FC2ブログ

天まで届け、この想い 14話

仲良くふざけるセヨン、ジェソン、ジョンヒョをいまいましげににらむイェリンは三人に近づいていく。
ジェソンの鼻が蜂に刺されたと聞き、セヨンとジョンヒョを病院にも連れて行かなかったのか、薬も買わなかったのかとおおげさに責め立てる。ジェソンは自分がいいと言ったと二人をかばい、それがまた気に入らないイェリン。
セヨンはイェリンにセヨンのミスでロケし直しをしたかのように誤解されていることを釈明。自分のせいではないと主張する。生意気な、とセヨンを苦々しく思うイェリン。

ジョンヒョに電話して二人が喧嘩してないじゃない、と文句を言う。仲直りしたと聞くと、それならはじめから仲が悪いように言わないでと、ジョンヒョに八つ当たり。

セヨンは姉、イルヨンにジェソンとは仲直りしたが、気に食わないイェリンにははっきりと言ったと報告。イルヨンは「それでいい、よくやった。この後どうするかわかるわね。イェリンよりも立派なアナウンサーになるのよ」と激励。本当にいいお姉さん。

ドンウクは毎日イヨンを送り迎えしている。いまやストーカーと化した元夫から守るため。元夫もやってくるもののいつも撃退される。イヨンはストレス解消とばかりドンウクをカラオケに誘う。カラオケでひとしきり盛り上がる二人。
セヨン父のパン屋はいけめんドンウクのおかげで、繁盛しはじめる。ただしドンウクがお店に立っているときに限り。

ミファは娘に会い、有名アナウンサーだとわかり嬉しい反面、ますます募る娘恋しさに苦しんでいた。そのため頻繁にミングクに連絡。会いにきてと懇願。
ミングクがしかたなく向かうと、大概体調が悪くなり倒れてしまう。そんなミファをモーテルの部屋までおぶっていうミングク。
ミファの哀れな姿を見るにつけ同情してしまうミングク。

イェリンに会った時のミファの幸せそうな表情を思い浮かべては、自分も迷子になって行方不明になったままのわが子を思い、改めて捜索を進めるジュヒ。

一緒に編集作業をしながらお互いの恋愛事情を探りあうジェソンとジョンヒョ。ジョンヒョはイェリンとジェソンの仲が気になるが、妹みたいなもので恋人じゃないと否定するジェソン。ジョンヒョこそセヨンが好きなんでしょうというと、ジョンヒョも妹みたいなだけと否定。
でもジェソンは二人お似合いだから頑張ってみたら、と激励する。今のところセヨンとは喧嘩友達といった感じで関心がなさそうなジェソン。
2
今期になっている新人イケメン君。ドンウク役のイム・ユノといいます(#^.^#)
どんな人か調べてみたんだけど、詳しいプロフィールがわからなくて。

☆最近韓国で放送終了となったMBCドラマ「7級公務員」でJJ役を演じた新人俳優イム・ユンホが、休むことなく活動を続ける。イム・ユンホは韓国で29日に放送開始となるKBS 1TV新毎日ドラマ「天まで届け、この想い」にキャスティングされた。

1日、KBSドラマ局によるとイム・ユンホは「天まで届け、この想い」にチャン・ドンウク役として出演する。前作では復讐心に満ちたテロリストだったが、今回は暴行罪で刑務所で服役したことのある無職の男性だ。

ドンウクは出所後、製菓製パンの技術を活かし、パン屋に就職して仕事をしながら高校卒業資格試験を準備する。そして勉強のサポートをしてくれた10歳年上の女性と恋に落ちる。

イム・ユンホは「7級公務員」で血も涙もないテロリストJJ役を演じ、強烈な印象を残した。両親と兄チェ・ウヒョク(オム・テウン)の死で深く悲しみ、復讐を誓う演技をリアルに披露して好評を得た。

1
イム・ユンホはアメリカの名門大学、ニューヨーク州立大学出身の人材でもある。つまり、役者でない他の人生を夢見ることもできるはずだ。しかし、彼は「是非役者になりたかった」と改めて強調した。

「一生懸命勉強をしましたが、高校生の時から役者の仕事にとても関心がありました。年末になると学生たちが学園祭で演劇公演をしたりして、それを見ながら知らず知らずのうちに夢を育ててきたような気がします。もちろん、僕が役者になると言ったら、父は猛反対しました。二十歳の時、機会があって今の事務所の代表と知り合い、大学2年を終えた時点で、韓国に戻りました。当時、チュウォンさんが『製パン王キム・タック』をちょうど終えるタイミングでした。

まず軍隊に行ってから一度やってみようという提案を受け、軍服務を終えてから役者への準備を始めました。代表が父に直接会って、説得してくれて、父も最終的には理解してくれました。父は、僕が今回ドラマに出たので、同級生から電話がたくさんかかってくると言いながら、僕より嬉しがっていました(笑)」

☆1989年生まれの新人イム・ユンホは、183㎝の長身に70㎏の完璧なプロポーションを誇る。また、アメリカのニューヨーク州立大学に通ったほどの、高スペックも視線を引いている。

・・・・だから劇中で英語ペラペラなシーンがあるのね。彼の特技を生かした演出にしてありますね。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2013   0 comments   0 trackback
Category :天まで届け、この想い

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/8436-87e2cb5e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR