FC2ブログ

最高だ、イ・スンシン 23話

全てを打ち明けようと、病院の玄関から入ってくるスンシンめがけて早足で歩み寄るミリョンを、駆けつけたマネージャーとヨナが両側から抱え、病室に連れ戻してしまう。
引き離され悲痛な表情でスンシンを振り返りながら引きずられていくミリョンを不思議そうに眺めるスンシンにはわけがわからない。

マネージャーはミリョンの軽率な行動をいさめ、ヨナは心配からあれこれ話しかけるが、興奮気味のミリョンはヨナに声を荒げて出て行ってと叫ぶ。驚くヨナ。

スンシンは引継ぎが終わったので、近々カフェを辞めるとミョンフンに告げる。ミョンフンは名残惜しそうに「次の道がみつかるまで来たらいい」と言い、公園に散歩に誘う。二人を見かけたジュノは気になって後をつける。
「お芝居の稽古に夢中だったときはきらきらして可愛かった」と言うミョンフンにスンシンは笑顔。自分にもそんな輝ける日があったこと、それをちゃんと見ていてくれた人がいたことが少し嬉しい。楽しそうに話す二人を見てジュノは陰から嫉妬。

スンシン祖母は息子の不倫相手、スンシンの実母が誰か知りたくてしょうがない。嫁のジョンエに聞いても忘れたいからと教えてくれず、二人きりになろうとハイキングに誘うが、母の窮地を察したヘシンと何も知らないスンシンがついていくと言う。4人でお弁当を持ってハイキングすることになる。目論見の外れた祖母。

ヨナはミリョンに怒鳴られたショックから、「私は一体ママのなんなの?」と問い詰める。娘だとなだめるミリョン。そこに、ジュノがやってきてミリョンに体調を尋ねる。ヨナが所属タレントの管理がなってないと責任を問うために呼んだという。
ミリョンがジュノにまず尋ねたのはスンシンのこと。「あの子はどう?」と聞くミリョンに「もうやめました。あなたの願いがかないましたね」とミリョンがスンシンのデビューへの道をことごとく邪魔したことをジュノは皮肉る。

ヨナはジュノに話がしたいとカフェに誘う。「近頃のあなたは変。私を手に入れるために賭けまでしたじゃない。いつでも私の好きにできる人だと思ってたのに。もしかしてあの子のせい?」とジュノの本心を問うヨナに静かな口調でジュノは語る。
「誰だって心変わりする。賭けに利用したことを悪いと思わないのか。君ならどうだ。僕は彼女に償いたいだけだ」。

一人ぼっちで食事をとっていたミリョンは孤独感に襲われ、ふらふらとスンシン父と再会した山に出かける。
そこでスンシン一家とすれちがい、スンシンに声をかけられる。不審そうに見る祖母の視線を避けるようにして別れるミリョン。

ジュノはスンシンを追い回すことはやめ、どうしたら誠意を示せるか真剣に悩んだ末、ジョンエを呼び出す。
またスンシンのことでいろいろ言われるかと警戒するジョンエに、ジュノは最後にひとつだけお願いがあると切り出す。
「スンシンさんは、お芝居の稽古の時、本当に楽しそうでした。僕にはそう見えました。そのことをわかってほしい。僕の手元でなくていいので、どうか彼女が演技の道に進めるよう、後押ししてあげてほしい」とジョンエに頼む。

祖母は息子の親友を問い詰めスンシンの実母が、かつて息子との仲を反対し別れさせた息子の初恋の女であることを確かめる。その女が今や大女優のミリョンであること、同じ町内に住むことも聞き出した。
ジョンエからその女はスンシンを捨てたまま、もはや引き取る気などないことを教えられ、憤りを感じミリョン家に押しかける。

高圧的なミリョンの態度に逆上した祖母。「今も昔も高慢で薄情な女だ」と怒鳴り散らし、「あなたが彼との仲を反対さえしなければこんなことにはなっていなかった」と反論するミリョンに口でかなわなくなった祖母はミリョンの髪の毛をつかんで大暴れ。
マネージャーにつまみ出される。慌てて迎えに来たジョンエとヘシンに家に連れ返される祖母は、「謝罪の言葉もなかった」と怒り、息子に裏切られたジョンエを憐れむ。

スンシンを忘れ去るべきか、真実を打ち明けるべきか、迷い苦悩していたミリョンは、祖母が押しかけて暴れたことで、決心をつけ「何もかも暴露する。」と言いだす。女優生命が終わると心配するマネージャーに「そんなことにはならない。あの子をあの家から連れてくる」と宣言するミリョン。

・・・・ただ祖母への復讐のためにスンシンを連れ出そうとするのか、自分のイメージアップのためにスンシンを利用するのか、母の情がわずかでもうずくのか、「いつまでも独身だからひねくれるのよ」と親友にののしられたこともひっかかっていたのか、スンシンをものみたいに自分勝手に振り回そうとするミリョン。
何も知らないスンシンがまたひどいめにあって傷つくことになるわ。
今度こそジュノが守ってあげられるかしら。








スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2013   0 comments   0 trackback
Category :最高だ、イ・スンシン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/8909-5b55eabe

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR