FC2ブログ

"ドラマの花"女優の成績表は?

4
今年の一年にも "ドラマの花"女優は、テレビの関心を一身に受けた。 女優の存在は、単純なキャスティングを越えてドラマの中心を取ってくれて盛衰を左右する。

今年は、長い空白を破って帰ってきたソン·ヘギョ、キム·ヘス、キム·テヒなどトップ女優が特に多く、世間の話題を呼んだ。 また、 "国民悪女 'のエイリアスを得たスエ、"女性国会議員役を演じたイ·ミンジョンなど、新たなイメージを構築した女優の登場も興味深かった。 劇の主人公を引き受けて前半を熱く送信女優の成績表を見てみよう。

▲ '帰ってきたスター'ソン·ヘギョA +、キム·ヘスA-、キム·テヒB +。

-5年ぶりに見せてくれた本当の演技力、ソン·ヘギョ。

ソン·ヘギョは去る4月放映終了したSBSドラマ 'その冬、風が吹く "で5年ぶりにテレビに復帰した。 ソン·ヘギョは、長い空白にもかかわらず、爛熟した演技力をお目見えして興行性と作品性二匹ウサギを捕まえた。 劇中大女子相続人であり、視覚障害者の呉領地役を引き受けたソン·ヘギョは、繊細な感情演技で視聴者たちの心を捕らえた。

2008年ドラマ '彼らが生きる世の中'以後5年ぶりにお茶の間を訪れたソン·ヘギョは演技力だけで自分のの健在さを誇示したし、単純にきれいな俳優の演技上手な俳優としての地位を固めた。 ソン·ヘギョの活躍に力づけられて 'その冬、風が吹く "は、水木ドラマの視聴率戦争のずっと1位を逃さなかった。

-3年ぶりに帰ってきたキム·ヘス、会社員の苦情を伝える。

やはりキム·ヘスだった。 壊れたキム·ヘスの演技への情熱は、3年間の空白を十分に埋めて視聴者たちに近付いた。 キム·ヘスは去る5月終映したKBS 2TVドラマ '職場の神'でスーパー甲契約ミス·キム役で多くの会社員の共感を買った。

会社員たちの痛みや悩みを赤裸々に見せてくれた "職場の神"は、代理満足を可能にした。 "職場の神 'が会社員の哀歓を扱っ​​た扱った作品よりも特別だったのはドラマの中でミス·キムという人物が、現実には存在しないファンタジーだったからだ。 キム·ヘスは、私たちの時代会社員に分解デビュー27年の底力を誇示した。

-2年ぶりに復帰したキム·テヒ、演技力論議に泣く。

去る25日放映終了した 'チャン·オクチョン、愛を生きる "で初時代劇に挑戦したキム·テヒは今年の一年女優の中で一番ホットな人物だった。 9番目のチャン·ヒビンに2年ぶりにお茶の間に帰ってきたキム·テヒは放送序盤演技力論議に包まれてひどい目に行った。
5
キム·テヒの演技力は毎回まな板の上に上がったし、チャン·ヒビンの没入度を落とした。 しかし、チャン·ヒビンの入内し、本格的な悪行を現わすとキム·テヒの演技力論議も終息した。 キム·テヒは粛宗この瞬間(ユ·アイン)の愛を守ろうとする悪になり、毒薬を飲んで最後を迎えた。 権力ではなく、愛に泣いて笑って、新しいチャン·ヒビンを描いたキム·テヒは、誰よりも熱いジャガイモであった。

▲ "国民悪女'スエA +、"国民初恋'スジB +。

- '国民悪女'で生まれかわったスエ。

スエは去る1月に放送されたSBSドラマ '夜王 "の興行一番の貢献者である。 彼女は与えるしてからデビュー以来最も強いキャラクターを引き受けてリアルな演技を見せてくれた。 スエはつきものの悪行のために視聴者に嫌われたし、 '悪口を言いながら見る "という新造語を誕生させた。

スエは、不本意ながら公式悪女になり、負担感を感じる方もしたが、ブレのない姿勢で撮影に臨んで作品の人気を牽引した。 現場関係者によると、スエは、撮影現場で明るい笑顔で雰囲気メーカーをも務めたという。

- 時代劇に挑戦した "国民初恋 'の樹脂。

映画 '建築学概論'を通じて '国民初恋'で登板したスジは、渉外1順位だった。 そんな彼女が選択した作品はMBCドラマ '九家の書 "。 樹脂は劇中無形導管の教官塀瀬役を担ってイ·スンギとの切ないロマンスを消化すると、アクション演技にも挑戦した。

しかし、スじは '建築学概論'と同じ演技力好評は得られなかった。 ファンタジーが融合した劇の特性上、樹脂の演技はよく溶け上がらない姿を見せたし、濃い惜しさを残した。

▲ '視聴率保証小切手'イ·ボヨンA +、 '女帝'コ·ヒョンジョンB +。

- 'だ'と 'ヒット'イ·ボヨン。

視聴率40%を越えて国民ドラマで登板したKBS 2TVドラマ '私の娘ソヨンは'以後SBS水木ドラマ '君の声が聞こえて'に帰ってきたイ·ボヨンは、名実共に視聴率保証小切手俳優になった。 去る5日初放送された '君の声が聞こえて'は現在の水木ドラマ視聴率1位を走って高空行進中だ。

劇中国選専担弁護士枚彗星役を引き受けたイ·ボヨンは、八色鳥の魅力を遺憾なく発揮している。 超能力少年叩き(イ·ジョンソク)と一緒にいるときはお姉さんのような姿で濃い母性愛が混ざったロマンスを示しており、仲間の副呉(ユン·サンヒョン)とのロマンスは、いきいきとした愛に描かれる。
6
- '帰ってきたカリスマ'コ·ヒョンジョン。

コ·ヒョンジョンが先生に戻ってきた。 去る2010年SBSドラマ "大物"で女性大統領ソ·ヘリムに扮したコ·ヒョンジョンが今は先生になった。 MBCドラマ '女王の教室 "の中のない余震は、コ·ヒョンジョンのために作られたキャラクターという気がする程によく合っている。 傍若無人な目つきで子供たちに毒舌を吐き出すコ·ヒョンジョンの姿は、実際と異なっていないようだ。

自分にもよく合う服を着てだろうか。 "女王の教室"は現在の "あなたの声が聞こえて 'に押さ​​れ、視聴率不振を免れなくなっている。 ミシル、女性大統領の先生に服を着替えたコ·ヒョンジョン。 彼女が劇中でください余震の人間的内面をどのように表現していくのか成り行きが注目される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2013   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/7038-2623e9d2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR