FC2ブログ

あなたなしでは生きられない 53~56話

今回はサンド母、キムヘスクさんの名演技に泣けました(;O;)インジャに共感したというより、インジャを通してキムヘスクさんが描くもどかしさ、やるせなさ、苦しみ、悲しみに感銘を受けたんです。

「ガヨンと別れたとしてもイネには戻れない」となだめすかす父にきっぱりと言い切ったサンドを、それでも裸足で追いかけ追いすがるイネ。ギチャンを守りたい一心、まるで母性の本能がそうさせるように、拝み懇願しすがるイネを振り払い「ガヨンとギチャンと両親と愛する人とだけ一緒に暮らしたい」と吐き捨てるサンド。「そこに私はいないのね」と聞くイネを捨てて逃げ去ってしまう。

騒動で一睡もできない家族たち。イネは一晩中考えて、荷物をまとめ眠っているギチャンを起こし「すまないけど、パパと三人で暮らせないの。だからママはここを出ていく。ギチャンは残ってもいいのよ」と言うとギチャンは「嫌だ。ママと行く」そう答える。二人でそっと家を出ようとするが、物音で姑に気づかれ、引き留められる。
サンド父と二人話し合うイネは「もう、無理です、ここにはいられません。夫が憎くて仕方ない。本当は別れて楽になりたいけど、ギチャンのことを思うと離婚はできない。だから出ていくしかない」と訴える。はじめは「行くところなんかないじゃないか。ここで辛抱して待て」と説得する父だがイネの本心を聞き、「わかった。ただし必ず戻ってくるんだぞ。」と送り出してくれる。
「イネを行かせないで。止めて」と混乱して泣き叫ぶサンド母だが、離婚を避けるための最後の手段なんだと理解すると、通帳を手にあわててイネを追いかけ、無理やりに持たせる。
「実の母なら我慢を強要させるかと、尋ねたでしょ?じゃあ実の娘なら、どうする?」と固辞するイネに通帳とともに自分の指輪まで抜いて渡すサンド母。「今はこれしかないの。どうかこれで持ちこたえてね」。涙の別れをする姑と嫁。
部屋に帰ってから放心し、さめざめと泣くサンド母。

離婚届けにサインしてもらおうと翌日約束のカフェでイネを待つサンドのもとにイネは現れず電話も通じない。しびれを切らせて実家に電話すると出た母は「イネさんはいない。ギチャンと出て行った。私たちが行かせたから。」と言う。驚いたサンドは急いで実家に行き両親を責め立てる。
「そんなに離婚したいのか」と父から怒鳴られたサンドは「イネはこの10年、外で働いたことなんかないんだ。どうやって生きていくんだ」と逆切れ。父は「そんなに心配ならお前がここに戻れ」というがサンドの追及はあらぬ方向にいく。父の過去の浮気を責めるサンド。「父さんがやっと戻ってきたと思ったらチドを連れてきた。あのころの僕たちの気持ちがわかるか」。父も負けずに「そんな思いをしたのに、なぜお前まで」と反論。
とにかく離婚のために訴訟も辞さないと言い捨てて出ていくサンドに「プンギさんに復讐したの?」聞く母。

そんな母に小姑はヒョンテ母から聞かされた話を教える。ヒョンテが昔からイネを好きで結婚生活もそのせいでダメになったと。信じたくない母だが、ギチャンが迷子になったときもガヨンとの逢瀬に興じていたサンドの代わりに必死でギチャンを捜してくれたヒョンテの姿を思い浮かべてしまう。
夫にも相談。サンド父は「サンドが馬鹿なことをするから、イネさんまでそんな目で見られるんだ。とんでもない」と何もかもサンドの浮気が悪因だと改めて激怒。
二人は何よりも今は嫁のイネが一人でギチャンを育てられるかが案じらしい。

イネを心配してると思えないが、ギチャンを連れて出られたむなしさから、さすがに後悔でいっぱいになったのか、泥酔したサンドは迎えにきたガヨンに「イネ、すまない。俺が悪い、」とつぶやき続ける。
嫌気がさしたガヨンは翌朝ついに「両方手に入れたいのね。欲張ってるだけ。もう別れたい。本気で別れましょう」と告げる。

結局女の方から愛想をつかされ別れを告げられるとはね、つくづく情けない男サンド。イヤイヤ、もうサンドなんて見るもの嫌なイネのために、どうぞお二人で幸せになってください。そのかわり何度も捨てたギチャンのことはイネに任せてね。その方がすくすくお利口に育つので。
でもイネには身に覚えがないけど、ヒョンテとの仲をみんなに疑われる展開になりそう。それがかえってイネにヒョンテを意識させることになってしまうんじゃないかしら。そうなると裏切られた思いのサンド両親から信頼と愛情を失ってしまうことになりそうで、怖いわ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2013   0 comments   0 trackback
Category :あなたなしでは生きられない

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5220-d44dfbd2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR