FC2ブログ

「キム・ジョンヒョン操縦」疑惑→試写会突然欠席... ソイェジ、こんな迷惑もういません[総合]




俳優ソイェジが過去同僚俳優キム・ジョンヒョンと交際当時ドラマスキンシップ削除などを勧めたという疑惑が浮上した中で、約束された広報日程を突然キャンセルして「迷惑歩み」ではないか痛い視線を浴びている。

書道れる13日午後、ソウル龍山CGVアイパークモールで開かれる映画「明日の記憶」(監督ソユミン)メディア配給試写会に出席を前の晩に突然キャンセルした。12日、「キム・ジョンヒョン操縦説」が一波万波の波長を起こした中で書道れる予定通り、この日の行事に参加する予定だったが、この日の夜、突然の不参加というニュースを伝えた。

「明日の記憶」は、記憶を失って、未来が見え始めた女性が混乱の中、夫の衝撃的な実体が直面することになるミステリースリラーだ。書道れる明日を見ることになる主人公受診役を演じ、キム・ガンウと呼吸を合わせた。

この日のマスコミ配給試写会は、キム・ジョンヒョン議論がふくらむ前に予定され行事だ。ソイェジの不参加宣言でソユミン監督とキム・ガンウだけ出席する。試写会後続く記者懇談会では、コロナ19の影響でスクリーン生中継で行われ、取材陣との質疑応答も非対面で行われる。

主演俳優として作品を促進前面に出なければならない役割があるにも議論の中で、公式席上では、プレッシャーに勝つことができず、個人の事情を優先したものである。前日の午後まで繰り返さ参加確認の「予定通り参加する」という立場だったが、最終的に夜遅くに、これを覆すながらイベントの関係者を大いに慌てにした。

特にこのような過程にソイェジが「懇談会で私的な質問は受けないでくれ」との条件付き参加を要請したが、質問を防ぐことが難しいと判断した後、最終的には不参加を通知したという事実が知らされ非難世論がさらに強まっている。

また、書道れる予定されたドラマの撮影を理由に仕事のインタビューも出ないと知らせている。彼が出演予定のドラマ「アイルランド」はまだ最初の撮影どころか撮影日程すら取れなかった。キム・ガンウも新しいドラマの撮影を理由にインタビューを枯死したが、実際にJTBCドラマ「工作都市」の撮影に真っ最中だ。開始していない新しい作品のためにすぐに封切りを控えた作品は、後回しに延ばしておいた不誠実さや撮影も開始していないドラマを言い訳にインタビューを拒否したとしか見ることができない状況である。

試写会不参加を通知し、インタビューも出ていない限り、当分の間、ソイェジが公式席上ではスケジュールはありません。キム・ジョンヒョン関連の議論には、口を開かないという間接的な意志表明で読まれる行より。

当初キム・ジョンヒョンの熱愛説は、専属契約紛争から始まった議論に瞬時にソイェジが中心人物として浮上した。キム・ジョンヒョンがしっかりとした芸能活動をしていなかった11ヶ月のソイェジの影響が絶対的だったビハインドが明らかになり、である。2018年のドラマ「時間」で中途下車しながら摂食障害、睡眠不足などの健康上の問題を掲げたキム・ジョンヒョンが、実際には元ガールフレンドソイェジに「操縦された」という言葉が出るほど振り回してしまったという疑惑が提起された。

報道によると、書道れる前のボーイフレンドキム・ジョンヒョンが「時間」に出演していた当時の相手俳優のソヒョンとのメロー神すべて削除するように要求し、スキンシップも厳しく禁止した。女性スタッフとの挨拶禁止まで具体的に要求し、「スキンシップだ抜い"、"何でも硬くて」と強要し、キム・ジョンヒョンは、これに徹底的に続いた。結局、メロ復讐劇だった「時間」は、企画のもさえ変質して主演俳優が中途下車する初の事態まで受けた。当時はキム・ジョンヒョンの健康上の問題で一段落したが、実際には「時間」の混乱もソイェジの「作品」だったわけだ。

ガスライティング、操縦議論など雪だるま式に増えた疑惑の真偽を置いて多くの人々がソイェジの解明と立場表明を待っている中で、このような沈黙のイベントが「事実認定」あるいは「責任回避」のいずれかの側比重を置いている歩みのか関心が集まっている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2021   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47635-5fe257bb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR