FC2ブログ

神々の晩餐 29,30話

偽インジュが欲を捨てて悔い改めないとこれ以上受け入れられないというインジュ父に対して、母は偽インジュをかばいすぎ。
これではいくら偽インジュが見ていないところでジュニョンを抱きしめて「ママが悪いの」と言ったところで、ジュニョンの今までの苦労とさみしさはちっとも報われない。
偽インジュとジュニョンをいったいどうしたいのか。

父は戸籍を戻すというが、偽インジュも母もジュニョンも反対。このままでいいと。
気づかなければよかった、名乗り出なければよかったというジュニョンに「優等生ぶって」とますますひねくれる偽インジュは自分がいなければいいんだろうとばかり、家を出て、結局サナレ会長ソリの部屋に世話になる。
悪者同士家族に見捨てられた自分たちは似ているというソリ。

ジェヒの手をふりほどいたジュニョンはドユンの方に気持ちが傾いているのかもしれなかったのに。
ドユンは自分がジュニョンの憧れのカリスマシェフ、ヘミルだと明かそうと決意。本当の自分に戻ってジュニョンに気持ちをぶつけようと記者会見をセッティング。

ヘミルの記者発表会見の会場に訪れるソリやジュニョンの前でヘミルの仮面をとるドユン。
ジュニョンの驚きはもちろん、ヘミルとして息子に裏切られていたソリの衝撃と落胆は大きい。
自分を騙していたとドユンに怒り、避けるジュニョン。好きになりかけていただけに、ショックを受ける。

仲直りのきっかけは、ドユンとソリの壮絶な親子喧嘩の場に居合わせたこと。
兄を死なせたのは母のせいだと思っているドユンは亡き兄への謝罪を要求するが、結局お互いをののしりあい決別する母子。
和解できない母と子の姿に同情したジュニョンは涙するドユンの頭を自分の肩に乗せ、慰めるように背中を叩いてあげる。

各国大使夫人を招いての食事会。予約を受けているアリランではドヒの号令のもと張り切って準備するが夫人たちは現れない。
そのころ大使夫人たちが席についたのは、ライバル、サナレレストラン。そこでシェフとして現れたのは、偽インジュ改め本名を名乗る偽インジュことソンヨナ。

偽インジュも今更本物ではなかったと言われても確かにかわいそうなんだけど、ジュニョンが追い出そうとしてるわけでもないし、そもそものひねくれ根性がさらに悪化していて同情の気持ちも引きます。
お兄さんとはすぐに打ち解けて楽しそうなジュニョンだけど、アリランには居心地悪そうだし、失われた22年間を取り戻すには、気持ちが偽インジュに向かっている母の努力がまったく足りず、一番の被害者だわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2013   0 comments   0 trackback
Category :神々の晩餐

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5119-b139db5c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR