FC2ブログ

信義 5,6話

相変わらず現代ペースなウンスが面白い。奇妙ないでたちをして王様にさえ慇懃無礼な態度で周囲を圧倒するキチョルに妖魔扱いされ、もう我慢できない!とキチョン相手に言いかえし、まくしたてる。
最期に英語で侮辱した言葉をキチャンの家来は呪術だと勘違い。それくらいの迫力があった。
なにせ歴史上の人物が続々出てくるので、現代人にとって未来の予測はお見通し。
「元はまもなく滅びて明の時代になるわよ!あんたの最期も知ってるけど、教えないもんね。ムカつくから!!」って。

キチャンは王の勢いをそぎ、自分の権力を旺盛にするために、王側にいる天医ウンスと、最強の護衛ヨンを手に入れ自分が操りたい。
そこで王に「王様のために妖魔を退治したい」と進言。王は考えがあってウンスをキチャンの手に託す。

危篤状態に陥ったヨンを手をつくし、心を尽くしてなんとかよみがえらせたウンスは王命でキチャンのもとに連行される。
ヨンの治療もそこそこにみすみすウンスを敵の手に渡した王にお妃は抗議。
「それはヨンのためか、王である私のためか」ヨンとの関係を疑う王にお妃は「私に関心があったとは。王様の味方、王様を守るのはヨンと天医だけ。その二人を失う王様を心配してのことです」と悔しそうに言い捨て、「二度とこの部屋に来ることはありません」と涙をためた目で部屋を出ていく。
王とお妃の間に横たわる誤解の溝はますます深まった。
素直になれず修復できない二人。

ヨンは周囲が止めるのもきかず目覚めたばかりの体で一人ウンスを救うためにキチャンの屋敷に向かう。
キチャン側には妖術の使い手がいて、ヨンは危機に陥るが、なぜか戦いのときに離さない、機動隊の盾で敵のパワーを跳ね返し、なんとかウンスの居場所にたどりつく。
キチャンが要する敵に囲まれたヨン。キチャンは「王命に背いてやってきたのか」と問うが、ヨンは「いや、個人的にきたから護衛隊や王とは何の関係もない。私がこの方を恋い慕っているから会いに来たのだ」と答える。
「???」なびっくりウンス。
次回予告ではそのはったりの愛の告白をすっかり信じ込んじゃったみたいだけどね(^_^;)


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2013   0 comments   0 trackback
Category :信義

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/5073-f089ee19

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR