FC2ブログ

バクナレ、セクハラ警察の調査... 「私混酸」で涙反省




セクハラ論議で警察の調査を受ける鼻メディアバクナレが、MBC「私一人住んでいる」を通じて重ね反省の意を示した。
2021050116030859b.jpeg

バクナレは去る4月30日MBC芸能プログラム「私一人で住んでいる」で故郷の木浦の祖父母宅を訪問した。

バクナレはおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に食事の時間を持った。食事中バクナレ祖父は「知らないうちに周りに隠した知った」と話を切り出した。バクナレが経験したセクハラ論議に言及したものである。祖父は「人は未完成である100%だうまくできない。よくできるように努力しなければなる。他人に悪い音に耳を傾けるな」と要請した。

結局バクナレは涙を流した。バクナレが席を外し者の祖父も我慢していて涙を見せスタジオでVCRを見ていたバクナレも涙を流した。

祖父は製作陣とのインタビューで、「心がスリダ。ナレは周辺に知っている人もいなく異郷で一人で学校に通って一人で大きかった。祖母は、祖父が荷物になるとダメだ。翼に重宝されなければという考えを持っている"と述べた。

バクナレは「父が早く亡くなっ祖父が父のように良い言葉をたくさんいただきました」とし「私のために被害を着るようメンバーにも申し訳ありませんしていたようだ。より良い姿で努力するべきだ」との議論の後心境を告白した。

去る3月、バクナレはちょっとジニーと一緒にするWeb芸能「ヘイナレ」で男性セクハラ論議に包まれた。

問題になった映像は、「ヘイナレEP.0」と「ヘイナレEP.2」だった。バクナレは一人の男芸能人を指すし、「パンツの中の唐辛子」と「パンツを「ピー」処理してくれ。唐辛子は野菜だから映像に出てもされている」と述べた。会話の中で登場したニンジンという言葉にも「ニンジンを振った?」と男性出演者の前で自慰行為を連想させる行動を描写した。

また、足を集めてテーブルの脚を揉むなどわいせつな行為を浮かび上がらせる場面もあった。また、人の人形を触りながら、「とても背部Tではないか」「あ、それまでの思っていた」などの水位の高い発言をした。人形の足の付け根に向かって腕を押し込むなどの行動をして製作陣が人形をモザイク処理した。

この映像には、15歳観覧可です」「子供の視聴を禁止」というフレーズがあるだけ、製作陣は映像自体を成人専用に設定していない問題だった。

関連バクナレはリンゴたプログラムは廃止された。

以降、ソウル江北警察署はバクナレの「セクハラ論議'関連告発が受理され、捜査に着手した。警察によると、今月国民新聞告示を介してWeb芸能「ヘイナレ」でセクハラ性言動をしたバクナレを情報通信網法上の違法情報流通の疑いで捜査をしてくれという内容の告発状が受理された。

警察は、プログラム全体の内容と趣旨などをあまねくサルピン後適用することができる疑いなどを議論する方針だ。

バクナレ側は「警察の調査に誠実に臨む」と述べた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2021   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47764-59c52ef7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR