FC2ブログ

メイクイーン 25,26話

なんとなく見てます。
お話が恋愛よりも事業の成功物語に比重があるのは見やすいです。
何せラブシーンにはときめかない主演陣のメンツなので(^_^;)

大企業でありながら設計図や模型をコソ泥するという姑息かつ古典的手段に出たドヒョン側。
犯人チャンヒたちは追いかけるサンをひき逃げ。目的のためには人殺しも辞さない覚悟の敵。
敵の目星、黒幕はドヒョンだと確信しているサンとヘジュはドヒョン会社に乗り込んでいくが、証拠の品々はとっくに隠されていてしらを切られる。
ドヒョンの手先に成り下がったチャンヒに失望し侮蔑のまなざしで睨み付けるヘジュ。

その失恋の痛手は大きく、サンがいまだに子供のころの自分のカチューシャを大事に持っていると知っても、恋して傷つくことが怖くて、思いを受け止められない、あきらめてというヘジュ。
自分がサンに惹かれはじめ好きになりそうな気持ちを抑え自分にも言い聞かせるようにサンを恋の相手としては拒否するヘジュ。

チャンヒはドヒョンへの復讐計画から、ドヒョン娘イナを自分の虜にして夢中にさせることに成功。
わざと結婚を反対されているからあきらめないと、と悲しそうな表情をしてみせ、イナをますます躍起にさせる。
イナを抱きしめた裏の顔は冷酷極まりないのに、心を殺したままイナと結婚するのかしら。

ヘジュはこのままだと倒産するサンの会社の立て直しを条件にドヒョン会社で新型プロペラの製作に携わることにする。
そのヘジュの敵側に入り込むという決断を受け入れられないサン。
喧嘩別れのようになるが、必死のヘジュのご機嫌取りに子供のころからヘジュひとすじなサンはつい許してしまう。

ヘジュは企画室室長としてドヒョン会社に迎えられ真面目に仕事を頑張る。
ドヒョンのダメ息子イルムンは面白くない。結局チャンヒの策略通りイナとの結婚を許した母にも怒り爆発。

謎だったサン両親の死因はドヒョンにあった。マイクロフィルムの行方を追っていたドヒョンが追い詰め、両親の乗る車が事故にあったのだ。その手にはフィルムがなかったため、ヘジュ実父のもとにドヒョンが向かい、実父を殺して手に入れたのだった。

息子夫婦の死の真実を知ったサン祖父はドヒョンを責めるが、逆に亡くなったのはサン祖父。口封じにドヒョンが殺したのだろうか。

幾人もの人を傷つけ亡き者にしたドヒョンの罪は重すぎる。
サンとヘジュの敵は同じ人物。ヘジュは実の両親のことをまだ知らないが、知ったときにドヒョンに復讐を開始するのだろうか。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2013   0 comments   0 trackback
Category :メイクイーン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5120-66c38564

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR