FC2ブログ

ソ・シネ、スジン、暴力被害告白 "覚えていないなんて残念」




俳優ソ・シネが学生時代、学校暴力の被害を告白した。

ソ・シネは26日、自身のインスタグラムに「10年前の私は若かった勇気がない人でした。しかし、今回も恐怖とためらいにある場合、遠い将来、私は私自身に本当に多くの失望して後悔するよう容器を降ります」と長文の文を載せた。

ソ・シネは「私は子供の頃から芸能活動をしたが、学校の中では他の子供と同じ平凡な学生でした。中学では2年生の最初の学期に転校を来たようなクラスの友達とよく似合うために努力しました」とし「私を取り上げた彼は、 2年の間に登校、休み時間廊下、給食室、毎日のようにどこからでも無理と不快な悪口と忍び笑い、「あまりきれいでもないのに、どのよう芸能人をするか」、「どうせあの子洗浄芸能人」、「なんだかんだいじめ遭わ」、 「先生は、一体何がいいとなぜ特別扱いするか分からない」など、安定した根拠のない非難と人身攻撃をしました」と述べた。

続いて「ただ若い学生の時期と嫉妬だったことも、すれ違うように言った言葉だったかもしれないが、私には心の底傷がされた言葉で、今まで残っています。その受けた傷はますます大きなあざにボンジョトゴ人への恐怖が生まれ始めました。その恐怖はトラウマに据え私を内気な性格に変わるし、高校進学において大きな障害となったのも事実です。

また、「私は、覚えていない私と会話を交わしたことがないのに、適合します。一方的な侮辱だっただけです。私の後ろから本人の群れの中で一緒にした蔑視に満ちた発言と行為でさえ、絶対ではなく断定ジウシ君残念だと思ってします。そして、どのような証人と証拠を持っておられるかは分からないが、その分のオプションを覚えて、私の話しているすべてのことを覆うことができる本当のものなのか聞きたいと思います」と吐露した。

ソ・シネは「今の学校の暴力により難しくする方がいる場合は勇気を出して周りに助けを求めてください。私はそうないし、時間が経過すると徐々に大丈夫だろうと信じていたが、そうではなかったことを知りました」とし「今回のことでにより多くの方々に心配と懸念を及ぼした点送球に思います。これからの個人的なことではなく、俳優として、様々な活動に報いるさせていただきたいと思います。今後の4月にも満足していただき、コロナにより多く疲れていて苦しいけど頑張ったらと思います。ありがとうございます」と付け加えた。

前2月には、オンラインコミュニティでは、グループ(女性)子供のメンバースジンの学校暴力加害疑惑が提起された。この過程で、スジンが同じ学校出身のソ・シネも暴言を日常行ったとの主張が出た。ソ・シネは、議論の後、自分のインスタグラムに「None of your excuse(言い訳必要がない)」は、意味を持った文を載せて議論が増幅された。

しかし、スジンは、このような疑惑について否定した。スジンの所属事務所キューブエンターテイメントは当時、「作成者が主張するような学校暴力などの内容は全く事実ではないことを確認した」とし「作成者は、スジンの中学校在学中同窓生の姉であり、受診と同窓生が通貨で争うこと横からは、作成者がスジンと通話を続けいき、お互い争っ事実はある」との立場を明らかにした。

スジンまた、自分のファンカフェを通じて「本当に悔しい部分がある。多くのファンの方々が難しくれるのを見ては、すべてのことを置いて、一度話をささげてほしい」と学校暴力疑惑を否定した。ソ・シネにも「ソ・シネ俳優さんは、学生時代の話を分けて見たこともない。この方もこの日、被害が行ったみたい申し訳ない」とコメントしている。

以下は、ソ・シネ文に特化。

こんにちは、俳優ソ・シネです。
10年前の私は若かった勇気がない人でした。しかし、今回も恐怖とためらいにある場合、遠い将来、私は私自身に本当に多くの失望して後悔するよう容器を降ります。
私は子供の頃から芸能活動をしたが、学校の中では他の子供と同じ平凡な学生でした。中学校では、2年生の最初の学期に転校を来たようなクラスの友達とよく似合うために努力しました。
私を取り上げた彼は、2年の間に登校、休み時間廊下、給食室、毎日のようにどこからでも無理と不快な悪口と忍び笑い、「あまりきれいでもないのに、どのよう芸能人をするか」「どうせあの子下火芸能人""なんだかんだいじめ遭わ""先生は一体何いいなぜ特別扱いするか分からない」等、安定した根拠のない非難と人身攻撃をしました。ただ若い学生の時期と嫉妬だったことも、すれ違うように言った言葉だったかもしれないが、私には心の底傷がされた言葉で、今まで残っています。その受けた傷はますます大きなあざにボンジョトゴ人の恐怖が生まれ始めました。その恐怖はトラウマに据え私を内気な性格に変わるし、高校進学において大きな障害となったのも事実です。そのため、物理的な暴力ではなく、精神的な暴力もした人に一生の傷として残るということを悟りました。
本人は覚えていない私と会話を交わしたことがないのに、適合します。一方的な侮辱だっただけです。第後ろ本人の群れの中で一緒にした蔑視に満ちた発言と行為でさえ、絶対ではなく断定ジウシ君残念だと思います。そしていくつかの証人と証拠を持っておられるかは分からないが、その分のオプションを覚えて、私の話しているすべてのことを覆うことができる本当のものかどうか聞きたいです。
今、学校暴力により難しくする方がいる場合は勇気を出して周りに助けを求めて下さい。私はそうないし、時間が経過すると徐々に大丈夫だろうと信じていたが、そうではなかったことを知りました。
今回のことでにより多くの方々に心配と懸念を及ぼした点送球に思っています。今後の個人的なことではない俳優として、様々な活動に報いるさせていただきたいと思います。今後4月にも満足していただき、コロナにより多く疲れていて苦しいけど頑張ったらと思います。ありがとうございます。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2021   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47527-ca9a2a9f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR