FC2ブログ

会いたい 9話

誘拐犯殺害の容疑者にジョイが浮上。駐車場の監視カメラに写っていた。
警察の手にかかる前にジョイを救おうとジョンウはハリー主催のパーティー会場に向かう。
そこでハリーに招待された父を見かけ、挨拶。相変わらずジョンウなどには目もくれない冷酷な父。
ジョンウは「僕を信じて」とジョイをその場から連れ出そうとするが、混乱しパニック状態に陥ったジョイはただハリーの名を呼び、ジョンウを振り払おうとする。

ハリーはジョンウ父と商談中だが気が気ではない。ジョイのもとにかけつけ胸に飛び込んできたジョイを落ち着かせようと抱きしめるがジョンウもジョイの手をつかんで離さない。引っ張り合いになってぐずぐずしているところへ、警察が登場。ジョンウはその場を収めるためにわざとジョイを逮捕する。

署には報道陣が押し寄せ、ジョンウはジョイを署内に連れて入れない。自分のコートを着せかけ掃除婦を呼んで付き添って中に入ってもらう。
ジョンウの心を占拠しているのはただ一つ。「私は人殺しの娘だけど、私は人を殺さない」というスヨンの言葉。
その言葉だけを頼りのジョイを信じるジョンウ。

取り調べでジョイははじめこそ震えて物が言えなかったが、ジョンウが入ってくると開き直りふてぶてしい態度をとり「あんな奴、殺されて当然」と言う。
こっそり行われた指紋照合で、ジョイはスヨンではないと判定される。あてが外れ驚くジョンウ先輩。

ジョイはジョンウに「私がスヨンだと今でも思ってる?もしそうならあなたを一番に殺してるわ」とうそぶく。
ジョンウは「殺されても、あなたがスヨンだったらいい」と涙を流して見つめる。

ジョンウにお弁当を持ってきたスヨン母は釈放され署から出ていくジョイとすれ違いざま、ジョイにスヨンの面影を見る。

スヨン母のお弁当を食べながら「スヨンは俺のことが大好きでいつも見ていたいから歩くときだって後ろ向きだった。一緒に食事をしたときも俺ばかり見てた。だから大丈夫。俺に会いたくてきっと現れるさ」と言うジョンウ。
そういいながら胸がつまって泣きながら、お弁当をいっぱいにほうばる。
そんなジョンウが痛々しいスヨン母。
家にキムチを取りに来たジョンウ同僚にそれとなく、ジョイはどこに住んでいるのかと尋ねる。

ハリー豪邸にたどりついたスヨン母。門がおおきすぎ、広すぎて家の全貌も見えないため諦めて帰ろうとするところに、ジョイが車で出てくる。
運転席のジョイをじっと見つめるスヨン母。母に気づいたジョイは顔を隠そうとするが、フロントガラス越しにジョイを覗き込む母。やがて目にいっぱいの涙をため、「あんた、そうだろ?」とジョイに声をかける。

娘だもの。わかるわよね。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2013   0 comments   0 trackback
Category :会いたい

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/6564-62803823

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR