FC2ブログ

ソイェジ側、「キム・ジョンヒョン操縦説」否定 "業界一般的な凧人間の愛情の戦いであるだけ" [全文]

202104132117404e5.jpeg

俳優ソイェジが一歩遅れて公式立場を表明した。

ソイェジの所属事務所ゴールドメダリストは13日、公式の立場で「キム・ジョンヒョン側と確認した結果、ドラマ関連の議論がソイェジによって発生したのはないという点を明確に確認された。これに対して本人が立場を明らかにするには意思を表明した。ただし、複数の問題が重なっている関係で立場表明をするのに時間がかかるようだ意見を与えた。継続的に議論が増幅される状況で、まず立場を発表してもいい意見を受けて、当社の立場を言う」と一歩遅れて口を開いた背景を説明した。

この日予定された映画「明日の記憶」のマスコミ試写会参加と関連しても「その映画関係者と他の俳優と取材陣に被害をささげ点心から頭を下げて謝罪」と明らかにした。

特にソイェジ側進ん論議と関連して「議論された内容通りドラマ主演俳優が誰かの言葉に基づいて、本人の自由意志なしでそのまま動作するということは、常識的に納得し難い。した俳優がどのような意志を持たず演技と撮影を進行することは現実的に不可能である」と説明した。

それとともに先に「ディスパッチ」を通じて公開された会話の内容を説明した。ソイェジ側は「公開された会話の内容には出ていないが、当時のキム・ジョンヒョンも他のドラマを撮影していたソイェジにキスシーンを撮影しないというなどの要求するダイアログがあったが、これに書道指導」では君ないで」という式の他人とのスキンシップにの恋人との間の嫉妬混ざった会話が交わされた」とし「これは業界で愛好家の間である俳優たちの間で共通の愛情の戦いと見ることができる」と説明した。また「しかし、すべての学習の恋人との間の愛情争いとは別に撮影は正常に進行する」と付け加えた。

このほか学歴や学校暴力などの疑惑についても立場を表明した。ソイェジ側は「書道れるスペインマドリード素材「マドリード・コンプルテンセ大学」合格通知を受け、入学を準備したという事実があるが、その後韓国での活動を開始することにより、通常の大学を通っていない」とし「さらに提起されている学校暴力関連疑惑については一切事実ではないことを申し上げる」と述べた。
purin@sportsseoul.com

◇以下は、ソイェジ側の立場に特化。

こんにちは株式会社ゴールドメダリストです。

当社所属俳優のソイェジ氏と関連した最近の報道に対する公式立場です。

まず、公式立場表明が遅れたことをお詫びいたします。

キム・ジョンヒョン氏側と確認した結果、ドラマ関連の議論がソイェジさんにより発生したわけではない点を明確に確認受け、これに対して本人が立場を明らかにするには意思を表明しました。ただし、いくつかの問題が重なっている関係で立場表明をするのに時間がかかるようだ意見をくれました。継続的に議論が増幅される状況で、まず立場を発表してもいい意見を受けて、当社の立場を明らかにします。もう一度立場表明が遅れたことをお詫びいたします。

また、今日あった映画「明日の記憶」のマスコミ試写会に参加するようになっ該当映画関係者の方々と他の俳優の方々と取材記者様たちの被害をささげ点心から頭を下げて謝罪します。

キム・ジョンヒョン氏の立場とは別に、当社の立場を明らかにします。人気があった内容通りドラマの主演俳優が誰かの言葉に基づいて、本人の自由意志なしでそのまま動作するということは、常識的に納得することは困難です。した俳優がどのような意志を持たず演技と撮影を進行することは現実的に不可能です。

公開された会話の内容には出ていないが、当時のキム・ジョンヒョンさんも他のドラマを撮影していたソイェジさんにキスシーンを撮影しないというなどを要求するダイアログがあったが、これにソイェジさんも「じゃあお前もするな」という式の他人とのスキンシップの恋人との間の嫉妬混ざった会話がオました。これは、業界で恋人との間の俳優たちの間で共通の愛情の戦いだと見ることができます。しかし、すべての俳優たちは、恋人との間の愛情争いとは別に撮影は正常に進行します。キム・ジョンヒョンさんもきっと他の避けられない個人の事情があったと思います。また、報道された部分は、公開されてはならない個人間の対話が公表されたものであるみると恋人の間非常にプライベートな会話であることを考慮していない大きな誤解を呼んだと思います。結果的に恋愛問題においても、個人の成長した感情で多くの方々にご迷惑をおかけしますされたポイントの深さ悔いています。

そして最近ソイェジさんの学歴に関する問い合わせが多く、この場を借りて、事実関係を回答いたします。ソイェジ氏は、スペイン・マドリード素材「マドリード・コンプルテンセ大学」に合格通知を受け、入学を準備したことがあるが、それ以降、韓国での活動を開始することにより、通常の大学を通ってませんでした。

また、さらに提起されている学校暴力関連疑惑については一切事実ではないことを申し上げます。

もう一度心配をおかけしたことをお詫びいたします。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2021   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47638-3ef5a7a3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR