FC2ブログ

イ・ヒョンジュ暴露、DSP・エイプリル反論だけ何回目?結局、家の中の戦い[総合]



グループエイプリル出身イ・ヒョンジュがチーム内いじめ関連心境を直接明らかにした中で、メンバーらと所属事務所が反論した。

イ・ヒョンジュは18日、自身のインスタグラムを使用して長文の文を残し、これまでふくらんだチーム内のいじめ疑惑関連心境を打ち明けた。

彼は「いじめはデビューを準備していた2014年から開始され、チームを脱退した、2016年まで続いた。当時十七だった私は宿舎生活をしてデビューを準備しなければならず頼ることができる人がいないところで加害者と一緒に24時間を送らなければならた」と思い出した。
その3年の間イ・ヒョンジュは安定した暴行と暴言、嫌がらせ、悪口と人身攻撃など苦しんだと主張した。特におばあちゃん、お母さん、お父さん、兄弟などの家族に向けた個人攻撃と根拠のない侮辱を受けたとし、「耐え難い苦痛だった」と訴えた。

所属事務所DSPメディアはエイプリルメンバー間の不和をすべて知っていながらも傍観した。これにより、極端な選択まで試みたイ・ヒョンジュは「所属事務所は、これを知っていながら傍観しただけで何も措置を取らなかった」と主張した。

イ・ヒョンジュは過去の記憶がトラウマとして残って克服するのは難しい状況だとした。しかし、自分を応援する人々のために勇気を出してもう一度幸せに暮らす姿を見せてくれると約束した。

20210418230624524.jpeg

イ・ヒョンジュの文が上がった後、エイプリル現在のメンバー菜園と昔も長文の文を使用して反論立場を残した。これらの一般的な主張は、イ・ヒョンジュが言及した暴行、暴言、嫌がらせ、悪口、個人攻撃などは一切なかったことだった。

菜園はソミン脱退後長姉としてメンバーをあまねく取りまとめながら、すべてがうまくやっていくために努力したとして、「特に体とメンタルが弱いヒョンジュをさらに気を使って手にした」と主張した。それとともに「ヒョンジュも良心があるなら、これを覚えて」とも呼ばれ指摘した。

昔はイ・ヒョンジュ万の犠牲者ではないと批判した。彼は「すべてに起こったことで、本人だけの被害者であると考えて私達を加害者に対して」とし「メンバーたちが皆健康でメンタルが強く、ここまで来たのではない。私どもも同じ人だと体であり、心で痛くなかった人がいない」と吐露した。

DSPメディアはまた、イ・ヒョンジュの主張を置いて、「一方的であり、歪みになった」とひねりた「イ・ヒョンジュとその側近がエイプリルメンバーと所属事務所に犯した無責任な行動のために、すでに耐えにくい精神的苦痛と有形無形の損失を被った」とリベットた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2021   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47671-f37f64ef

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR