FC2ブログ

いとしのソヨン 12,13話

ソヨンの結婚生活は順調。夫ウジュは相変わらず優しくて大事にしてくれる。
姑もそれほどやかましくないが、孫の顔が早く見たいとせかされている。ソヨンは判事としての仕事の重責に悩み、今は妊娠どころではない毎日。スカウトもあるし、思い切って弁護士に転向しようかとも考えている。
そんな相談にものってくれるウジュ。

偶然ソヨンの結婚式で招待客のアルバイトをした父は留学するといったソヨンが実は自分に内緒で結婚すると知り驚愕。けれど、すぐに自分の存在を知られたくないのだと理解。かげからソヨンの結婚生活を見守っている。
ある朝、車にひかれそうになったウジュを思わず身を投げ出してかばったソヨン父は、ウジュに病院に連れて行かれ、診察台で意識を取り戻し、そこが息子サンウの病院だと気づいたソヨン父は、ソヨンのためにウジュに素性を知られては大変を治療を受けずに逃げだす。

命の恩人にお礼を言いたいウジュは病院に残された住所を手掛かりにソヨン父を探し当てる。
お礼金を差出、感謝の気持ちを伝えるウジュの顔もまともに見られず、そっけなく対応するしかないソヨン父。
追い返すように冷たい態度をとる。

サンウとウジュ妹ミギョンはラブラブの恋人同士。周囲には内緒で交際をしている。サンウは結婚も考えていて父に紹介する。
サンウに交際相手がいることを知らず、フリーだと信じて思い切って長年の片思いを告白するホジョン。けれどサンウはもちろんホジョンなど眼中にない。正直に恋人がいると明かしてホジョンにあきらめるよう告げる。

ミギョンは職場で自分は孤児で友達の家に住んでいるとウソをついているため、仲が進展しているサンウにどう告白するか、悩ましい日々。

ウジュはある日ソヨンの携帯を偶然見てしまい、父の記念日と記してある日が命日だと勘違い。ソヨンがきっと遠慮しているのだと、法事の用意をソヨンに内緒で進める。
準備された法事の支度を前に驚くソヨン。父を亡き者にして心苦しいのに、法事までされてきっと心が痛むことでしょう。

大きなレストランを借り切って飾りつけもして、へたな歌まで歌ったホジョンの告白が失敗に終わり、ふられちゃって本当にかわいそうだったわ。「ここで変に優しくしてもな」って背を向けて去り、、そのすぐ後で女子と食事するというサンウにやきもちを焼いたミギョンと楽しそうに電話で話すサンウはにくらしかったわ。
大体ミギョン役のパクチョンアさんは悪役のイメージしかなくて、さばさばしたキャラを演じてても可愛くないし、意地悪にしか見えなくて困ってしまう。
パクヘジン君と手をつないでもちっともお似合いに見えないもの(・.・;)

早くホジョンの思いが通じないかしら。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2013   0 comments   0 trackback
Category :私の娘ソヨン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/4836-53e746ee

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR