FC2ブログ

頑張って、ミスター・キム! 108話

ホギョンがチョルリョン兄のお葬式に列席したと聞き、怒って連れ戻すつもりでゴヌクと駆けつけたウギョン父が見たのは、チョルリョンの手をとり、励ますように声をかけているホギョンの姿だった。
次に、ウギョン父はゴヌクがテピョンに「なかなかの策略家じゃないか、お兄さんを連れ出すなんて。でも、俺とウギョンが結婚すればしょせんお兄さんは一生俺の世話になるんだ」と皮肉を言っている場面に遭遇。
ところがテピョンはそんなゴヌクにくってかかる。「兄さんは人に依存する人なんかじゃない。俺は兄さんに助けられた。兄さんは一人でも大丈夫だ」と言っているのをじっと聞いていた会長だがなおもゴヌクが言い返そうとするのを押しとどめ、帰ろうと言う。

ヒレ母はホギョンが気になって結局式場の中には入れない。その後ホギョンの正体を確認するように見つめているところをゴヌクに見咎められる。ゴヌクはヒレ母の様子に何か不審なものを感じる。

帰宅したホギョンに父は「ずっと夢に見ていたことが実現した。お前が人の中に入って人と会話してるなんて。その姿を見て感動したよ」と言う。「これからも無理せず外に出ていい。ただし誰かに付き添ってもらいなさい」という父にホギョンは「僕はテピョンや子供たちを一緒に出掛けたい」と訴えてみる。

ウギョン祖母妹はウギョン父に叱られると覚悟していたが、ウギョン父は自分が恥ずかしいという。ホギョンはもう外には出られないとあきらめていた自分を反省している。

テピョンは「兄が死んで兄の分まで生きようと思えた。それが兄のメッセージのような気がして。」とチョルリョンにお兄さんのためにも生きようと励ます。ジュヒはチョルリョンが心配で残っていた。
「私がついていることを忘れないで」とチョルリョンの手をとって慰める。
その二人をウギョンが見てしまい、ジヨンに相談。いずれはテピョンに二人のことを話さなければならないが、別れなさいとは言えないというウギョン。

ヘスクは相変わらずウギョンとテピョンを結婚させるために画策。まず居場所のわかったソンア母にソンアを引き取らせようと思う。ソンア母に会い、お金を用意するから引き取るよう勧める。

ジヨン父の発案でチョルリョンたちを元気つけるためにテピョン一家を夕飯に招くことにする。
いやいや用意するジュヒ母。子供たちはチョルリョンの好物を張り切って作ってみなに披露。
それを見て兄が自分によく作ってくれていたことを思いだし、いたたまれなくなったチョルリョンは席を外し、外に出る。
心配なジュヒが追って出るとチョルリョンは「兄のためにも頑張って生きようと決めた。これから受験勉強に専念する。僕たち当分会うのをやめよう。大学生になってからちゃんと付き合いたい」と胸のうちを明かす。

少しの間の別れを告げられたジュヒはチョルリョンに抱きつく。と、そこへ様子を見に来たジュヒ母が二人を目撃。
「何してるの!?」と悲鳴に近い声をあげる。

・・・・・ホギョンとヒレ父の因縁をゴヌクがかぎつけてしまった。ウギョンと結婚するために悪巧みに利用しそう。
チョルリョンとジュヒの仲がとうとうジュヒ母に知られてしまい、大騒ぎになること必至。チョルリョンが傷つきそうで可哀想。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2013   0 comments   0 trackback
Category :頑張って、ミスター・キム!

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/7654-41908639

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR