FC2ブログ

このドラマなぜ当たらない?

き
ㆍトップスター動員·大々的宣伝にも視聴率の底である理由

トップスターを動員して大々的な宣伝をしたドラマも一部は視聴率が一桁にとどまり、古典的なこともある。

23日SBS月火ドラマ<チャン·オクチョン、愛に生きる>は視聴率が7.5%(ニールセンコリア)にとどまった。 トップスターキム·テヒを前面に打ち出したが、同時間帯に放送されるKBS2 <職場の新>、MBC <区がの書>に押されている。

25日SBS水木ドラマ<私の恋愛のすべて>は5.4%であった。 演技派俳優シン·ハギュンとトップスターイ·ミンジョンの男女主人公で前に出して好評を受けているが、視聴率は横ばいである。

25日、MBC連続時代劇<グアムホ·ジュン>の視聴率は8.6%である。 60%を超えた14年前の<ホ·ジュン>の栄光を再現すると気炎を吐いたが、視聴率は足踏み状態だ。 最近終放したKBS2月火ドラマ<広告の天才李太白>は6.3%で終えた。

これらのドラマがうまくいかない理由は何か。 答えは、すべてのドラマの中に入っている。

(1) '俳優'感じない与えスター

(2)の視聴者ターゲットあいまい

(3)ゴールデンタイム編成失敗

(4)明らかな設定の古い演出
き2
激しいドラマ市場で "スターパワー"は、最も重要な興行要素だ。 スターパワーは、 "認知度"と "演技力 'を含んでいる。

<チャン·オクチョン>のキム·テヒはトップスターだが、俳優としての存在感は低下する。 常に演技力論議に苦しめられてきた彼は今回のドラマで "あまり悪くない '演技を見せているが、これまでの疑問を払拭させるほど強烈な姿を見せてくれなかった。

さらに、 '国民の弟'イ·スンギと "国民初恋 'と呼ばれる樹脂が出てくる<区がの書>、絶頂の演技力を披露するキム·ヘスの<職場の新>を超えては力不足だ。

ある放送関係者は "キム·テヒは、ビルボードでは、国内最高ですが、代表作もなく演技力を褒められたことがない"とし、 "大衆に 'スター'で刻印されているだけで '俳優'という感じがしない"と述べた。 彼は "チョン·ジヒョンのように結婚をして大衆のスターという認識が消えた固定観念を破って眺めることができないだろうか"と言った。

ドラマの主な目標視聴者群がはっきりしていないことも問題だ。 <区がの書>は、 "半人半獣"(半分は人であり、半分はモンスター)が登場するファンタジー時代劇で確実にルートを決めた。

しかし、<チャン·オクチョン>は "朝鮮王朝実録に出てきた内容"としながら "ファッションデザイナー"という概念を導入したが、マネキンやかかとのゴム靴などが問題になった。 正極とフュージョン時代劇の境界があいまいなのだ。 本格的な時代劇が好きな視聴者層である中高年にチャン·ヒビンは悪女 'であるだけで、ロマンスとデザイナーのコンセプトが浮かばない。

したドラマ製作会社代表は "視聴者層を考慮して、ある程度時代的な状況を見つけて行くべきなのに、異質性のある小物がむしろドラマの傷になった"とし、 "話外的な部分を巡る議論がドラマ全体を侵害した場合"と述べた。

<私の恋愛のすべて "もターゲットが曖昧である。 大衆文化評論家チョン·ソクヒさんは "一日の終わり笑って楽しみながら楽に見たいのがドラマなのに、その時間までに厄介な政治の話を見たいと思っていない"としながら "政治に興味がある30、40代のほか、年齢を超えて幅広い注目を受けるのが容易でなかっただろう "とした。

ドラマの成否は組織にも影響を受ける。 ドラマ製作社関係者は "トップスターが主人公に決定しても良い時間帯編成を獲得ギガ決して容易ではない"と述べた。

このため、放送界では、いつも '編成戦争'が繰り広げられる。 最近<その冬、風が吹く>は視聴率を高めるために、初回に1、2回を運転して放送する変則的な編成で議論がされた。

<グアムホジュン>が正しくない組み合わせの代表的な例だ。 作家や演出、俳優たちも皆信頼性が高いが視聴率は底である。 MBC関係者は "<ニュースデスク>を午後8時に移動し、午後9時台唯一のドラマで視聴率上昇を狙ったが、数十年たまった視聴者の視聴パターンを変えるのは容易ではないようだ"と自評した。
き3
特にKBS 9時ニュースの固定視聴率が20%台というのも<グアムホジュン>視聴率上昇の決定的な障害であるわけだ。

SBS側は "私の恋愛のすべて>の組み合わせの失敗を認めた。 ある関係者は "前作<その冬、風が吹く>が水曜日に終放したせいで、木曜日に"私の恋愛のすべて> 1回を開始した "とし、"ドラマ1、2回の占める影響力が非常に大きいことを考えると木曜日1回編成は大冒険だったようだ "と話した。

<お金の化身> <その冬、風が吹く "など成功したドラマは"繊細できめの細かい演出 "が大きな特徴である。 下手に作っていく高くなった視聴者のレベルに合わせずに墜落するだろう。

ある放送関係者は "<チャン·オクチョン>の主人公二人が3回も出くわす設定などが最近ドラマ傾向からかけ離れた"とし、 "<広告の天才李太白>も若い俳優と演技派俳優たちの融合が悪くなかったが、5年前のドラマを見るような "オールド(古い)"な演出が問題だった "と話した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2013   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5746-25eca7eb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR