FC2ブログ

私たち結婚できるかな? 15~18話

お互いをこれ以上苦しめないために別れると決めたけど、やっぱりどうしても忘れられなくて、辛い日々を過ごしたへユンとジョンフンは、自分の気持ちに正直になり、もう一度頑張ってやり直そうと思い始めていた。
そんなとてもナイーブな関係の二人や、離婚調停中のヘジンとドヒョン、仁川離婚されちゃったギジュンとそんなギジュンをもう一度受け入れようとしているドンビ、微妙なカップルたちがドゥルレとミンホの結婚式に列席。

親族代表の挨拶のときに、へユン母がジョンフンとへユンの心を見透かしたように、二人がよりを戻したと発表。みんなは「キスしろ」コール。いたたまれなくなったへユンが退席。追ってジョンフンも店を出るが、母の言葉に背中を押されたように素直に気持ちを打ち明け合い、完全に元さやに納まる。二度と離れないと誓いあう二人。

ところが難問は待ち構えている。今度はジョンフン母が頑なに二人の結婚を認めないと宣言。結婚への儀式に際しての態度を見ていてへユンも気に入らなくなったが、顔を合わせるたびに教養と品のなさに辟易していたへユン母はもっと嫌い。
家柄の違いすぎるへユン母とやっと縁を切れると破談を喜んでいたのに、また息子が結婚するという。
頭にくるジョンフン母。

へユン母を呼び出し、文句を言おうと待ち構える。呼び出されたへユン母はてっきり、結婚式に向けての準備のことだと思い、贈り物まで持参するが、「へユンと結婚させる気はない」とばっさり。
へユン母のペースにのせられまいと頑張り、なんとか自分の言いたいことが言えてすっきりしたジョンフン母は、今度はへユンを呼び出して、今までの不手際、結婚するしないで心労をかけたことを断るへユンに「結婚には反対。」と宣告。

どんなことも乗り越えてみせる、もう揺るがないと決めたへユンだったが、ジョンフン母の言葉にまた傷つく。
そんなへユンをジョンフンは慰め、励まし、へユンを連れて両親の前で結婚宣言。
そこでもへユンを侮辱して、結婚に反対する母。優しい父がへユンの味方をしないように、あくまで中立の立場でいるよう誓約させられたので、何も言いだせない父。

へユン母は自分の生きざまを馬鹿にされ悔し泣きにくれていたが、なんとしてもへユンを誠実なジョンフンと結婚させたいという思いから、ある作戦を思いつく。
頑固なのはジョンフン母だけ。父親はそうでもない。母親を四面楚歌に陥れ包囲網を固めるつもり。

今度はへユン家に挨拶に来たジョンフン。結婚式はギジュン店で格安またはただで挙げさせてもらうとして、問題は家賃や保証金が払えそうにないので、なかなか決まらない住居のこと。
そこでへユン母は提案する。「ドゥルレも結婚して出て行ったことだし、部屋は余ってる。ここに同居したらどうだい?」

なるほど、婿を取り込む作戦を考え付いたのだ。
思ってもみないことでびっくりするへユンとジョンフン。二人戸惑うが、考えてみればその方が貯金はできる。前向きに検討してみることにする。

そして結婚式は4週間後に決め、それを両親に発表したついでに、住まいはへユン家にすると宣言するジョンフン。
マンションも解約して住めなくしたので、具体的な結婚生活に向けて足踏みするだろうと読んでいたジョンフン母は息子の思ってもいない言葉に愕然。
「もう知らない。あんたたちの結婚には関わらない」と叫びだす。

へユン母が自分たちの財産についてかぎまわったに違いないと思い込むジョンフン母はそれをへユン母に直接ぶつけるが、そのはしたない言動をへユン母本人に指摘されたうえに、いつも自分の味方をしてくれる夫にまで叱られる。
逆上するジョンフン母にあきれた父は、中立の立場を放棄すると宣言。ジョンフンの味方につくつもり。
そこですねて怒ったジョンフン母は、寝室からでていき「あなたとジョンフンで寝て。私はジョンフン部屋で寝る」と言う。

ヘジンの離婚問題。ヘジンがいないと不便なドジュンは離婚をやめてもいいという気持ちも頭をもたげる。
幾度かの調停。各人の言い分は食い違う。特に財産問題ではドジュンは資産を少なめに言い、ヘジンの要求する慰謝料は高額すぎる。
和解に持ち込めば慰謝料はかなり減額されるというので、戦うしかないヘジン。

親権を争っているため、子供本人の心理調査が必要になる。幼いテウォンの手を引いて裁判所に入るドジュンとヘジン。
調査官がいくつかの質問のあと、家族の絵を描かせる。絵に描いたテウォン本人が何をしているのか調査員が尋ねると、「パパとママの喧嘩を見てるの」と答えるテウォン。

さすがにこれには堪えた表情のドジュン。夜自宅でテウォンを寝かしつけながら「いつから喧嘩してるのを知ってた?」と優しく聞くヘジンにテウォンは「はじめから。」と言う。
でも知らないふりをしていたのは、僕が知ってるとわかったらママが泣くからというので、泣き出してしまうヘジン。

幼い子供になんて残酷な仕打ちをしていたのかと、今更ながら情けなく悲しくなるヘジンの怒りはドジュンに向かうのだが、ドジュンは「だから離婚をやめようか」と勝手なことを言いだす。
「今も愛人を会っているのを知ってるのに?」と嘲笑するヘジンに「ユリはユリだ。」と愛人とは別れないことをにおわせるドジュンに怒りが爆発するヘジン。

・・・・・こんな父親お金だけもらってそばにいてくれない方がいいわ。
教育上よくないし、げんに、今も心に傷を負わせてる。ヘジンも「あなたの中の魔物がテウォンをくいつくす」と叫んでいたけど、全くその通り。百害あって一利なし。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2013   0 comments   0 trackback
Category :私たち結婚できるかな?

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/6766-2684dae7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR