FC2ブログ

「大当たり不動産」チャン・ナラXヨンファ、再会→ハッピーエンド(総合)




「大当たり不動産」チャン・ナラとチョン・ヨンファがさらに強靭になった退魔デュオで再び一つになった、心温まるエンディングで大詰めの幕を下ろした。

9日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「大ヒット不動産」(脚本ハスジン、この映画、整然と立っ/演出パクジンソク/制作メイクイーンピクチャーズ、モンスターユニオン)16回は、ニールセンコリア基準全国視聴率1部4.3%2部5.5%、毎分最高6.7%を記録した。

劇中スカイビル卵耳退魔に成功したホンジア(チャン・ナラ)を急襲した道学性(アンギルガン)は地下アーケードに逃げ、そこた束と是非が付いて階段の下に墜落して死亡した。オインボム(チョン・ヨンファ)は病院に運ば中道学性小悪魔に憑依され、以来、道学性小悪魔に憑依されホンジアの首を締めた。しかしながらホン赤ちゃん"オインボム、そこにありますか?」と言うとオインボムは意志で小悪魔暴走を防いでホンジアの命を守ったこと。続いホン知っ道学性小悪魔を燃焼金剛杵を活用して封印し、被害者の苦痛を感じさせるしたが、封印法の後遺症で退魔能力を喪失した。しかし、ありがたいと訪れた唱和某(ベクヒョンジュ)を見てママへの未練と願望を捨てる母親怨霊を退魔することができると確信している、「私と仕事、一度にしよう」と誤認虎ママ怨霊退魔を進行した。

退魔による再会った母親に、「君は母親よりもはるかに優れた退魔師よ」という慰めを受けたホン知る結局お母さんをあの世にゆっくり離れた。そして何がしたいのか悩んで見はオインボムにホン知っている"悩み終わった。退魔師になりたい。本物上手ことができるよう」とソルピト笑顔を浮かべ、オインボムは「実は私もやりたいことができました」と答えて妙な雰囲気をプレゼントした。そうホン赤ちゃん退魔能力をたどるか1年後「大当たり不動産」は、活発に再営業を開始し、紅ジアとオインボムはさらに脾臓た顔で退魔に乗り出す開かれた結末を迎えた。

これと関連し「大当たり不動産」側がドラマ観戦ポイントをまとめた。

●K-オカルト

「大当たり不動産」側は「「鬼とる退魔不動産」という独特のコンセプトを現実と幻想を行き来する新しい表現法で描き出す「新鮮なK-オカルト」の世界を開いた。これは朴・ジンソク監督の繊細な演出力で作られた」と自負した。
●不気味なヒューマニズム

'大当たり不動産」側は「オサクハムと神秘が共存する退魔と現世代の最大の課題である不動産のソースを組み合わせた最高の「異種咬合」で好評を引き出した」とし「映画のシナリオライター出身ハスジン、この映画、整然と立っ作家は三位一体細かい構成とゴンガムリョクあふれるエピソードを表わして毎回視聴者を泣いて笑わせるようにする没入感を起こした」と説明した。続いて「特別な存在だったが、トラウマの中に閉じ込められていたホンジアと誤認犯真実を見つけると上、成長は感動が暖かい」表車速取っ(表は冷たいが中は暖かい)」ヒューマニズムを披露した」と分析した。

●俳優たちの熱演

ラブリーなイメージで愛されたチャン・ナラが「ダークカリスマ」退魔師ホンジアに変身、鋭い目つきと素早いアクション、シックと胸切々たる涙の演技まで披露した。久しぶりにテレビ劇場に復帰したオインボム駅チョン・ヨンファはふてぶてしと悲しみ、上まで八色鳥面目を表わしたチョン・ヨンファはホームシアターの共感妖精に大活躍した。凄然な役割だけでなく、ふっくらと飛ぶ洗練されたキャラクターも消化することができていることを自ら見せてくれた注射武装駅川マルグム、隠されていたコミカルさを大放出して劇の強弱を調節したガンホンソクの熱演は生活密着退魔ドラマをより一層輝かせる原動力とされた。

製作陣側は"視聴者の方々が送ってくれた熱い応援と愛で「大当たり不動産」が無事すべての話を解いた」とし「「大当たり不動産」を見た瞬間は苦しい時局で一瞬抜け出し存分に笑って、泣いた時間がドゥェショトギル望む」という最後の所感を伝えた。

一方、「大当たり不動産」放映終了記念スペシャル放送'大当たり不動産-ビハインドカット」は、10日(日)夜9時30分に放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/48040-089bebcf

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR