FC2ブログ

ジュンス団長率いるサッカー試合、勝利♪

昨日からずっと記事探してたんですけど、なかなか詳しいものがなくて、報道規制もあるんじゃないかっていう声もある中、見つけたもの。

7f449_1146_83945-s.jpg
264ce_1146_83981-s.jpg

☆4月28日に東京・国立競技場で行われた「FC MEN 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」で、韓国芸能人サッカーチーム・FC MENが、サッカー好きな日本の芸人チーム・FC GEININを、ロスタイムに団長・JUNSUのPKによる得点で5-4で破り、勝利した。4万789人の観衆を集めたこの試合は、チケット売り上げの一部を東日本大震災のチャリティー活動にあてるイベントで、試合前にはJUNSUから福島県南相馬市の桜井勝延市長に2000万円のチャリティー金が贈呈された。また、同じく試合前には、試合にも出場したジュノと、5月30日(水)に日本デビューが決まっている5人組ユニット・M.E.Nのライブも行われた。

試合は名門・市立船橋高校サッカー部出身のペナルティ・ワッキーとヒデや、ライセンス・井本貴史らを擁する、鼠先輩監督率いるFC GEININが先手を取り、FC MENが追いつくという展開に。前半28分にFC GEININの加藤謙太郎が右サイドからサイドネットへ左足でループ気味に決める見事なゴールで先制。しかし、FC MENも37分に左サイドを崩し、最後はオウンゴールを誘って同点として、前半を終了。後半8分、しずる・村上純がコーナーキックからヘディングでゴールし再びFC GEININがリードしたが、16分、FC MENのヨンファンが抜け出すと、キーパーもかわしてゴールを決め、再び同点に。だが、22分、FC GEININの安田大サーカス・団長安田が左サイドからのクロスをディフェンスと競り合いながら押し込んで、三たびリード。それでもFC MENは粘りを見せ、25分にジョンジンのゴールでまたもや同点に追いつく。そして、39分、右からのクロスをシン・キヒョンがヘディングで決め、FC MENがこの試合、初めてリードする展開に。ところが42分、加藤謙太郎が再び見事なゴールをファーサイドにに決め、今度はFC GEININが同点に追いつく。後半も45分が経過し、ロスタイムは4分。3分が経過し、このまま試合終了と思われた時、FC MENがFC GEININゴール前に激しい攻めを見せ、ペナルティーエリア内でFC GEININの選手が思わずFC MENの選手を倒してしまい、これがPKの判定に。JUNSUがきれいに決め、ここでタイムアップ。FC MENが劇的な幕切れで勝利を飾った。

試合後、JUNSUは「今日はイベントが成功したことに本当に感謝しています。これからも日本でこのような素敵なイベントを開催したいと思いますので、皆さん、またよろしくお願いします」とあいさつした。

☆韓国芸能人サッカーチーム「FC MEN」が日本に上陸! 吉本芸人率いる「FC GEININ」とのチャリティマッチを行った。

前日までの雨が嘘のように、青空が顔を覗かせたゴールデンウィーク初日。汗ばむほどの陽気の中、いよいよ17時半にイベントがスタート」とあいさつすると、観客は熱烈な声援で応えた。新曲を引っ提げての「JUNO YA!! Vol.3」の開催も決まっているということで、これについて「7月7・8日とイベントをやる。ファンの皆さんに楽しんでもらいたいから今準備中。楽しみにしていて」と意気込みを語った。

続いて登場したのが、5月にデビューを控えているM.E.N。彼らは、韓国エンタメシーンでそれぞれが違う分野で活動しており、そんな個性溢れる5人が日本に集結し結成された、日本発信のK-POPアイドル。ステージでは本チャリティマッチの公式ソングで、5月30日に発売されるデビューシングル「Feel The Sky」を披露した。本ステージが彼らにとって初めてのライブ、そして観客たちは彼らの姿を世界で初めてみることになった。デビュー前の心境を聞かれテファは、「これからもいい曲、いいパフォーマンスを見せられるようがんばるので、皆さんよろしくお願いします!」と意気込みを語り、5月のデビューへの期待感を高まらせた。

ライブステージの後、いよいよ選手入場」とのジュンスのあいさつに、再び黄色い声援が送られた。

そしていよいよキックオフ 喜びのあまり一気に駆け出した彼は、その勢いで”監督”ユン・サンヒョンに思わず抱きつき、感動を体中で表現して見せた。

試合も終盤に近付き、観客は「FC MENコール」でチームを応援した。その声援に応えようと奮闘するFC MENのメンバーたちだったが、試合終了間近の後半41分でFC GEININ11番/加藤謙太郎(春夏実冬)に1点を取られ、4対4の同点となる。ロスタイムに突入して必死に食い下がるFC MENだが、試合終了時間はもうすぐそこまで迫っている。何度かチャンスを掴むも活かせないまま時間だけが経っていた時、ビックチャンスが訪れた! FC GEININ7番/ウィリー(ビジャンドゥ)のファールでFC MENのPKとなったのだ。「この1点で勝負が決まる」というプレッシャーの中でも落ち着いてボールを蹴ったのは主将ジュンス。まっすぐと飛んで行ったボールがネットを揺らし、見事チームを勝利へと導いた。試合終了後のインタビューでFC GEININの主将・ヒデは「こうやってFC MENの皆さんが被災地のためにがんばってくれるのはうれしいし、感謝している。いつか韓国にも恩返しができらと思う」とFC MENの健闘を称えた。

一方FC MENの主将・ジュンスは相手チームに対して「強かった。めちゃくちゃ強くてびっくりしたけど、僕らのチームの色を出しながら勝ててよかった」と感想を語り、「今、本当に気持ちが良い。相手チームにも感謝している」と続けた。最後にファンに向けて「本当に良い(意味を持った)チャリティイベントに来てくれて感謝している。また日本で素敵なイベントでお会いしたい。ありがとうございました」と言葉を贈り、他の選手と場内を1周して感謝の心を伝えた。

「FC MEN JAPAN FIGHT VOL.1」が開催された初夏の風感じる東京の地で、汗を流したFC MENの選手たち。彼らはファンに笑顔を届けるとともに、東日本大震災の被災者へもあたたかな心を届けたことだろう。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :イベント

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/660-b9131e88

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR