FC2ブログ

少女サムセン 117話

ここのところの展開に不満な私。今日の回は特にずっと腑に落ちない気持ちで視聴。
毒舌感想になってますので、ご注意ください

グモクを追い出すとは何事!?と逆切れしたギジンは局長から奪ったピストルを取りだし、院長に向け「道連れにしてやる」と引き金に指をかける。とっさに院長をかばうサムセン。グモクはギジンにとりすがる。発砲された弾はグモクの肩を貫通。くずおれるグモクに「グモクー!」と声をあげ駆け寄る院長。その声で我に返るサムセンとヘジュも驚愕と恐怖の呪縛からとき、グモクの元へ向かう。
手当てを試みる院長とグモク。グモクは苦しい息の下からギジンに「もうやめて、これ以上やめて」と祈るようにつぶやく。
大事なわが娘、他人と取り換えても贅沢な暮らしをさせてやりたかったはずのグモクをわが手で撃ってしまったギジンはというと、皆がパニックになるなか、グモクの容態も確認せぬまま、そっとその場を逃げ出す(!)

チャンシクと交際していたことがついに両方の親に知れてしまったユニは、母に監禁される。一方のサムセン母は金持ちのユニをつかまえたチャンシクを「よくやった」とほめていた。これで自分の一生は安泰とばかりチャンシクに結婚に持ち込むよう発破をかける始末。

グモクがギジンに撃たれたという知らせはほどなくジソン宅にももたらされる。衝撃を受けるジソン母と叔母。初恋のギジンが「どこまで罪を重ねるのか」嘆き悲しむジソン叔母。そしてようやく部屋から出られるようにまで構築しはじめたジソンもまた、ショックを受ける。

ユニをぜがひでも嫁にしようとユニにご飯を進めご機嫌をうかがって取り入っている最中の、のんきなサムセン母にもジソン叔母から事件は伝えられる。

ドンウに電話をかけグモクの容態を聞くギジンは、ドンウから「命に別状はない」と聞き、ほっとする。「グモクに会いに行かないのか」というドンウに「捕まりたくないからな」と往生際の悪いギジン。

グモクが入院する部屋を訪れた院長。ヘジュがつきそっている。グモクは「おじさんを許して」と泣いて謝る。安心させるように幾度もうなずく院長。

殺人未遂の事件が起きていながら、誰も警察に通報するものがいなかったらしい。ふらふらと歩き回るギジンは、意を決した様子でポン医院を訪れる。
院長に頭を下げるギジン。「昨日はどうかしてました。すみませんでした。許してくれとは言いません。どうかグモクをよろしくお願いします」と謝罪。苦虫をかみつぶしたような表情の院長。
「娘たちから離れてくれ」とだけ言うとギジンも「もう離れようと思ってました」と答える。

院長宅を出るとサムセンと出会うギジン。サムセンは呼び止める。「グモクに会わないの?」。「どうして僕を呼び止めた。僕が憎いはずなのに」とギジンが問うとサムセンは「社長が私に言いたいことがあると思って」と言う。「ああ、そうだ。お前にも会いに行こうかさんざん考えた。でも会わす顔がなかったんだ。すまなかった。許してほしいとは思わない。ただすまなかった。罰を受けるから」と静かに謝るギジンに「自首するってこと?」とサムセンは言うが、頭を横にふるギジン。

サムセン母がグモクを見舞うが「追い返して」とヘジュに言い、顔を見るのもけがらわしいとでもいうように、背中を向ける。ギジンの堕落した姿を見ても反省の足りないグモク。たとえどんなに卑しくても、自分を産んでくれた母に親とも思えぬ仕打ちをいまだに平気でする。

病院前ですれ違ったギジンとサムセン母。「グモクに金をせびるんじゃないぞ。そんなことをすれば許さない」と宣告するギジンにサムセン母は「そんなこと絶対にしない。全部私のせいだと思えてならない。私が全て悪かった」と懺悔する。
ギジンとサムセン母のゆきずりの悪縁が産んだ悲劇。サムセン母が浮気さえしなければ。
けれどそんなふしだらな生まれのグモクが身代わりとしてサムセンのそばにいかなければ、ひょっとしてサムセンは元気にならなかったのだろうか。本当にグモクのおかげでサムセンは生き返ることができたのか。

グモクと対面するギジン。哀れな父。自分のため、自分を幸せにしようとして殺人者にまで落ちぶれ果て、手を汚して罪に罪を重ね、あまりに多くの人を傷つけ運命を狂わせた大罪人の父。
グモクは「一緒にパリに行こう。私のためにこんなことになった。一緒に逃げよう」と泣きながら訴えるが、ギジンはかぶりを振り、その申し出を断る。

ギジンは自分なりに皆に別れを告げ、サムセン父の墓前に向かう。サムセン父の魂に許しを乞い、取り出したお酒をを飲み干す。
そしてゆっくりと倒れていく。
サムセン父を殺害した毒を自分も飲んで罪を償ったつもりで死んでいくギジン。ただ罪から逃れただけの、卑怯な最期を選んだ最低のギジンの死。

・・・・皆の想いがグモクをいたわる方向に流れた展開が気に入らないわ。グモクは一番謝らなきゃいけない相手、サムセンのことはちっともなんとも思っていない。あと3話で納得のいく謝罪をするのかしら。
グモクが銃弾を受け、ギジンが自らの命を絶ったことで、綺麗にまとめたつもりかもしれないけど、ちっとも感動しない。
結局ギジンはなんの罰も受けなかった。あそこで仮にグモクが絶命していれば、激しい後悔と自責の念にかられるでしょう。
でもグモクは軽傷。幸いにして助かったのだから、じゃあ、せめて反省して自首して法の裁きを受ければまだ見ていて気持ちいいのに。グモクにも救いになるし、罪は犯したけれど、償う勇気のある父として記憶できる。
それとも悪人ギジンは、あくまで卑劣な最期を遂げさせることでギジンのキャラが完成なのかしら。
サムセン母に同情するわけじゃないけど、無知だからしょうがないのは理解できるから、グモクがいつまでも実母に傲慢なのが許せない気持ちになるわ。
それに、ドンウとサムセンを結ばせたいなら、衝撃を受けたサムセンにドンウが優しい言葉をかける場面を、一話に一シーンでもいいから入れてほしかったわ。誰が主人公だかわからない今回でした。
第一極悪人、重罪を犯したギジンをみんなが野放しにしてるって、信じられないわ。
昔馴染みだから見逃してるの?うまく逃亡してくれればいいとでも?院長はじめ、ドンウやサムセン、ジソン叔母にしても、ギジンへの情が少しでも残っているのなら、きちんと罪を償わせるべきじゃないかしら。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2013   6 comments   0 trackback
Category :少女サムセン

ギジンやっぱ嫌われてるな~(笑)

主人公に生き地獄を与えた張本人ですし...
まあその原因作ったのも、院長先生とその母親が身代わりの子(グモグ)をぞんざいにしてしまったことが原因で...個人的には、ドンウの心情になってます(謝)

戦争で避難するときに、身代わりの子(グモグ)をまったく数に入れないで置き去りにしかける…

身代わりの子(グモグ)が熱出たときは、「うつるといけないから外に出して」と冷たい対応…

生まれた時から裕福な家庭環境の連中にこんなことされたことで、ギジンの中の何かが壊れたんでしょうね…
ポン家の人たちが身代わりの子をもっと大事にしていれば、ギジンも道を踏みはずさずに済んだのかも…

ギジンの自殺については、やっぱり逃げですね、、、生きてる方が回りからうしろ指指されて、残り人生自分に罰を与えることできますし。。。

まあギジンの場合は、自分(ギジン)とセットでグモグまでみんなから非難されちゃうと考えたからかも、、、少しでもグモグへの冷たい風当たりをやわらげるために死のうと考えたのかもしれませんね。

何しろグモグは、ギジンにピストルで撃たれたことで、まわりから少し同情的にみられてますし。今更、グモグがギジンと仲良くしようものなら、同情的にみている人ら(院長先生、ジソン母?、その他いろいろ)がグモグに対して、さらに悪い印象持つことになるでしょうし、、、

パリに2人で逃げるという手もありますが、自分(ギジン)のためにグモグがこれ以上犠牲になるのはもう嫌だったのかもしれないですね…

さて、あとはグモグがどう話の落ちをつけるか…
2013.09.12 02:00 | URL | orihika57 #- [edit]
まりあんぬあしゅー様の言われる通りですね。
韓国ドラマにありがちな終盤から最終回へ向かうのでしょうね?
前半~中盤にかけて良く描けていても終盤でめちゃくちゃな脚本や
ストーリー展開、極悪人が最後には天使のようになってしまうような
ありえない展開。

今回の117話については、突っ込みだしたらキリがないほどですが、
言わずにいられない程ひどすぎますね。

ギジンの院長への言葉はすべて、逆ギレ、逆恨み、性格異常としか
言いようがありません。身代わりに連れて来たのは「キジン!お前だ!」
何を院長のせいにしてるんでしょうか?
なぜ涙など流しているのかサッパリ理解できません。

しかも、病院前でマンネとすれ違った時も、ギジンが「グモクに金などせびるなよ」と
かっこつけて言ってるが、お前の殺人、脅し、公文書偽造などに比べたら可愛いもんです。

てゆーか、全国に指名手配されている男が、あんなふうに、町の中を自由に歩きまわれること自体がありえないし、最後は自殺という一番卑怯な方法で逃げてしまった。

あまりものひどいストーリー展開と逆ギレ身勝手男の演技にげっそりしてます。
少し興奮しすぎて大変失礼いたしました。

ちょっと最終回が思いやられますね~。


2013.09.12 10:30 | URL | 通りすがり #- [edit]
まりあんぬあしゅー様

私も同じく、超毒舌かつ偏ってしまいますがお許し下さいm(_)mまりあんぬあしゅー様の感想を読み進んでいくうちに「同感!!」の連続でした。文末の
>誰が主役かわからない~
・・・まったく同じ感想を私も抱きました。まず、主人公サムセンとサムセンを応援する視聴者にとってなーにも喜びを感じるところがないんですんもん。もっと言えばグモクへのお仕置き的なのが皆無!ギジンと同罪と言っていいほど“悪事”を働いたというのになぜ?みなさん水に流せるのでしょうか?

>・・・・皆の想いがグモクをいたわる方向に流れた展開が気に入らないわ。グモクは一番謝らなきゃいけない相手、サムセンのことはちっともなんとも思っていない。あと3話で納得のいく謝罪をするのかしら。

アンビリーバブル(☆。☆)相変わらずグモクがお嬢様然として威張ってるし周りからも大事にされているのって「違うだろっ!」って言いたくなっちゃいます!恐ろしい事実が明るみに出たがなんら以前と変わらずグモクが強く→サムセン弱い→みんなグモクを大事にする→誰もグモクにお説教などしない(>_<)あーっ!視聴者の見たい展開をわかっていないんでしょうね!ほんとに不完全燃焼、ストレスたまるぅ~!院長やヘジュ、長年の情があるとはいえグモクがあの事実を隠すために重ねたウソ、罪はひっかからないのでしょうかね?いわゆる“ドン引き”ものでしょう?しかもヘジュ!極悪人(ギジン)の願い「グモクを頼む」を何の迷いもない顔色で了解(^O^)/てな感じで受けてましたね(>_<)重傷を負った(急所は外れてますけどねっ!)からチャラにしちゃうわけ?ってつっこみたくなるほど“粗い”ストーリーですね。人の感情とかを結構スルーしてますね。グモクやギジンが罪の深さに気付いて反省し院長、サムセンに、チャンシク父に懺悔する過程、許しを乞う~弱い姿こそ視聴者(私?)が見たいシーンだと思うのだけど。

通りすがり様の
>前半~中盤にかけて良く描けていても終盤でめちゃくちゃな脚本や
ストーリー展開、極悪人が最後には天使のようになってしまうような
ありえない展開。

ほんとにこのパターン!でございますね~っ(^^ゞ
しかし、わたし的には、同じパターンのドラマよりもかつてないほどストレスたまっているのはなぜなのでしょう?多分、あきらかにヒロイン、サムセンが逆転勝利のように幸福になってないこと、極悪親子がなんにも心を痛めてないからではないかと思います!それさえあればあとは多少、粗くても強引でも許せちゃうけど。ほんとに不完全燃焼(*_*)もうひとつかつてないほどといえば、「グモクとギジン親子の別れのシーン」本来、涙を誘うシーンなのでしょうが、こんなに涙とは無縁にイライラッしながら見たのって初めてでした!あれは泣けないっ(>_<)

>グモクが銃弾を受け、ギジンが自らの命を絶ったことで、綺麗にまとめたつもりかもしれないけど、ちっとも感動しない。

ほんとーっ!感動どころかまたまた「吐き気する」でした。見終わったあとつい口からでた言葉「きたなーっ!」でした。自首するでもなく逃げちゃって(>_<)ありえなーいっ!それから、サムセンへの謝罪のシーン!内容、うすっ!(*_*)あれだけっすかぁ?ギジンがポン院長へ言ったグモクに罪はない~巻き込まれたぁ?じょじょっじょーだんじゃない!あれだけポジティブ(?)にポン家の娘に執着して人を陥れたグモク様は、ちゃんと悪賢い大人でございます。ギジンの方が動かされてたのかも(^_-)

さて、今日は、どんな展開なのでしょうか?

まりあんぬあしゅー様ファイティンッ!てなあげあげではないでしょうが
あと一息、素敵な感想楽しみにしてまーすっ!





2013.09.12 19:06 | URL | nanisa #3NmTchRc [edit]
orihika57様コメントありがとうございます♪

なるほど、ギジン目線、グモク目線で視聴すればそういう見方もありますね。

>まあギジンの場合は、自分(ギジン)とセットでグモグまでみんなから非難されちゃうと考えたからかも、、、少しでもグモグへの冷たい風当たりをやわらげるために死のうと考えたのかもしれませんね。

何しろグモグは、ギジンにピストルで撃たれたことで、まわりから少し同情的にみられてますし。今更、グモグがギジンと仲良くしようものなら、同情的にみている人ら(院長先生、ジソン母?、その他いろいろ)がグモグに対して、さらに悪い印象持つことになるでしょうし、、、

パリに2人で逃げるという手もありますが、自分(ギジン)のためにグモグがこれ以上犠牲になるのはもう嫌だったのかもしれないですね…

ここの洞察は深いと感服いたしました。お優しい方ですね~(#^.^#)
ついつい感情的になる自分が恥ずかしくなりました。

ただ、ギジンはサムセン父を抹殺したという厳然たる事実は変わらないですね。
ではギジンはどんなに侮辱されようと、グモクがひどい扱いを受けようと我慢しなければならなかったのでしょうか。

まずもしギジンが本当の意味で志が高くプライドのある人間だったら、何としても自分の手でグモクを立派に育てようと考えたはず。
ところが、それが難しく、身代わりとして差し出すしかなかったのなら、自分の娘だと言えなかったのなら、冷遇されるグモクを自分の手でそれとなく守ることもできたはず。

そしてそれもかなわず、娘たちを取り換え、他人の財産でグモクを何不自由なく育てようとしたなら、あくまでも自分は遠縁のおじさんとして徹していなければならなかった。

ところが美しく成長した娘を見るにつけ、ギジンは勘違いしていったのかもしれません。グモクを通して、ポン医院の財産に欲を出してしまった。

グモクにしても真実を打ち明けられない方が幸せだったことでしょう。サムセンもたとえ医院の御嬢さんと知らなくても、貧しくもたくましくあれほどの努力家なら、ジソンと結ばれていたかもしれなかった。
ギジンが自らグモクに打ち明けたことで皮肉なことにギジンの計画は崩れて行ったのではないでしょうか。

悪事は露見する。そこにはサムセン母との再会という最悪のシナリオが待っていた。やがてサムセン父に知られることになりましたね。
しかし露見したときにもまだ、ギジンはすべての過ちを認め、反省するチャンスはありました。
あんな恐ろしいことをしなくても。

そして最後の機会はグモクを撃ったときに訪れました。あのあとギジンが自首していれば、ギジンは最後に真人間に戻れたはずなのに。
自らの命を絶つことは、どんな理由があるにせよ、実にカッコ悪いことです。どんなにみじめでも屈辱にまみれても、はいずってでも、生き抜き、自らの罪を認めることの方が潔くかっこいいのです。
ギジンの美学は最後までカッコ悪かったです。

さて、グモクは心からサムセンに謝ることができるでしょうか。それとも謝らないからこそのグモクでしょうか。
2013.09.13 00:14 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]
通りすがり様コメントありがとうございます♪

>韓国ドラマにありがちな終盤から最終回へ向かうのでしょうね?
前半~中盤にかけて良く描けていても終盤でめちゃくちゃな脚本や
ストーリー展開、極悪人が最後には天使のようになってしまうような
ありえない展開。

nanisa様もおしゃっていますが、本当にありがちですね。実際グモクは急におとなしくなりました、ギジンの死によって反省したかのように。
でもその実、視聴者が待ち望んでいる、サムセンの前にひざまづき許しを乞う場面はいまだ見られません。

サムセンがグモクを責めるわけもなく、ドンウがお人よしぶりにあきれるくらい、そもそもはじめから恨んでなどいないのですが、サムセン側の想いではなく、グモクの人生にけじめをつける意味で、正式に謝罪をするべきだと思うのですが、登場人物たちは私ほど厳しい人はいないらしく、みんな優しいですね。

盗人にも一分の理といいますが、ギジンの場合、極悪人には何分もの屁理屈があるらしいですね。
死者に鞭打つこともないのですが、その自分勝手な論理にはあきれてしまいます。

漢方医を目指す元気少女サムセンというコンセプトはどこにいったのでしょうか。
申し訳程度に患者治療の場面を作っていましたが、本来のサムセンの明るくたくましい姿が、この頃はすっかり精彩を欠いているようで寂しいです。

みんなを感動までとはいわなくても、納得させてくれる最終回にしてもらいたいものです。
2013.09.13 00:24 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]
nanisa様(#^.^#)コメントありがとうございます♪

グモクじゃないですが、なんとなく脱力気味で感想も短めになってしまいました。ご期待に沿えず申し訳ありません(^_^;)

nanisa様の楽しい(?)(失礼)感想が、うんと華を添えてくださいました(*^^)v

今回の不満部分を加えると、私たちが、ジソンをおいてにわかファンになったドンウが活躍してなかったことです。
はじめはジソンに夢中で、意識していなかったドンウの素敵なシーンがもっと見たくなったから不思議です。

ジソンはグモクを引き合いに出してサムセンの想いを断ち切ってあげようとしていますが、サムセンの心をかき乱しておいて、今更という気持ちが否めませんわ。
サムセンはジソンを憧れの人として眺めていましたが、ジソンとグモクが両想いなのは知っていたし、あきらめていたというか、とても自分には釣り合わないとはなからジソンとつきあいたいなんて大それたことは考えていなかったんですよね。
自分にふさわしいのはドンウの方、とちゃんと知っていたと思います。

それがジソンが手を差し伸べてきたので、ついうっかり、のっかってしまった。子供のころからあこがれていた王子様にガラスの靴を差し出されたようなものです。

ジソンとグモクに振り回されたサムセンが恋愛の部分でも本当に可哀想(;O;)

もうここまできたら、グモクとジソンの改心とサムセンへの謝罪には期待しないで、ドンウのかっこいい場面を楽しみに見ていきたいと思います。



2013.09.13 00:36 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/8456-d6d03fbb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR