FC2ブログ

愛の贈り物 20話

珠玉の名作がとうとう終わってしまいました(;O;)
派手な旬の大人気スターの出演や鳴り物入りの宣伝はなかったものの、実力派の演技者たちによる競演が素晴らしく心に残る感動の名作となりました。

特にハ・ヒラさんの無償の愛を注ぐ母になりきった演技に心打たれました。この方は子役出身のベテラン女優さんであることは知っていましたし、これまでいくつか主演ドラマも見たことはありましたが、このパボオンマが集大成と呼んでもいいくらいの名演だと思いました。大俳優チェスジョンさんの妻として子供の母として家庭生活もきちんと送りながら、これほど見事なお芝居のできる女優さんだとは。
私にとってハヒラさん再発見のきっかけとなるドラマでした。

もちろん、キムヒョンジェさんも前作「きらきら光る」と同じく自立した強い女性キャラながら、お嬢様育ちで天真爛漫な前回と違い、今回は暗い出生の秘密と過去を持ち苦労して地位を築きながら不倫夫に苦しめられるシリアスなキャラを見事に演じ分けていました。
そして型にはまらない自由な演技で新境地を開拓したシンヒョンジュンしも印象的。後半はハヒラさんとの純愛がメインといっても過言ではなく、心臓を患ってパワーの落ちたヒョンジェさんに変わり主役級の活躍でした。
ヒョンジュンしでなければこのドラマは成り立たなかったというくらいにゴマンのキャラが際立っていました。

そしてさらに言うなら、個性的なキャラたちの中で目立ちすぎず沈みすぎず奇をてらわず自然に演じ、すべての出演陣をうまくつなぎ合わせて一つの美しい物語に仕上げたのがハヒラさん演じるソニョンの役目だったと思います。
これが他の女優さん、たとえばコヒョンジョンさんのような我の強い女優さんが演じたとしたら調和が乱されぎくしゃくしたまとまりの悪いドラマになっていたことでしょう。

時にヒョンジュンさんのゴマンが熱演過ぎて暴走気味なシーンも、ハヒラさんがふんわりと受け止め包み込んでうまく収めていました。

ヨンジェはチョンドと言い争ううち倒れて意識不明に陥ってしまう。
その知らせは新婚旅行と称してソニョンをアメリカの脳腫瘍の権威のもとに連れて行こうとしているゴマンにも伝わるが逡巡するゴマン。
このまま知らん顔でソニョンと渡米し手術を受けさせ一日でも長く一緒に生きていたい。けれど、ソニョンが一番望むのは自分の命を捨ててでもヨンジェが元気になること。
迷うゴマンにもはや聖母マリアの境地に近づいているソニョンは理由もわからないまま、「欲を満たそうと生きるときほかの人を傷つけては幸せにはなれないわ」と優しく告げる。
ゴマンはヨンジェの病院に急ぐ。

瀕死のヨンジェは一時は心臓が止まるが懸命の蘇生処置で息を吹き返し、そこにソニョンが駆けつける。「つらかったね。もう大丈夫だよ。キツツキがきたから助かるよ」。ソニョンは自分の死期が迫っていると感じ、ヨンジェにやっと心臓があげられると頭痛に襲われたわが身を喜ぶ。
意識があるのが奇跡、もうすぐ脳死になると医師は診断を下す。「そんなにヨンジェに会いたかったのか」と号泣するゴマンに医師はソニョンがゴマンにあてた手紙を手渡す。「お別れも告げず逝ってしまってごめんなさい。ゴマンさん、愛しています」

母の呼びかけに応えるように意識を取り戻したヨンジェにジェハは心臓の提供者が現れたことを告げる。新婚旅行から戻る母と元気な姿で再会できると喜んで手術に臨むヨンジェだが、ストレッチャーで運ばれる途中に見た白布に全身おおわれた端からのぞいた提供者の爪にタッピョルがソニョンに塗った梨の絵を見つける。

「心臓をくれるのって、ママじゃない!?いやー!」と叫ぶヨンジェだが、そのまま手術が行われる。ソニョンの幻に見守られながら。

数か月後。退院してゴマンの屋敷に戻ったヨンジェ。ゴマンは出迎え、「ひとつお願いがある」と遠慮がちに切り出す。「母さんの墓参りが済んだらここに戻って一緒に住んでくれないか」。「もちろん、家族ですもの、パパ」と答えるヨンジェ。

ジェハとタッピョルとヨンジェは故郷の果樹園が見渡せる丘に眠るソニョンのお墓に参り、「パボオンマ」と語りかける。


ソニョンの死と引き換えに憧れた家族を得たゴマン。娘と孫娘をソニョンに代わって守ってくれる頼もしいパパとして。

ひとつ不満だったのは、チェリンとチョンドがよりを戻したこと。二人が幸せに結ばれるならその前にチェリンにはヨンジェにさんざん苦しめた謝罪をひざまづいてしてほしかった。何食わぬ顔でソニョンの結婚式に来たのも不快だったのに。財産をすべて失ってこれから苦労する暮らしが待っていたとしてもヨンジェには償いをしてほしい。
あの二人のシーンは全くの蛇足、余計だったわ。そこだけが違和感だったけど、それを除けば素晴らしい作品でした。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2013   0 comments   0 trackback
Category :愛の贈り物

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5341-d3bdb51a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR