FC2ブログ

少女サムセン 21話

グモクの「頭がいい人が好き」の一言で、俄然勉強の虫になってやる気を出したジソン。
母にも朝早く起きると宣言。大喜びの母だが、朝が弱い。そこでサムセンが4時起きで毎朝ジソンを起こす。
早くから朝ごはんも用意して、張り切ってお弁当も作りジソンに持たせ、毎日のおやつも欠かさない。
ジソンに尽くす喜びに満ちた日々。
ジソンがグモクのために頑張っているとも知らず。

時々不愉快なことがあるとすれば、ドンウがちょくちょくやってくること。用もないのにいったいなにしに来るのだか、サムセンには全く理解できない。門の前でグモクにもらったリコーダーを吹いて、ジソンの勉強の邪魔になる、と怒ったサムセンが門を開けて怒ると、サムセンの顔が見られて嬉しそうなドンウだけど、サムセンには邪魔ものあつかいで毎回追い返される。

サムセンを追い出すと言っていたジソン父がいまだにおいていると知り、ギジンはいつか悪事がばれるようで不安。ジソン父に重ねて同情する必要などない、追い出してしまえと言うが、ジソン父は「ゆく当てのない子供を追い出すような真似はできない」ときっぱり断る。
不満そうなギジンを疑いの目でみるポン院長。

ジソンは韓国一の進学校を受験。サムセンは願いがかなうと信じる山に登って「どうかジソン兄さんが望む学校に行けますように」とお祈りする。

ごうかく発表の日、ジソン両親と同じくらい心配なサムセンは門の前でジソンの帰りを待つ。
ポーカーフェイスのジソンの表情から何も読み取れないサムセンは、思い切って聞いてみる。「どうだった?合格してた?」。
ようやくジソンが「合格してたよ」と告げると自分のことのように大喜びするサムセン。

そんなサムセンに「どうしてそんなに喜ぶのさ。」とクールに言いながらも微笑むジソン。
二人のやりとりを物陰からじっと見つめて少し悔しそうなドンウがいた。

ドンウ切ないわねー。今のところ、ジソンに夢中のサムセンには振り向いてもらえそうにないわ。
ジソンとグモクは両想いってことよね。サムセンも前途多難ね。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2013   0 comments   0 trackback
Category :少女サムセン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5793-6696e4ed

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR