FC2ブログ

福寿草 57,58話

ユラと悪徳刑事によって、死んだことにされたテヤン。その情報がヨナにもたらされ確認するが、焼死体のうえ偽造パスポートなので遺体の身元は判明しないまま、テヤン一家だろうということになる。

生きるよすがを失ってしまったヨナ。落胆は大きく生きる気力を失ってしまう。命を絶とうとした瞬間、妹スエから母が順調に回復しているという電話が入る。
母と妹を思うと勝手に死ぬことも許されないわが身を呪うように号泣するヨナ。
母のもとに駆けつけ、泣きながらテヤンを失ってしまったことを嘆く。そんなヨナが母の枕元で見つけたのは、テヤンがユラに書いた似顔絵。ユラが焼き捨てようとしたものを、スエが拾っていたのだ。
ふとスエが「ユラ姉さんがテヤンを連れて行ったんじゃないかしら」と言いだす。施設でユラを見かけたとヨナに告げる。

ヨナはガンウクからもテヤンが海外に出発した時刻にユラを空港で見かけたと聞き、ユラがテヤンの渡航にかかわっていることに確信を持つ。
ここまで自分をおとしめたユラならテヤンを亡き者にすることくらい、やりかねない。

ユラを問い詰めるうちしらを切って開き直るユラに激怒、興奮したヨナはユラの首に手をかけて首をしめようとする。そのまま警察官につかまってしまうヨナ。
ユラはテヤンのことをユンジェに黙っている条件で示談にするという。
母と妹の世話、これからユラへ復讐を遂げるためにはまた刑務所に入るわけにはいかないヨナはその条件を飲む。

ユラからガンウクがユンジェの義兄だと知らされたヨナは初耳。ユンジェのために自分に近づいたのかと疑うが、ガンウクは満身創痍のヨナに「好きだ」と告白。今のヨナにはガンウクの感傷などどうでもいいことだが、ガンウクの好意を利用してでも自分に協力してほしい。
「私のためになんでもできる?」と聞くと「なんだってやれる」と誓うガンウク。ヨナからユラの犯罪のすべてを聞いたガンウクは家族も捨てる覚悟を告げる。
ヨナも真実を明らかにして自分の身の潔白を証明するだけでなく、これからはユラへの復讐を目的に生きると誓う。

それにしても、そんなにヨナが好きでなんでもするっていうなら、ユンジェに子供の存在を知らせたらどうなの。心の中でヨナの子供をユラに殺されたってつぶやくんじゃなくて、その言葉をユンジェに吐いてやりなさいよ。
なんでユンジェへのせめてもの恩情なの?自分と母を毛嫌いしてるユンジェなのに、何のために?
そんな人のいいこと言ってるから悪魔のユラにしてやられるのよ。

これからは突然現れた株の投資家女性を巡って敵味方、取り合いになるのかしら。




スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2013   0 comments   0 trackback
Category :福寿草

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5295-53b9b566

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR