FC2ブログ

私たち結婚できるかな? 7~10話

一気に4話分見たけど、結構盛り沢山な内容で、感想書ききれないわ(・.・;)

まず主演カップルのへユンとジョンフン。相変わらず結婚準備のことで喧嘩と仲直りを繰り返していて、どんどん疲れてきてる。
どちらの母親も強烈な個性だから。ジョンフン母は自分は上品で教養があると自負していて、へユン母を見下してるけど、最初は可愛がってたへユンにつらく当たり始めてきた。

ジョンフン母とへユン母は新居のことでやり合う。江南のマンションはジョンフン側が用意。その代わり内装と家具はへユン側が持つように言う。なるべく出費したくないへユン母はまたジョンフンを呼び出してジョンフン母へのうっ憤をジョンフンで晴らすべく、嫌味を言う。
毎度のことで辟易気味のジョンフンは思い切って逆らってみる。

へユンは衣装合わせの場でジョンフン従兄弟のギジュン婚約者のチェヨンにばったり出会う。ギジュン元カノでへユンの親友、ドンビも一緒だったので皮肉の応酬になり、それが気に入らないチェヨンはギジュン母に告げ口。
ギジュン母はジョンフン母の姉。さっそくうちの嫁がそっちの嫁に泣かされたと電話。
謝れというギジュン母。ジョンフン母はへユンを信用しているので、謝らなくていいと言うが、それが逆説的意見と知っているへユンは謝罪の場を設ける。

ところがそれは人を雇っての謝罪パフォーマンス。完全にチェヨンをばかにしたもの。ギジュンとチェヨンの婚約式でそのことを暴露されるへユン。
ジョンフン母は恥をかかされたとへユンを叱りつけ、へユンは泣いて謝るはめに。陰から見ているジョンフンは困るばかりで、かばいにも出ていけない。

ジョンフン母はへユンが贈り物リストのバッグひとつ買ってこないことにも怒っていた。
お金のないへユンにかわり、ジョンフンが借金してでも買うことにするが、それを知った父が代わりに購入。ところがそれで終わったと思ったジョンフンに母は激怒り。夫婦げんかに発展。

ビジネスのための政略結婚のためギジュンにふられても、辛くなったらいつでもおいでと言うようなお人よしのドンビ。しばしばかかってくる海外からの電話にめんどくさそうに答えていたが、ある日、へユンと食事中、プサンの財閥の息子の急死というテレビのニュースに驚いてはじかれたように席を立ち、そのまま連絡が取れなくなってしまう。
そのまま登場しないこと3話分。
ドンビはどこに消えたのか。

ヘジンはドヒョンの逆襲を受けていた。財産仮差押えを始めたヘジンの先手を打つべく、ヘジンを離婚裁判で訴える。ところがヘジンの担当弁護士は誠意のない人物で全く頼りにならない。
へユン母はへユンの先輩だと以前紹介された弁護士がいることを思い出す。へユン元カレだとも知らずサンジンに連絡。相談に行くと、なかなか仕事のできる男らしく、頼もしい。次々に戦略を授け、裁判の予行演習もしてくれる。

ヘジン離婚はへユンも知るところとなり、その弁護をサンジンが引き受けたこともわかる。
へユンは姉のことや行方不明のドンビのことでサンジンに相談。しばしば会うようになるが、嫉妬深く心の狭いジョンフンには本当のことが言いだせない。
だが、ジョンフンはへユンがサンジンと会っていると察知。そのことで喧嘩になる。

ドンビはジョンフンには連絡してきていた。ニュースで薬物死が伝えられた資産家の子息とはドンビの弟。実家とは絶縁状態のドンビだったが、お葬式に列席。弟のさみしさをわかってあげられなかったことで自分を責めていた。
へユンは知っていながらドンビのことを黙っていたことでジョンフンを責める。

ドンビはへユンよりもジョンフンにそばにいてほしいらしく、部屋に呼んで慰めてもらい、友人として一晩をともに過ごす。

ジョンフンは喧嘩のときについへユン母のことを持ち出す。世間の荒波から自分たちを守ってがむしゃらに生きてきた母の苦労を理解し、感謝し、愛しているへユンにとって、母への侮辱は絶対に許せない。
今夜もバイクにはまり、ドヒョン友人の遊び人と恋に落ちた叔母を叱っている母。家族に熱い愛情を荒っぽく示す母がいとおしいへユン。

ドヒョンはおバカな愛人が離婚裁判の不利にならないかひやひや。ヘジンは愛人ユリのおバカさを利用して念書をかかせる。それは不倫の証拠になる。
診察室にもやってきて治療に来ていたへユンカップルの前に堂々と現れる浅はかなユリだが、捨てる気はないらしい。ホテルで会い続け、ヘジン側に現場を写真で激写される。

息子にも冷たいドヒョンだったが、息子は父を慕い、あまりかえってこないのは病気でもうすぐ死ぬんじゃないかって小さな胸を痛め、子供なりに恐れていた。両親からの話がそのことだと思い込んで泣き出す息子に、離婚のことを切り出すヘジン。息子は、これまで通りパパに会えてママと暮らせるなら離婚してもいいとにっこり、理解。
今までかまったことのなかったわが子から心配されていると知り、少ししおらしくなったドヒョンは荷物をまとめさせ、友だち、ミンホの家に上り込む。

そこにはへユン母の怒りをおそれた叔母が逃げてきていたのだけど、ドヒョンが来たことで帰宅せざるを得ない。

「愛が現実に負けた」。結婚準備のことで双方の母に振り回され、元カレのこともあり、別れを切り出すへユン。
ジョンフンも疲れ果て、静かに話を受け止める。

ところが吐き気を覚えるへユン。まさか、妊娠!?

全20話で、まだやっと半分まで。いったんは別れ、またよりを戻すのでしょうけど。結婚で親が何もかも準備してあげることにも驚きだし、双方の母がでしゃばりすぎなのにもあきれちゃうわ。
韓国ではこれが現実なのかしら。大変ね。
ギジュンは婚約式を済ませたものの、愛のない結婚に後悔しはじめてる。遊び好きなチェヨンのあまりの自分勝手さを甘くみてたわね。愛がないってことはチェヨンにとっては夜もないってこと。
そこまで割り切らされるとは思っていなかったギジュン。
あんないい子のドンビをふった罰を受けるといいわ。そしてドンビが実は財閥の令嬢だと知ったら、どうするかしらね。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2013   0 comments   0 trackback
Category :私たち結婚できるかな?

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/6192-e65acefb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR