FC2ブログ

'結婚の女神'、愛と結婚の本当の意味を探して

6_20130630011140.jpg
"結婚の女神 'がベールを脱いだ。

29日初放送されたSBS週末ドラマ '結婚の女神'はソンジヒェ(ナム·サンミ)とキム·ヒョヌ(イ·サンウ)が偶然にも同じ済州行きの飛行機の隣の席に座るようにされ、好感を感じることを見せてくれながら開始を発表した。 ソンジヒェはカン·テウク(キム·ジフン)との婚約破棄に気を取られていたところだった。

これらだけでなく、 "結婚の女神 'はノスンス(チャン·ヒョンソン分)とグォンウンフイ(チャン·ヨンナム分)夫婦、ガンテジン(キム·ジョンテ分)とホンヒェジョン(イ·テラン)夫婦、ソン·ジソン(チョ·ミンス分)とベテランが(クォン·ヘヒョ分)夫婦を紹介し、現実の様々なカップルと夫婦の形を示すことを予告した。

"結婚の女神 'の固定ラインの作家は、"嫁全盛時代 "、"ソル薬局の息子たち "などにテレビ劇場に暖かい家族愛と真の愛の意味を伝えた作家だ。 今回も固定ラインの作家は、 "配偶者が私にどのような意味と、またある意味で私の人生に定着だろうか考えなければならない"と言いながら "自分の選択による成功と失敗を後悔する。 これを見ながらシミュレーションしてみという気持ちで書いた "と企画意図を明らかにした。

この日の放送でソンジヒェは、 "結婚というものが物質のみ通じるのではないでしょう。 男性と女性の魂がお互いに通しながら死ぬまで一緒に住むこと。 それが結婚だと見て "と言ったが、キム·ヒョヌはそれに同意していない様子を見せた。 愛のために、異なる価値観を持っている二人の出会いが興味ロプギンが、果たしてこれが言葉ではなく行動を介して継続して視聴者たちにと届くかは疑問だ。

"結婚の女神"の公式サイトの登場人物紹介を見ると、4ペアの中に二人は不倫の関係になっていたカップルは、婚約者がいる中で三角関係だ。 現実に一度もないことではない普遍的なことだと見るには難しい。

また、自分の仕事や能力も専業主婦のグォンウンフイ(チャン·ヨンナム分)を除けば、すべてが専門的であり、自分の位置がしっかりした人々である。 財閥家の息子、検査、アナウンサーなどの職業に通常より良い環境の登場人物たちが、はたして様々な人々の状況をすべて盛り込むことができるかという懸念の声も漏れている。

恋愛も早く結婚も早い。 数十年のように山の老夫婦の熟年離婚まで増加している現在では、 "結婚の女神 'が視聴者たちに本当の結婚の意味と大切さをイルケオミョ真剣に考えてみる時間を握ってもらえるかどうか、今後の展開に注目が集まっされている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2013   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/7033-49654f92

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR