FC2ブログ

信義 1,2話

一話を見たところでは、あまりにもつくりが安っぽく感じたんだけど、二話はなかなか面白かった。
同時期に放送された「jin」から真似をしたと訴えられたけど、本当にそっくりなお話。
それを差し引いても、一話目の構成がつぎはぎ感ありで、主演二人それぞれの数か月前とか数年前にさかのぼっての回想でラストだったのはうまくないと思っちゃった。
ミンホ君キャラは大真面目とはいえ、警察に包囲され強行突破のときに、手から雷光とでもいうのか発して、ビルのガラスが割れ、警察管たちが吹き飛んだのには、思わず失笑だった。あまりにも漫画チック。
そういう思いであまり期待せずに見た二話はでも、一話目より引き込まれました。

神医の存在が信じられていた時代。高麗の王夫妻を警護しつつ国を目指していた一行だが、敵に襲撃され、お妃が首を斬られてしまう。意識不明に陥り、医者が止血を試みるものの、下手に縫うことができない。そこで神医を連れてきて手当てをしてもらうことにする。
重臣が神医を見たという岩の割れ目から雲がうずまき、洞穴があく。王の命令でチェヨン護衛隊長がその穴に入る。通じていたのは現代のソウル。
そこで、ある講義をしていた美容整形外科のウンスこそ神医に違いないと勘違い。
拉致しようとするが、患者の傷を見ないと何もできないとウンスはいい、ウンスに見せるためにそばにいた警備員の首を簡単に切りつけてしまうヨン。
驚く周囲をよそに、「こういう傷だ。直してみろ」と涼しい顔のヨン。
あきらかに常識人とは違うヨンの言動におびえながらも目の前に横たわる警備員を手術縫合するウンス。

当然大騒ぎになる周囲。やがて警察も多数集まり包囲されるが、雷光を使って強行突破。無事ウンスを伴い王妃のもとに帰るヨン。
さっそく王妃の手術を促す。ウンスはてっきり、史劇の撮影隊が、警察沙汰になるのを避けて撮影中の事故で傷ついた役者を、こっそり治療するために連れてこられたと理解。
持参した手術道具を使い、縫合。約束とおり連れて帰ってとヨンに頼むが、意識が戻るまではだめだと断られ軟禁される。

王妃の召使いにここから逃がしてくれるよう懇願。敵側のスパイである召使いは逃がしてやる。逃げても逃げても史劇のセットのような場所から抜け出せないウンスは「どれだけ広いセットなの~!?」とよれよれ。
そんなウンスを敵が捕らえてしまう。ウンスを追ってきたヨン。探し出す前に敵が王様を狙って爆薬のような毒玉を仕掛けていることを知り、さっそく王のもとへ急ぐ。
護衛たちが王を守る戦いの中、王妃が意識を取り戻す。

ヨンに助けられもどったウンスをヨンは約束通りに現代に戻してやろうとするのだが、ウンスの神の手を見た重臣はそのまま王様のそばに置こうとしてヨンと争う。
武士にとって何よりも約束が大事なヨン。王命にさからっても死、約束を破っても死を持って購わなければならない。
とにかく自分が戻りたいウンスは手にした剣でヨンの体を貫いてしまう。
が、正気に戻ってヨンの命をなんとかとりとめようと手術をはじめるのだった。

時代的なことはよくわからないのだけど、キムヒソンさん久々の復帰作となるだけに、ちゃっかりした現代女性ウンスを熱演していて面白い。こんな上手な女優さんだったのね、と改めて新鮮な思い。
コミカルなウンスとシリアスなヨンのやりとりがこれからも楽しみだわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2013   0 comments   0 trackback
Category :信義

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/4856-8eb49478

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR