FC2ブログ

一般兵士との待遇、処罰の差


※'陸軍刑務所実刑VS謹慎など軽い処罰'

果たして今度は演芸病死(兵士)に対する常 識的な水準の処罰が可能だろうか。

演芸病死(兵士)の軍服務管理不良論議は国 会国政監査で演芸病死(兵士)の褒賞休暇と 外出外泊日数が過度に多いという指摘が出る たびに繰り返された。何年周期で国会議員 が国防部から受けた資料を基に問題提起をし てきたが変わった部分は殆どなかった。演 芸病死(兵士)の特殊性のためという国防部 の説明だけ続いただけだ。

繰り返される国会議員の指摘が格別な国防部 の変化を引き出すことができなかったのに反 して去る1月にふくらんだ歌手ピ(チョン・ジ フン)とキム・テヒの熱愛説は爆発の級が違 った。‘一般病死(兵士)’らが軍服務中 に恋人と別れる場合が多くて‘ゴム靴逆に履 く’という話が出るほどである反面‘演芸病 死(兵士)’雨は軍服務中に最高の美貌を自 慢するスターキム・テヒと熱愛を始めた。 それだけ‘演芸病死(兵士)’ピの軍生活は ‘一般病死(兵士)’のそれとは多くの差が あったしその差の中には‘特恵性外出’等多 様な問題点が隠されていた。結局ピの懲戒 委員会回付につながったが懲戒程度は最も低 い段階である‘謹慎’が出てきた。これに 対する非難世論が広まったが国防部は‘演芸 病死(兵士)特別管理指針’を出して服務管 理を強化すると明らかにした。

そのように国防部が演芸病死(兵士)特別管 理指針を作って6ヶ月余りが流れたが全く特 別な管理を受けられずにいるという事実が去 る25日放送されたSBS '現場21'を通じて電波 に乗った。

江原道(カンウォンド)、春川市(チュンチ ョンシ)水辺公園で進行された‘6・25韓国 動乱(朝鮮戦争)春川(チュンチョン)地区 戦闘全勝行事’が終わった後一般兵士たちは バスに乗って部隊に復帰した。当然の軍人 の行動だ。反面演芸病死(兵士)は部隊に 復帰したり近隣軍施設を宿舎で活用する代わ りに春川(チュンチョン)近隣のあるモーテ ルで宿舎を定めた。指揮官の統制が全くな い状況で芸能兵士は宿舎を思いのままに出入 りしたし携帯電話も自由に使った。酒を飲 んだこと程度は基本、サンチュ(実名イ・サ ンチョル)とセブン(実名チェ・ドンウク)は 近隣あんまサービス店を探した姿まで取材陣 に摘発された。

まずキム・クァンジン国防部長官は演芸病死 (兵士)制度を全面再検討すると明らかにし た。国会国防委員会全体会議に出席したキ ム長官は“演芸病死(兵士)事件は去る1月 国防部が用意した演芸病死(兵士)特別管理 指針を明確に違反した行動”としながら“個 人の誤りもあるがグンの演芸病死(兵士)管 理に対する問題があると見る。現在の進行 中である監査結果を土台にさらに完ぺきな制 度を作る”と明らかにした。

演芸病死(兵士)制度廃止の有無を尋ねるア ン・キュバック民主党議員の質問には“必要 によってできた制度だ。演芸病死(兵士) 一部に該当することなのか全般的な雰囲気な のかを再評価して検討する”と明らかにした 。キム長官は発言はまだ演芸病死(兵士) 制度自体に対する廃止までは考えないけれど 大々的な制度改編が避けられないという意と 解説される。

カギは今回問題になった演芸病死(兵士)ら と管理に責任を負っている指揮官などに対す る処罰程度だ。今回も謹慎程度の軽い処罰 で懲戒を終えて新しい演芸病死(兵士)特別 管理指針だけ作るのに終わるならば似た状況 が再び数ヶ月の後繰り返される危険性が大き くなる。

現在のインターネットでは今回摘発された演 芸病死(兵士)の処罰程度を置いて多様な意 見が提起されている。果たして国防部があ る線までは演芸病死(兵士)の特殊性を勘案 した慣例に受け入れて懲戒程度を定めるのか まだ分からないが一般病死(兵士)基準のと おりならば懲戒程度は相当高くなる。

まず軍刑法第79条無断離脱行為を適用すれ ば1年以下の懲役や金庫または、300万ウォ ン以下の罰金に処されるし軍人事法第47条( 職務遂行の義務),第56条(懲戒理由)等の適用 を受けることもできる。

あんまサービス店を出入りしたと分かったサ ンチュとセブンの他にも雨が降ってKCMな ど演芸仮病12人が春川(チュンチョン)所 在のある鶏のカルビ集での酒の席に同席した 。私服姿で飲酒をしたし酒の席が夕方9時半 頃に始まって就寝時間である10時を遥かに 越える時まで続いた。したがって酒の席を 持った後明け方3時を越えた見解に‘膝治療 などを理由で’(国防広報支援対側の説明)あ んまサービス店を出入りしたセブンとサンチ ュだけでなく雨が降ってKCMなど鶏のカル ビ集酒の席に同席した12人の演芸病死(兵 士)も全部グン服務規定に違反しただけ懲戒 対象になる。

事実ある程度の特殊性と慣例は認めなければ ならない。演芸病死(兵士)が地方公演に 出演する場合、ほとんどの夕食時間をのがし て夜遅く食事をすることになる。昼夜は食 事で行事主宰側が酒を何杯薦めたりもする。 特殊性と慣例が認められれば多くの演芸病死 (兵士)は懲戒を避けることができるように なる。代わりに宿舎をモーテルに決めてこ のような慣例を容認するなど管理を不十分に した指揮官などが懲戒を受けられるし、演芸 病死(兵士)特別管理指針がはるかに強化さ れることもできる。ところが原則通り軍刑 法と軍人事法を適用すれば多くの演芸病死( 兵士)は全部懲戒対象になる。あんまサー ビス店を行ったと分かったサンチュとセブン はこれとは別個で‘明け方3時に突然膝を治 療下車間’部分に対する懲戒が避けられない ように見える。何人は詠唱水準を飛び越え て陸軍刑務所で実刑を生きることになること もできるとみられる。

反面最も低い水準の処罰はサンチュとセブン 程度だけ謹慎処罰を受けて他の演芸病死(兵 士)は懲戒を受けない線だ。現在の世論を 勘案すれば全く不可能なことのように見える 懲戒程度だが最も可能性が高く見える懲戒程 度でもある。国防広報支援対の説明のよう に明け方3時のあんまサービス店訪問目的を ‘膝治療’で認めて、鶏のカルビ集酒の席は ‘慣例’、モーテル投宿は演芸病死(兵士) の‘特殊性’で認めれば良いためだ。

ピの懲戒程度が‘謹慎’で決定された当時に もうわさ(後日談)が生い茂った。軽い処 罰という論議が続いたことなのにその当時に も大まかな予想は謹慎より高い程度の処罰が 予想された。もし今回のやはり国防部が演 芸病死(兵士)の懲戒程度を常識的な水準で 決めない場合新しい論議、より根本的な疑惑 を確かめて行かなければならない。なぜ国 防部はいつも演芸病死(兵士)に各種特典を 容認して懲戒は軽い処罰で終えるのだろうか 、もし国防部が演芸病死(兵士)をむやみに 対することができない何か理由があるのでは ないだろうか、ひょっとして演芸病死(兵士 )制度を囲んだより深刻な問題点と副作用が あらわれるのを国防部が願わなくてはでない か等等の疑惑提起が避けられないためだ。

廃止説まで台頭している演芸病死(兵士)制 度を囲んだ多様な論議と疑惑を国防部がすっ きりと解消することができるのか、でなけれ ばより大きい論議と疑惑を量産することにな るのか関心が集中している。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2013   0 comments   0 trackback
Category :兵役

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/7020-54d04f4b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR