FC2ブログ

「滅亡」、3週連続話題性1位... 「間同居」2位出発



滅亡ポスター
tvN月火ドラマ「ある日、私たちの家の玄関に滅亡が入ってきた」(以下「滅亡」)が前週比話題性93.76%ポイント上昇し、3週連続話題性ドラマ1位を占めた。

TV話題性の分析機関グッドデータコーポレーションが去る5月24日から30日まで放送されていたり、放送予定のドラマ26編を対象にニュース記事、ブログ/コミュニティ、ビデオ、SNSで発生したネチズンの反応を分析し、先月31日に発表した結果だ。

話題性1位に上がった「滅亡」はパク・ポヨンとソ・イングクのキスエンディングが大きく話題になった。二人の雨の中キスシーン映像は、高ヒットを記録した。一方、作品の中の世界観の説明が不足している意見が着実に現れた。パク・ポヨンとソ・イングクは、ドラマ出演者話題性部門それぞれ1位と3位を記録した。

tvNドラマ「間落ちる同居」はドラマ話題性2位出発した。中国の資本の投資を受けて製作されたドラマという点でネチズンの否定的な世論が形成されており、原作と俳優のシンクロ率が惜しいという意見とBGM活用が科するという指摘が分かった。一方、強い私のキャラクター消化に好評だったし、面白く見たコメントも頻繁だった。ドラマ出演者話題性部門はヘリが2位、ジャンギヨンが5位にランクインした。

同じ放送局週末ドラマ「マイン」は、前週比話題性59.38%ポイントが上がって2週連続ドラマ3位を記録した。イ・ボヨンとキム・ソヒョンは、ドラマ出演者話題性部門それぞれ4位と8位にランクされた。ドラマ4位はKBS 2TV月火ドラマ「五月の青春」で初放送以後着実に上昇している。8話暴風前夜エンディングにネチズンの高い注目が発生した。ウェルメイドドラマというコメントが多く、俳優たちの演技力に好評があふれた。イドヒョンと悩み時はドラマ出演者話題性部門6位10位だった。

放映を控えているSBSドラマ「ペントハウス3」は、ドラマ話題性5位に上がった。メイキングとティーザー映像が公開、初の放送が期待されるというコメントが多数発生した。イ・ジアはドラマ出演者、話題性の7位にランクインした。ドラマ6位はSBSグムト極「模範タクシー」だった。前週比話題性44.37%ポイントが上がって、自己最高スコアで終了した。作家交換後劇展開に物足りなさ示したネチズンが多かったが、結末は満足した世論が形成された。イ・ジェフンはドラマ出演者話題性部門9位だった。

次に、ドラマ7位はJTBCドラマ「ロースクール(前週比話題性76.44%ポイント上昇)」、8位はJTBC土曜ドラマ「知っているが、 '、9位はKBS 2TV週末ドラマ「オッケー光の姉妹(前週比話題性50.44 %ポイント上昇)」、10位はKBS 2TV水木ドラマ「大ヒット不動産(前週比話題性18.77%ポイント減)」の順だった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47991-9d105984

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR