FC2ブログ

頑張って、ミスター・キム! 43話

ジヨンに向かって大声で反抗するヒレにテピョンは「突然のことで戸惑ってるんだろうと、慣れるのを待ってた。だがもう我慢の限界だ。お前が恥ずかしい。育て方を間違えた」と真剣に怒る。
「俺は今からジヨンさんに謝ってくる。お前もあとで謝れ」と部屋を出ていこうとするテピョンにもヒレは頑として「なんで、私が?」と過ちを認めず怒りは収まらない。
「私が本を汚したせいで、ごめんなさい」と謝りにやってきたソンアにも「あんたがいた間は幸せじゃなかった。いなくなってくれてせいせい」ときついことを言う。泣き出してしまうソンア。
テピョンはジヨンを広場に呼び出してヒレのことを謝るが、同時に「子供たちのことは余計な口出しせずしばらくそっとしておいて」と頼む。余計なことと言われたジヨンはショック。自分も頑張って子供たちに近づこうとしているのにと、テピョンに思わず愚痴。

ウギョンはゴヌク養母に言われたことで落ち込んでいた。ゴヌクはウギョンを女性として見ているわけじゃない。野望のための道具にすぎない。それは本当なのか悩んでいたウギョンはゴヌクからの電話も出ない。
ウギョンの様子がおかしいのでゴヌクは母が何か言ったと直感する。

元気のないテピョンを心配するホギョン。テピョンはヒレに手を焼いていることを正直に打ち明ける。ソンアが母と暮らすため家を出ていくことを知ってからますます態度がひどいと。
事情を知ったウギョンはテピョンに「ヒレの身になって考えると、家族が増えても別れなきゃならない。新しい子を次々連れてくる叔父さんが憎いかも」とアドバイス。

ホギョンの本を汚したヒレはおそるおそるウギョン家に謝りにやってくる。ホギョンに昔の自分を見ているみたいだ。人に心の中を悟られないように固く閉ざしてると言われたヒレは心の鍵がゆるみ、「叔父さんみたいになりたくなかった。いつも人のことばかり優先して自分のことは後回し。新しい子が来ても出ていくのに。」と涙を流して本心を打ち明ける。
ウギョンの言うとおりだった。

ウギョン宅でそれぞれ気持ちを吐き出したテピョンとヒレは仲直りしてソンアが出ていく前に家族で記念写真を撮ることにする。
素直になったヒレはソンアに「お姉ちゃんが髪を直してあげようか?」と切り出し笑顔で見つめ合う。
楽しく記念撮影をしていると、連絡のとれないソンア母の代わりに留守電にテピョンが入れていた、ソンア父から電話がかかる。

「ソンア母のことなんて知らない。俺たちは別れた。あいつは金を使い果たしたはず」。
愕然とするテピョン。
ソンアはあんなに喜んでるのにぬか喜びになるのが可哀想。

今日もジヨンとウギョンの差が歴然。ジヨンはテピョンを通して子供たちを見てるから、視線が上から。
ウギョンはテピョンに関係なく純粋に子供目線で考え思いやってあげられる。
テピョンもウギョンに言われて「そんなこと全然考えたことなかった」って気づかされてもの。
ジヨンだとテピョンの事情を知っていて関係をいちから作らなくていいから、テピョンとしては楽だと考えたのよね。だから交際を始めた。でもそのうちウギョンの良さが身に染みてくるんじゃないかしら。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2013   0 comments   0 trackback
Category :頑張って、ミスター・キム!

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5792-6cdd62d2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR