FC2ブログ

少女サムセン 45話

ジソン、サムセンに邪魔にされるの巻。

サムセン母はギジンに「サムセンのせいで私や家族は苦しんできた。せめてサムセンが自分の娘だと認めろ」と迫る。真の狙いが何かわからないギジンは不気味に思う。
サムセン母とギジンの姿を見かけたグモクは不安になる。何を話したのかギジンに尋ねるが、自分にまかせろというギジン。

サムセンは夕食をとりながら父や妹に学校は楽しいとおしゃべりしながらも、帰ってこない母のことが心配になる。また何か問題を起こしたのじゃないかしら。

ジソン父は仙人のような暮らしをしているサムセンの山の師匠を自分の事業に引き入れようと、山に通っている。
師匠のご機嫌伺いにはごちそうが効くらしいと知り、妻に料理を用意してもらい夫婦で尋ねる。
留守になる薬局にサムセンが留守番にやってくると聞き、張り切るジソン。
サムセンが来る前に店に到着し待ち構えている。そこへやってきたサムセン。「あれ?お兄さんどうしたの?」と驚くと「父さんが出かけるから留守番頼まれてさ」と言い訳するが、「おじさんが頼まれていたはずだけど」とサムセンに突っ込まれ「え?ああ、お使いに行ってる」とごまかす。手伝いの人を追い出したわね、きっと(笑)

サムセンと二人っきりになれると嬉しそうなジソンにサムセンはつれない。「お兄さん、私が来たからもう帰っていいわよ」。「いや、もう少しいるよ」と粘ろうと頑張るが「早く帰って勉強してよ。私も勉強したいの。お兄さんにいられたら集中できない」と冷たく追い返される。

しかたなくお店を出ていくが、もう一度そーっとドアを開け、勉強に熱中するサムセンを盗み見てにっこり。

帰りにはドンウがサムセンに会いに来る。「夕飯でも食べようぜ」と誘うがサムセンは夜学に行くと言う。
今回辞めることになった先生に後輩のために話をしてくれるよう頼まれたのだ、誇れる先輩として。
ドンウも自社開発の栄養ドリンクを差し入れることを思いつく。それはいい考えだわとサムセンも喜んで一緒に行くことにする。

夜学では今夜限りで辞めることになった先生から話がある。皆別れを惜しんで泣き出す。サムセンもスンボクも恩師との別れにうるうる。
そこへ先生は「今日から新しい先生が来る。今から紹介するから」と新任を呼び込む。
皆が注目していると、入ってきたのは、なんとジソン。
ドンウもサムセンもびっくり。余裕でサムセンに笑いかけジソンは自己紹介。とたんに今までの涙の別れは忘れ、ハンサムなジソンに興奮して騒ぎ出す女子たち。

ジソンはサムセンを見つめ、東洋医大に一番で入学した先輩の話を聞きましょうとサムセンを教壇に呼ぶ。二人並んで教壇に立つ姿を見てドンウは面白くない。
「なんでお前がここにいるんだよ」とジソンに怒るドンウ。「じゃ、お前が代わりに授業できるのか?できないなら黙ってろよ」とジソンも応戦。そんな二人にまたあきれるサムセン。
ドンウは怒って出て行ってしまったものだから、ジソンは堂々とサムセンに「一緒に帰ろう。今夜も叔母さん家に泊まるから」と言う。サムセンは「また!?」と驚きの声をあげる。

帰宅した二人。運動靴を洗っていた妹はジソンが来たので大喜び。ジソン叔母は歓迎するが、ユニは「また!?ジソンしょっちゅう来ておかしい」とサムセンと同じ反応。叔母は自分会いたさに来ていると勘違いして喜んでいる。
夜、庭でうろうろしながらサムセンが出てくるのを待つジソン。願いがかなって出てくるサムセンに「こんなとこで何してるの?」と聞かれ、「え?ああ、体操してる」と急に体操を始める。
サムセンにも一緒にしようと誘うが、サムセンは「そんな体操より、気を取り入れる体操しよ」と言われ、へんてこな型をまねさせられるジソン。でもそれなりに楽しそう。

二人が健康的に体操にいそしんでいたころ、たそがれコンビ、ドンウとグモクは一緒に飲みに行く。
ドンウはいかにギジンがグモクを娘のように可愛いがっているかを力説。父ギジンを胡散臭い人物と敬遠気味だったグモクはドンウに言われ少し心を開く。
ギジンに「オジサンを信じるわ。おじさんがはじめたことなんだから責任を持って処理して」と言う。

サムセン母はギジンのことを考えていた。夜中に勉強しているサムセンの部屋に入り、「実父が知りたくないか」と聞く。

・・・・子供のころ、あんなにジソン一筋で尽くしていたサムセンなのに、今では何かと自分につきまとうジソンを少しうっとうしがって立場が逆転してるのが愉快痛快。
ジソンにつきまとわれてる意識すらなさそうだけど。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2013   0 comments   0 trackback
Category :少女サムセン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/6501-a341e0ec

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR