシンが育った貧しい環境から救い出してやるつもり。大女優の自分が引き取った方が、絶対に幸せになるとひとりよがりな考えに固執している。

ジュノはミリョンが隠し子の公表をし、マスコミが家に押しかけたことで、ミリョンとマネージャーに苦言を呈するが、プライベートなことは口出しするなと言われ、きつくも言えない。
とりあえずスンシン家の前に集まるマスコミには「今後は事務所を通すように」と、勝手に写真を撮ると訴えると強い態度に出て、マスコミを撃退。

ミリョンはスンシンのご機嫌をとりながら、なんとか気持ちを自分に向けさせようとするが、相変わらず硬い態度のスンシン。自分の母は今の母だけ、二度と現れないでとミリョンを拒絶。

ミョンフンはスンシンが騒動に巻き込まれていることに心を痛め、食事をごちそうする。二人が楽しげに会話しながら食事する光景を、外から見かけたジュノは、声をかけたいが、かけられない。今はガラスの向こうを見守るだけしかできない。
そこへやってきたヨナは、ミリョンもジュノもスンシンに取られそうな焦燥感から、お酒を飲んで酔っていたが、面白いものを見つけたとでもいうように、ジュノが止めるのも聞かずお店に入り、スンシンに皮肉を言う。

待っていても自分のもとにやってこないスンシンに業を煮やしたミリョンは、大金を持ってスンシン家に押しかける。
「今まで育ててもらってありがとう。お礼を差し上げます。スンシンは私が引き取ります」
あつかましい申し出にあきれるスンシン母は「捨てたくせに今更」と吐き捨てるが、「捨てたんじゃない、チャンフンさんが無理やり連れ去った」と開き直る。
そこへ激怒したユシンが乱入、「これっぽっちのお金じゃ足りない、この千倍持ってこい」と怒鳴り、加勢を受けてスンシン母も「スンシンは私の娘。今更母親面しないで。私の家から出て行って」とミリョンを追い出す。

スンシンは家族の態度からミリョンが来たことを知り、テレビ局にいるミリョンに抗議に行く。
するとそこにやってきた記者がスンシンが娘だとわかると、インタビューしたいとカメラを向ける。
断るスンシンだが、ミリョンに押し切られ、並んでインタビューを受ける羽目になってしまう。
ご機嫌で娘を紹介するミリョンの横で、押し黙ったまま怒った表情で座っているだけのスンシンだが、その放送は世間とスンシン周囲に波紋を呼ぶ。

スンシンは仕方なくインタビューを受けたが、絶対に放送しないよう止めてとミリョンに頼む。が、ミリョンが止めるはずもなく、そのまま流れてしまい、それを見た家族はショックを受ける。
が、友人やカフェの仲間たちは突然大女優の母親が現れたスンシンのシンデレラストーリーに興奮、皆うらやましがる。

何かとスンシンを気遣うミョンフンはミュージカルに誘う。ミョンフンには素直なスンシンは会社面接の帰りに一緒にミュージカルを見に行くことにする。
それはジュノが協賛しているもの。スンシンを誘いたかったが電話に出ないので、あきらめていたジュノの前にミョンフンと現れたスンシンを見て、びっくり。またも二人の楽しそうな様子に面白くないジュノ。

スンシンが女優志望だとマスコミが知ると、母子出演依頼が殺到する。ミリョンはスンシン母に電話して、承諾を受けて出演を決めたいと言う。
今までと違い、一方的ではなく、穏やかに「スンシンは本当は女優になりたいはず。家族に遠慮してるんじゃないか。母として親らしいことをしてやりたい。」と言うミリョンに、心当たりがあるスンシン母は拒否できない。

スンシンが夢をあきらめやり直すために捨てた台本やUSBを拾い、スンシンの練習姿やMVを見たスンシン母。スンシンが映像の中でいきいきと輝いているの姿に見とれ、綺麗だと思い、本当は女優が向いているのではないかと考え始める。

スンシンに「ミリョンのもとにいって、女優の道を進んだら?」と言うが、スンシンは「私が母さんの本当の子じゃないから捨てるの?父さんとあの人の子だから追い出すのね!?」とショックを受けて興奮して家を出ていく。
その足でミリョンと映画監督との打ち合わせ場所に言ったスンシンは、映画出演を断る。
あの家に遠慮してるだけでしょう、本当は女優の仕事がしたいんでしょう、というミリョンにスンシンは、連絡してこないでときっぱり告げる。

家にも戻れず落ち込むスンシンの携帯に、ミョンフンから誘われていた社員旅行への念押しメールが届き、集合場所に急きょ合流する。
店長に会いたかったからというスンシンに喜ぶミョンフン。
電車の中で席を外したスンシンの携帯にジュノから連絡が入る。代わりに出たミョンフンは思わせぶりに、二人で一泊旅行に行く途中だと説明。焦ったジュノは慌てて現地に行くことにする。

旅行のキャンプ地で、働いていた時とはうってかわって、スンシンにこびる社員たち。今や有名人になったスンシンと写真をとろうと、周囲に殺到。困惑するスンシンは誰かの携帯をはたきおとしてその場を凍りつかせ、その場を逃げていく。
追いすがるミョンフンにスンシンは雰囲気を壊してごめんなさい、と謝るが、「何かあったんだろう、話してみて」というミョンフンの優しさに、涙があふれてくる。
「自分が嫌いで情けない。自分が何者かわからないし、何がしたいのかも見えてこない。私なんか生まれてこなければよかったと思って」とせきが切れたように号泣しながら、激白する。
ミョンフンはスンシンを優しくハグして慰める。ミョンフンの胸で泣き続けるスンシン。

そこへスンシンを探しにやってきたジュノが到着。二人の親密な姿を見て衝撃を受ける。

・・・・出生の秘密もだけど、いよいよジュノがはっきり嫉妬する様子を見せて、面白くなってきました。
ジュノはとっくの昔にスンシンに片思い始めてるけど、自分のことで精いっぱい、それどころじゃないスンシンはいつジュノに気持ちが向かうのかしら。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2013   0 comments   0 trackback
Category :最高だ、イ・スンシン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/9325-b35969f7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR