FC2ブログ

その冬、風が吹く 1話

ギャンブラーのオ・スの住む広いマンションには、弟分のジンソンや元恋人の妹、同姓同名のオ・スが出入りしていた。
オ・スは自分は実は財閥の息子だといい、今はイタリアンのシェフをめざし、一流になったときに両親の離婚で生き別れになった父と妹に会いに行くつもり。

目の不自由なヨンは豪壮な屋敷に大企業の総帥である父とワン秘書とともに暮らしていた。父は意識が無くねたきりで酸素マスクにつながれて眠っていた。

会社のために政略結婚をさせられる運命のヨン。
ある日、幼い日に別れ連絡を絶っていた兄が自分あてに手紙を出し続けてきたことを知る。
それを隠していたワン秘書を信じられないヨン。両親の離婚の原因もワン秘書だと思っていた。

一人で兄のくれた手紙の住所にでかけるヨン。応答したオ・スは兄は自分の方ではなくもう一人のオ・スだと言う。
兄が帰るまでマンションの入り口で待ち続けることにしたヨン。
出かけるオスが見つけ、声をかける。ヨンは目が見えないので兄からの手紙を読んでほしいと頼む。
「どんなふうに成長したかな」兄の文章に涙を見せる美しいヨンにひきつけられるように見つめるオス。

オスの恋人ソラはクラブの金を横領。その罪をオスに着せる。そのせいで警察に追われるオス。
ヨンに「兄さんは帰ってくるから」と教えその場から逃げるが、途中でオスを見かけたヨン実兄が何事かとオスを追う。
その途中、車にはねられてしまう。

ヨンの携帯に父が危篤との知らせが入り、道端でタクシーを必死に呼ぶヨンだが、目の前の同じ道路に実の兄オスが転がっているのがわからない。

オスは逮捕されソラの差し金で70億もの横領の罪に問われ1年の刑に服することになる。

一年後出所したオスだが、借金とりたてのムチョルに追われる身。
そのオスの前にヨン父会社の弁護士が現れ、ヨン実兄のオスを探していると言う。
間違われたのをいいことに、今の濡れ衣借金生活から逃れるために、ヨン実兄の身代わりになろうと決意したオス。
「覚えていますか?」と問う弁護士に「覚えています」と答えるのだった。

浮世離れして現実味のない画面。とにかくソンヘギョちゃんが綺麗。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/6485-228746b9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR