FC2ブログ

イ・ジョンソク、「デシベル」でカムバック[公式]



俳優イ・ジョンソクが映画「デシベル」(監督ファンインホ)でカムバックする。

イ・ジョンソクの所属事務所A-MANプロジェクト(以下、このマンプロジェクト)は29日、「イ・ジョンソクが「デシベル(仮題)」の主演で出演を確定して、過去20日クランクインの後、本格的な撮影に突入した」と明らかにした。

「デシベル(仮題)」は、音に反応する特殊な爆弾で都心を占拠しようとするテロリストとそのターゲットとなった海軍兵長出身の一人の男が半日繰り広げる都心テロアクション映画で「差別化された素材との話を通じて、大韓民国最高のクロスジャンル職人」と評価されるファンインホ監督が「不気味な恋愛」、「モンスター」に次いで3番目に演出する都心テロアクション映画だ。

また、国内最高の潜水艦の専門家との化学爆弾、爆発の専門家たちの生き生きとした諮問を通じて、実際の大規模な都心テロ発生を彷彿とさせる爆破シーンと、これを防ごうとする主人公たちの追跡を実感できるように描き出す予定だ。

今回の作品でイ・ジョンソクは、海軍大尉役を演じ潜水艦から乗員と同苦同楽し積み重ねてきた戦友愛を介して特有の訴える力濃厚な感情演技をプレゼントする予定だ。注がれたラブコールの中次期作をこれまで以上に熟慮して検討してきイ・ジョンソクは「魔女2」特別出演に続き、「デシベル(仮題)」を選択して、新しいキャラクターに変身し、再び自分だけのキャラクター消化を惜しみなく発散して、いわゆる「人生キャッシュ」を更新するものと期待を集めている。それだけでなく、今回の作品の出演はイ・ジョンソクの次期作を古代たファンたちののどの渇きを恵みの雨のように解消させる予定だ。

特に老若男女を問わず、一緒にいくつかのキャラクターとも「特急ケミ力」を爆発するイ・ジョンソクがキム・レウォンをはじめチョン・サンフン、博餅は、ジョダルファン、チャウンウなど同僚俳優たちと力を合わせて引き出す相乗効果が映画界にも話題の「デシベル」を鳴らして活力を吹き込むことが期待される。

信じ見る俳優イ・ジョンソクは2018年の映画「ブイアイピ」ではサイコパス連鎖殺人犯キャラクターを完全に消化、限界のない演技スペクトラムを立証して真価を発揮した。これにより、イ・ジョンソクは出演する作品ごとに、見る人の注目を集めてダンギミョ映画とドラマの両方を網羅興行俳優にしっかり位置づけたという評価だ。

このように唯一無二の俳優イ・ジョンソクだけのさらに深くなった目つきと雰囲気の中、劇的な熱演本能が作り出すこと」デシベル(仮題)」の中の新しい変身と列を指定歩みに絶えず視線が集中している。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2021   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47751-151dddaf

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR