FC2ブログ

「日媒体」チャン・グンソク "双極性障害の代替服務... 嘘でもなく仕方ないと思う」




俳優兼歌手チャン・グンソクが日本のメディアとのインタビューを通じて、過去「双極性障害」と「軍入隊」に関する自分の立場を率直に打ち明けた。写真SNS

チャン・グンソクが過去患った双極性障害と軍生活について口を開いた。

軍除隊後シングル曲「スター」と「エモーション」を発表して活動を継続している俳優兼歌手チャン・グンソクが、最近、日本のメディアとのインタビューで率直な心境を伝えて目を引いた。

チャン・グンソクは、5日に公開された「ヤフー(ジャパン)ニュース」のインタビューで、2011年に日本の東京ドーム公演後双極性障害(躁うつ病)を患った日社会服務要員(代替服務)で終えた自分の軍生活について虚心坦懐な立場を打ち明けた。国内では、過去2018年、彼は、双極性障害の理由で4級兵役判定を受けて入所して「兵役特例ではないか」という疑惑があることがある。

チャン・グンソクは2018年発症した双極性障害について「中学校の時からの夢であった2011年、東京ドーム単独公演を成功直後翌朝に何か寂しい気がした。人生の夢が実現されたが、「だから今現在どのようにすべきか」、「どのような未来があるか?」という不安感がした」と述べた。

彼は"以来、双極性障害のために、社会奉仕要員として入隊する所属事務所が公式発表をした私は気にしなかった。「嘘でもなく仕方ない。これも人生」という考えだった。以前から私は誰かに質問を受けても正直に言うタイプだったあえて聞く人もいなかった。舞台の上やカメラの前でパフォーマンスに集中する必要がし、難しい」と言っても、すべての心配を及ぼしますので、20代では「大変だ」という言葉を公開の場で一度も言ったことがなかった」と打ち明けた。

俳優兼歌手チャン・グンソクが日本のメディアとのインタビューを通じて、過去「双極性障害」と「軍入隊」に関する自分の立場を率直に打ち明けた。写真SNS

チャン・グンソクは、ソウル消防災難本部で代替服務をしていた話も加減なした。彼は芸能界とは全く別の世界を経験し、肯定的な心を育てることができたと付け加えた。

彼は「(軍生活中)エクセルで数字を入力した。掃除や食器洗いをしたり、ファン50代を運ぶこともした。決まったルーチンはなく出勤して神経質に待っていると電話で「チャン・グンソク君来る」といえば「はい!」と走って行って何した。私は30年近くしていたこととは全く違っていた」と述べた。

チャン・グンソクは、代替服務に非芸能人の生活を経験し、「自分が世界の主人公であり、最高の」という気持ちで誰でも自分の世界の主人公であることを悟ったと述べた。

彼は「私担当した四歳位部長は月に一度のゴルフを行っていくことが夢だった。その横には、株式に夢中になった人もいた。それぞれ好きなものを持っていた自分の人生の完全な主人公だった」とし「(芸能界生活の中で)私は、元の疑いが多くの人であった。常に相手を疑って、私傷つかないように、心の扉を閉めてきた。軍生活は世の中に多くの人々があることが分かった私は判断する基準は、ないことが分かった。心の余裕が生じた肯定的な気分になった」と述べた。

彼は後に活動について「SNSで使う「八女シェフ」というニックネームで料理のコンテンツを用意している。機会があれば深刻なラブストーリーも演技してみたい」という計画を伝えた。

チャン・グンソクは軍除隊後相次いでシングル曲を発表し、日本の音源チャートを席巻した。去る3月に発売されたデジタルシングル「スター」は、日本のラインミュージックリアルタイムチャートで1位になり、5月に発表した新曲「エモーション」はラインミュージック、日本のiTunesのなど1位を占めて「アジアプリンス'の座を堅固に守った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2021   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/48018-0ef8d0d9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR