FC2ブログ

頑張って、ミスター・キム! 120話

ウギョン父に自分の兄がホギョンを傷つけたその人物、キムテジンだと明かしたテピョンに、当然ながらウギョン父は激怒。「よくも平気な顔で私たちの前に現れたものだな」と憎悪の目を向けののしる。
ホギョンを外に連れ出してくれたとでテピョンを見直し、ウギョンとの仲を許そうとしていただけに、裏切られたような思いでいっぱいのウギョン父に、一礼をしてテピョンは別れを告げる。

もうこれでウギョン家との縁が全て切れてしまったと暗澹たる思いで通りをとぼとぼ歩くテピョンに、何も知らないウギョン祖母から、ホギョンが手におえない、助けてほしいと電話が入る。
テピョンは最後のお別れのつもりで訪問。そっぽを向いたままのホギョンに兄のしたことを改めて謝罪。
「そんなことならいじめなきゃいいんだ」と幼稚な言葉を投げつけるホギョンに、「兄のようにならないよう、生きてきたつもりです。ホギョン兄さんの笑顔が好きでした。その笑顔を忘れずに生きていきます」と別れを告げる。

ウギョンはヘスクからテピョンに子供たちと引き離そうとしていたことを知られたと聞き、そんなことしなくてもテピョンさんの人柄は最高なのに、と責めていた。そこへ父から呼び出し。
テジンがテピョン兄と付き合う前から知っていたのかと問われる。
そんなことが重要なのか、ウギョンは少し前に知り、そのあとテピョンが知ったと説明。なんという悪縁だと嘆く父。

ウギョンが帰宅すると家の前で出てきたテピョンとばったり。二人はカフェで話をする。父に話したことをウギョンは、テピョンは十分辛いのに、そこまでしなくてよかった、と今更テピョンを心配するが、テピョンは自分のせいで傷ついたホギョンと会長によくしてあげて、と頼む。

ヒレはホギョンを描いた絵をジュソンが勝手にホギョンに渡すようウギョンに頼んだことでジュソンをせめていた。良かれと思ってしたジュソンと喧嘩。ヒレはホギョンにメールをする。そこへ帰宅したテピョンはホギョンに二度と連絡をとらないよう子供たちに注意する。

家に入れず泣いているヘスクを見咎めたジヨン父は、自室に招き入れ、ヘスクに泣く権利もない、とお説教。
もし本当にテピョンを思っているなら、彼から連絡があるまで待つように諭す。
ヘスクが会社の代表なので父との板挟みで困るジュヒ父に、ジュヒ母は「言われてあたりまえ。テピョンは一人でも立派に子供を育てた。あんなひどい母親なんかいらない」とテピョンの肩を持つ。

ソンア母からテピョンに電話があり、ヘスクにお金を返して、と頼まれる。もうソンアと暮らせない、またソンアをがっかりさせたと泣くソンア母にテピョンは自分がうまく取り繕うから、と約束。
ソンアと手をつなぎ、学校まで送りながらもうしばらくパパと暮らそうな、というテピョンにソンアも、私もパパと暮らしたいと強がりを言う。パパはソンアがいないとダメなんだ、というとソンアもと笑顔で答える。
ソンアと別れたあと、忘れものに気づき、学校まで届けようとすると、ソンアが公衆電話から母に泣きながら電話をしている姿を見てしまう。
やはり傷ついていたソンアに声をかけられないテピョン。

ヒレは具合が悪くて保健室で休んでいた。そこへ入ってくるウギョンは、ヒレに大丈夫かと心配な顔をしてみせる。
大丈夫も何もあなたとホギョンの態度がヒレを苦しめてるんじゃないの。ヒレはおじさんにメールしたけど、返事は返ってこないわよね、とつぶやく。
ウギョンはそれを知りホギョンに電話。もしかしてヒレからメールが来てない?とだけ聞く。

ヒレはホギョンに「ジュソンが渡した絵を捨ててください。迷惑かけてごめんなさい」とメールしていた。ヒレがそこまで卑屈になることないのに。
さすがに気がとがめたのかホギョンは「迷惑ではない」とだけメールを返信。それだけでも喜ぶヒレとジュソン。

ヘスクのデスクに押しかけたヒレ母はお店の契約金を叩きつけ「テピョンに代表も私も最低の母親だと言われて反省した。ヒレの望む母に生まれ変わる。マンションの契約金も返すから」と告げる。
テピョンの言葉にショックを受けるヘスク。
そんなヘスクにウギョン父から呼び出し。
テジンがテピョンの兄らしいな、と聞かれる。ホギョンの苦しみを思えば、テピョンと代表に報いを受けさせたいが、これ以上関わりたくない、と恨み言を言うウギョン父。
ヘスクは土下座して、「テピョンは関係ありません。悪いのはすべて母である私です。報いなら私が受けます。どうかテピョンは許してください」と涙ながらに頼む。
その姿を部屋に入ってきたゴヌクが目撃。母の姿に衝撃を受ける。

・・・・・テピョンのために土下座までする母を見て、余計にゴヌクはひがんでますますひねくれるのかしら。
それにしてもいつまでもうじうじとうっとうしいウギョン親子。ウギョン父が、「普通に就職も結婚もできなくなったんだぞ」とヘスクに言うけど、果たしてあんなに意気地なしのホギョンが、けがをしなかったとしても、自立できたかは疑問だわ。
それに車いすでもしようと思えば就職も結婚も可能。本人の努力次第でね。それにひきかえ、ヘスクは自業自得とはいえ、長男を亡くしてるのよ。それに対してはどうなの?恨みだけ?後ろ向きすぎるわ。




スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2013   0 comments   0 trackback
Category :頑張って、ミスター・キム!

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/7972-de9b5bf6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR