FC2ブログ

米ローリング・ストーン、「BTSジェイホップ、根本的善と圧倒的な才能だ "




防弾少年団(BTS)ジェイホップ(j-hope)が、米国の代表音楽雑誌ローリングストーン(Rolling Stone)から絶賛を受けた。

ローリングストーンは13日、防弾少年団が6月号の表紙を飾ると明らかにして「The Triumph of BTS」(BTSの勝利)というタイトルの記事を掲載した。続いて14日には、デジタルのカバーストーリーの最初の走者にジェイホップとのインタビューを公開した。

ローリング・ストーンは、ジェイホップを「窪みがある笑い、暖かいマナー、猛烈な舞台の存在感を備えたラッパー、ダンサー、ソングライターでありプロデューサー」と紹介し、 "BTSが持つ根本的な善良と圧倒的な才能の結合を象徴する」と絶賛した。

ジェイホップファンデミク時期を通じて"平凡な日常がどれだけ大切なことを知ることができたし、自分のも多くの考えをした」と明らかにして「人に慰めと希望を与える音楽」を作りたいと明らかにした。

ローリングストーンは歌詞で垣間見ることができる「笑いの後の悲しみ」を言及し、どのようなバランスを維持することを求めた。ジェイホップは「アーティストとして感じる圧迫と負担があるが、それ自体で受け入れている。これ音楽的に表現することも元になるようだ」と述べた。

ローリング・ストーンは、これに関連する歌でジェイホップが作った「アウトで:エゴ」(Outro:Ego)を挙げた。ジェイホップは「自己省察の歌であり、私の人生の歌だ。今後も自分自身を信じて挑戦を続けていくだろう」と付け加えた。

ファンの最大の関心事である、音楽の操作についての質問も続いた。ローリング・ストーンは、2018年ジェイホップが発表したミックステープ(非正規会場までの無料アルバム)」ホップワールド」(Hope World)について、「アーティストとして膨大な成果を成し遂げた」と述べて最良の記憶が何なのか尋ねた。

ジェイホップは「本当に純粋で美しい記憶である。そのを振り返ることは、今している仕事にも良い影響を与える。多くのことを学んだアーティストとして進むべき方向をつかむことができた。多くの方々が好んでくれて感謝する。今後もジェイホップだけの音楽世界を見せたいと思い努力する」と述べた。

第二のミックステープには、「まだ決まったことはないが作業を継続中である。音楽スタイルが大きく変わったかもしれないが、より成熟そうだ。本当にしたい話を込めて見る予定である」と言ってファンたちの期待感を高めた。

ローリング・ストーンは、3月に「ホップワールド」に収録された、従来の「ブルーサイド」(Blue Side)がフルバージョンで発表されたことにも関心を示した。ジェイホップは「完成するという考えを常に持っているが発表2〜4数週間前に解決して作り出した」というビハインドストーリーを公開した。

米国のビルボードは15日、ローリングストーンとジェイホップのインタビュー内容を盛り込んだ記事を介して、2番目のミックステープのファンが大きな関心を示していると報じた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2021   0 comments   0 trackback
Category :雑誌

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47872-dd7b2c90

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR