FC2ブログ

少女サムセン 119話

ジソンは会いに来たサムセンに「グモクと一緒に留学に行く。だから待つな」と告げる。意外な言葉に耳を疑うサムセン。「なぜグモクと?」と思わず尋ねると「僕が出られたのはグモクのおかげだ。二人とももうここでは暮らせない。だから一緒に行くことにした。結局僕の運命はグモクだった。サムセンも僕のことは忘れて新しい道を歩いて」とジソンは説明。
サムセンは衝撃を受けながらも「一人より二人で行く方が安心だわ。気を付けて、元気でね」と涙をこらえ笑顔で別れを言うが、振り向いた途端顔をゆがめ、泣きながら去っていく。サムセンの後姿を万感の思いを込めて見送るジソンもまた涙ぐんでいた。二人が育みかけていた愛は、粉々に砕け散った今も、青春の美しい思い出として記憶にとどめることができるだろうか。

グモクを行かせることには反対のポン院長だが、「3年前は私が折れたから、今度はお父さんが折れて」「それに私がこの家にいたらサムセンが暮らせないでしょう」と説得されしぶしぶ承諾。
ぼんやりと庭のベンチに腰かけているサムセンに「許しをもらった」とグモクは報告。サムセンは「ジソン兄さんと一緒に行くんだってね」と聞いてみる
。実はグモクがジソンに頼まれたのは、一緒に留学するとサムセンに口裏を合わせてくれということだった。ウソをつくのは嫌だというグモクに、「そうでも言わなければサムセンはいつまでも僕を待つ。サムセンが待っていると僕が自由になれない」と頼み、グモクはサムセンのためならと承知。

そこで「ええ、そういうことになったの」とウソをつく。「じゃあ、兄さんもパリに行くのね」と納得するサムセン。

ユニは母にチャンシクとの結婚を反対され泣いていた。サムセン母が問題だと怒るジソン叔母。「あの人のせいで二人も犠牲になった。」と、絶対に許さないと怒る。そこでサムセン母も息子の意を汲んで「もしかした私のせいで反対するの?」と説得にやってくる。「あんたは死神だ。」とののしるジソン叔母に「私は田舎に引っ込むから、安心して」というサムセン母。

グモクとサムセンはすっかり仲直り。サムセンはグモクに縫ってもらったワンピースをまだ大事に着ていた。
あのときは本当に感動した、と打ち明けるサムセンに「事実を知らなければ友達になってたかも」とグモクも言い、サムセンは「友達にはなれなかったけど、姉妹になれたから嬉しい」とにっこり。

そんなサムセンにウソをついていることが心苦しく、グモクは真実を告げようとするが、押しとどめるサムセン。今更ジソンがグモクと一緒に行こうと、行くまいと、もうどちらでもいい。ジソンが自分を遠ざけたい気持ちはわかったから。

グモクは二人でやりたいことがある、とサムセンに教えてもらいながらポン院長のために料理を作る。
二人の娘に囲まれ、喜んで食べる院長。平和な食卓。そこへサムセン母から電話。
とたんに顔がこわばるグモクは緊張しながら家の外に出て、「何の用?」とサムセン母に尋ねる。
「外国に行くんだって?元気で行ってきて、病気するんじゃないよ。それだけ言いに来ただけだから」と告げる。
わかった、と振り向きもせずすたすた家に入るグモクをサムセン母は振り返り、心の中で「父親の分も幸せになれ」と祈るようにつぶやく。

グモクが旅立つ前の記念撮影か、ヘジュも入れて4人で和やかに写真を撮ってもらうポン院長たち。

院長は土地を取り戻し、ギジンの残したいくばくかの遺産はグモクに渡る手続きをする。
土地の権利書をサムセンに見せ、やりたいことがあると夢を語る。東洋医大を作りたいのだという。大学の教授に相談して協力するサムセン。

5年後空港に降り立つグモク。ジソンと一緒に帰国したらしい。

ドンウが院長に呼び出され、ポン製薬の社長になってくれないか、と頼まれる。ドンサム製薬を合併すればいいと言われるが、自分で興した会社を守りたいと、断るドンウ。
断られることは覚悟だったが、もうひとつ尋ねたいことがあるという院長。

院長に何を言われたのか、考え込むドンウの前に現れたサムセン。ドンウはサムセンに「俺が昔プロポーズしたとき、俺に何を言おうとしていたんだ?」と尋ねる。
今こそあのときの答えを告げるチャンスがやってきたサムセンは、果たしてどんな言葉をドンウにかけるのか。

・・・・・なんだか丸く収まってますけど、結局ジソンもグモクもサムセンを苦しめたことを謝らないままね。
それどころか、当たり前みたいにポン医院に居座り続けたグモク。自分がいたらサムセンが暮らせないからと、留学するのはいいとして、一度でも本当の実家、サムセン母の家に行ったらどうなのかしら。
相変わらずサムセン母には薄情な態度。何が許せないの?仮にも産んでくれた親でしょう。

サムセンをあきらめさせるためか、運命はグモクだったと言うジソンだけど、本心かも。心がきれいでまっすぐで明るくてまぶしいサムセンは自分とは釣り合わない、と思い知ったのかもしれない。
ずる賢くて冷淡同士のジソンとグモクがしょせんお似合いなのね。

ずっと負い目を感じるジソンより、本当にサムセンを幸せにしてくれるのは頼りがいがあって男らしいドンウの方ってことで、この物語は終わるかしらね。





スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2013   10 comments   0 trackback
Category :少女サムセン

いよいよ、あと1話
後半にきての、納得できない内容だっただけに、最終回は、期待せずに見たいと思います。
長いドラマですと、どーしても途中、これいる?っていうエピソードが、つきもの、サムセンも、院長と、ファン先生にドンウと、ジソンが武術を習うくだり…や、ジソンが山にこもる所、これいる?と、思ったのは私だけでしょうか?まだまだ、あるけど^^;どこへ向かいたいの?と迷走してるように思えました。これいれるのなら、もう少しサムセンの医術のエピソードをいれて欲しかったと、思いました。
ファン先生から、すごい武術を習ったわりには、後半サムセンも、その武術を発揮する場面もなく…(石とかなげちゃってるし…)
後半は、漢方医の道ではなく、サスペンスな道に変わっちゃっし(笑)と、全体にツッコミどころ満載でしたね。サムセン役のアルムちゃんが可愛くて、途中はらはらドキドキさせてもらったことは、楽しかったけど、ほんとモヤモヤが、残るわ〜(ーー;)

2013.09.14 08:10 | URL | michikaeru #- [edit]
メッセージをどうぞ
2013.09.14 13:52 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
まりあんぬあしゅー様

昨日は、失礼致しました。みなさんと同じく私もかなりヒートアップしたコメントを送ってみたのですが、なぜかダメで・・・。少しタイムラグがありますがつたないコメントを寄せさせて頂きます(^O^)/

>みなさんお忘れのようだけど、サムセン父の死の真相。容疑者死亡のまま捜査は終了?ギジンの死に免じてサムセン兄は訴えを取り下げたか。あまりにもあっけない、ありえなーい(・・;)
2013.09.14 14:00 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
あと、ずれてるとこ~極悪人ギジン亡きあと性悪グモクが娘として冷たく反抗的だった過去を悔やんで泣きじゃくるシーンなんて視聴者は(私!)ノーサンキュー(>_<)/~~っす!続いて、なにあれ?118話の冒頭シーン!「追悼~ギジンssi、さようなら!故人を偲んで~」風な雰囲気かもし出してましたが違うだろっ!何を偲んでるんすかぁ?!アンビリーバブル(☆。☆)それよりサムセン父の死を悼みましょうよ!!このドラマってほんと善と悪が逆転してますからモラルがおかしくなりそうでこわいわーっ(>o<")
ぜーったい!お子様には見せないで下さいませねーっ(^_-)
2013.09.14 14:07 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
なんか、ちょっとずつしか送れません。コマ切れ送信をお許し下さい

>いつもでたっても使用人扱いのサムセンがみじめすぎて悲しいわ(;O;)
 サムセンも周囲に遠慮しないで、堂々と胸を張って生きてほしい。

ひょっとしてこの脚本家はタイトルを「少女グモク~デザイナーへの道」とつけたかったんじゃないかと勘ぐるぐらいにグモクびいきでサムセンを大事に扱わないですよね(>_<)ほんとにサムセンはいつまでたっても奉公にきた女の子色きえないしあれだけ悪事を働きながら相変わらず立ち位置は"グモク上↑"でしょっ(^^ゞ想像通りサムセンに「ごめんなさいっ」と涙する(出来れば嗚咽がベスト!)シーンなんてなかったしやっぱりって感じです!まっ、今さら鉄の悪女グモクが涙ながらに詫びても感動しないですけどねっ!(ギジンで体験済み(^^)v)

まりあんぬあしゅー様、お疲れ様でしたぁ!ラスト1話です~!
感想を楽しみにまってまーす!(^O^)/

2013.09.14 14:10 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
まりあんぬあしゅー様

どうも、いつものように送れず、少なくするとOKなのでお読み苦しいかと思いますが、お許し下さい。そんなこんなでコマ切れ送信していると変なことになっておりました。次に送るコメはタイトル「遅ればせながら」のコメントに続くコメの冒頭です。

2013.09.14 15:24 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
119話をすでに見終えてもやはりここには触れずにはいられません。
うーんっ(=_=)もうこれは、脚本家のセンス、倫理観を疑ってしまいますねーっ。ドラマを通して視聴者へ意味のあるメッセージを送るのも彼らの重要な使命だと思うんですが・・・σ(^_^;)?
2013.09.14 15:29 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
追伸:この度は、読み苦しくてすみませんっm(_)m
こちらのシステム障害(?)かもしれません
(ギジンの怨念!?まっさかぁー(^_-))
2013.09.14 15:35 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
michikaeru 様(#^.^#)コメントありがとうございます♪

あまり期待しない方が落胆も少なくて済みますよね。

>ファン先生から、すごい武術を習ったわりには、後半サムセンも、その武術を発揮する場面もなく…(石とかなげちゃってるし…)
本当ですね。
ジソンが猿まがいに山籠もりをしていたのには、笑ってしまいました。
あのままだとラブコメだったのに。

確かにヒロインの活躍場面が少なくて、私も大好きなアルムちゃんが可哀想でした。
女優としては感情表現の豊かなグモクの方がやりがいがありそう。
演じるならジソン叔母やサムセン母も面白そう。

脇役も芸達者なみなさんだっただけに、作品の支離滅裂な仕上がりが残念で仕方ありません。
2013.09.15 00:07 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]
nanisa様(#^.^#)コメントお疲れ様でした。

どうして続けて長文が送れないのでしょう(・.・;)困りましたね。

>ギジンの怨念!?まっさかぁー(^_-)
まさかとは思いますが。。。(笑)

苦労して感想を送ってくださってありがとうございます。

因果応報というか、悪いことをしたら何らかの罰を受けなくては現代社会では通用しないと思うのですけど。
今や「倍返し、10倍返ししてやる!」という時代ですものね。

人を傷つけ苦しめても謝らなくてもOKなこのドラマ、ご指摘のように、お子ちゃまにはとても見せられませんね。不道徳ですもの。

グモクが当たり前みたいにポン医院に君臨している様子は、見るに堪えません。
サムセンも卑屈な子ではないのですが、いつまでもグモクの引き立てのように、日影で満足しているのが歯がゆいです。

どうかアルムちゃん@サムセンがきらきらと輝ける最後でありますようにと祈るような気持ちです。
2013.09.15 00:46 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/8495-394c4fdf

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR