FC2ブログ

女の香り 12話

今日が一番悲しい日だと思いたい

昨日まではジウク目線で、不治の病とわかっても愛し抜く決心を告げるほどヨンジェに夢中なのに、拒絶されてしまって同情してたんだけど。
今夜は、ジウクが恋しくして仕方ないのに、そばまで行ってもぐっとこらえて駆け寄りたい気持ちを押し込めてるヨンジェが可哀想で、可哀想で。


自分が願ったこととはいえ、ジウクに「二度と会わない」と別れを告げられてから体も心も元気を失うヨンジェ。
そんなとき、ヘウォンのできちゃった結婚の日取りが決まり、ドレスを一緒に選びに行くことを約束する。
親友の二重のオメデタをともに喜ぶヨンジェに、何も知らない母の叱咤の檄が飛ぶ。
「へウォンが結婚したらあんた一人が独身じゃないの!?プライドもないの?ぶらぶらしてないで仕事くらい探しなさいよ。悔しくてたまらない」

結婚や出産どころか、数か月先の冬物のしたくさえ望めないヨンジェにはナイフのように鋭く突き刺さる母の言葉。「私だって心から喜んでるわけじゃない」そうでしょ、複雑でしょ。自分にはかなわない夢だもの。

でも人々の心に刻んだヨンジェの功績は大きいわ。
病院でがん患者がタンゴを踊ったことが評判になり、ウンソクは患者たちから「私たちも勇気が出ました」と感謝される。
暖かく満たされた心でヨンジェを心配する電話をかけるウンソク。
ヨンジェから「忙しいんだから毎日電話しなくていいわよ」と言われ、「毎日してたか?」って
気づいてなかったの?ウンソクったら。

ヘウォンのウエディングドレス姿を静かに見守るヨンジェは、一人になるとお店に戻り、ドレスを着させてもらうように頼むの。

ジウクのそばに立てていればどんなにか幸せだったでしょう、真っ白なドレスに身を包んだヨンジェの花嫁姿は暗く寂しい表情をいっそう際立たせて涙せずにいられない。

その頃ジウクはヨンジェへの想いを振り払うように、生気を失ったまま、ヨンジェからもらった挿し木の鉢を片づけさせ、セギョンに連絡する。
なんとか自分を立て直そうとしてるのはわかるんだけど、なんでお手頃なセギョンかな~
恵まれてるようで自分の愛さえうまくいかないセギョンにシンパシーを感じてるのかも。
セギョンと一歩ずつ始めたいとのんきに父に言ってるときに、ヨンジェは苦しくて辛くてもうこれ以上命はいらないって思ってるのに。


バケットリストに、撮ってもらった自分のウエディングドレス姿を貼り付けている時、堰を切ったように我慢していた悲しさと病気への恨みと運命への憎しみが一気に襲ってきて号泣するヨンジェ。
余命を告げられても淡々と運命を受け入れ、父に付き添った自分のように食べることも笑うことも眠ることもできなくなることを怖れて、愛する人を手放したヨンジェの初めての慟哭。

皆を心配させ慌てさせてヨンジェがふらふらと辿りついたのは、人生で一番幸せな日になるはずだった、ジウクからのプロポーズの川べり。
ウンソクから連絡を受けたジウクにはヨンジェの行く場所がわかっていたかのように、すぐに見つける。
が、頼りなく座りこんでいるヨンジェの背中に声をかけようとも、近づこうともしない。
「死んでいくところを見せたくない」それが、ヨンジェの望みなら目の前に現れるつもりはないジウクはウンソクに連絡。

ジウクがここに来ていたと知っても、結ばれない愛ならば哀しみの中で死んでいくしかないのなら、今すぐにその時を迎えたいと切望する哀れなヨンジェ。

重い心のままへウォンの結婚式にでかけたヨンジェは、人ゴミの中で一番会いたくて一番会ってはいけないジウクのまなざしを見つけてしまう。

無言のまま万感の思いを込めて見つめあう2人。やがてヨンジェが思いをたちきるように踵を返す。
永遠の愛を誓う新夫婦を羨ましそうに見守るヨンジェの横顔から目が離せないジウク。
そっと立ち去るヨンジェを思わず追うけれど、あきらめたように首をふり、自嘲の笑みを浮かべて自分もその場を離れる。

車を走らせるジウクが目にしたのは、魂が抜けたように茫然と歩くヨンジェの姿。
そのヨンジェの方をめがけて一台の車が走ってきたとき、咄嗟にジウクができたことは、自分の車をぶつけていとしい人を救うことだった。自分の命を顧みずに。。。。

ジウクの命がけの思いで我に帰ったヨンジェがどんなことをジウクに言い、どんな決心をするのか、次回も泣く用意はできてます。できればうれしなみだに変えてー












スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2012   2 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・女の香り

お疲れさま!
3話一気に見ました。どんな場面も涙涙で切ない回でした。

ジウクが幸せそうに 花火や指輪を準備していたのに ヨンジェの残酷な一言がジウクの笑顔まで
消してしまったけど ヨンジェの想いが分かるだけに 残酷ともいえません、、

ジウクがヨンジェの病気を知る事になり 二人の悲しみと怒り 愛する心とが葛藤するざまが 分かるだけに どのシーンも泣けますね。。
お互いに必要としているけれど ジウクとヨンジェの心が一つになれなくて どんなに涙を流せば
この思いが相手に届くのかと、、、

ウエディングドレスを着るのも オンマに洋服を買ってあげるのも バケットリストの一つであっても
ヨンジェが本当にしたい事は 愛するジウクと幸せな時を過ごす事でしょうにね


ウンソクの思いには悪いけど 病院でのタンゴ
途中からジウクと踊ってくれるのを期待したんだけどね (できすぎかー!)
2012.02.28 22:58 | URL | ユイユイ #- [edit]
おはようございます。
一度、おんにと会社以外で一日思いっきり、韓ドラトークをしてみたいものです。
2人ともが毎日が日曜日の御身分になれるのはいつの日でしょうか。。。。

この3話は特に盛り上がったでしょう?涙、MAX!!
これからは暖かな涙に変わってほしいけれど、まだまだ哀しみは残っていそう。
テーマがテーマですもの。常に命の期限が頭をよぎって、かすかな緊張にとらわれながらの視聴ですね。

生まれて初めて人を愛することを知ったジウクの、あまりにも早い失恋と、愛する人の残酷な運命。
短期間にジウクを襲った衝撃は彼を天国から地獄に突き落としたようでした。

でも彼を立ち直らせ大きく成長させるのは、やはり愛の力。それはヨンジェに愛される意味じゃなく、ヨンジェを愛し抜くで得られる力でしょうね~。

このドラマは出演陣みなにそれぞれドラマがあるのも内容が充実し、深みをあたえ飽きさせない展開へのつながってますね。

会社の嫌みなセクハラ課長でさえ、本部長ジウクにこびへつらうようで、時々恐れを知らないかのように皮肉を言ってみたり、とことんな悪人には描かれてませんね。
憎まれ役のセギョンも結局父以外には愛されたことのない不器用で哀れな女性として描かれてます。
同情はできませんけどね。

>ウンソクの思いには悪いけど 病院でのタンゴ
途中からジウクと踊ってくれるのを期待したんだけどね 

なるほど!!
それは思いつきませんでした。さすが、おんに。それも見たかったですね~。



2012.02.29 07:40 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/65-d62b3d0d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR