FC2ブログ

「パスを離脱しました」、ナム・ジヒョンの輝く存在感




マイ
良い 良い評価する 10
翻訳する言語を選択する
テキストを音声に変換サービスを使用する
文字サイズを変更する
SNS送信
オリジナル表示
[マイデイリー=イスンギル記者]俳優ナムがキャラクターと完璧なシンクロ率で視線をひきつけた。

結婚式当日逃げたボーイフレンドを見つける樹脂(ナム・ジヒョン)の旅が15日JTBCドラマフェスタ」のパスを離脱しました」1部を通じて描かれた。その過程の中で、ナムジヒョンは懐かしさと怒りなど揺れ動くキャラクターの感情線を繊細に解放出し熱演を広げて目を離すことができなくした。

早い展開の中で、ナム・ジヒョンのさまざまな面が高い没入感をもたらした。夢があった時代から、今何にでもなりたい取りジュンセンまでに、ナム・ジヒョンは、過去と現在を網羅完璧なキャラクター消化を披露した。笑いいっぱいいた学生の時とは違って、現実に挫折して、最も幸せになる結婚式の日、最悪の状況を迎えた樹脂の心情ジヒョンの願望と懐かしさが入り混じった目で投影され、切なさを倍加させた。特にナムは、本人を理解していない母親との感情争いをリアルでリアルな演技で表現し、代替不可能な存在感をより一層輝かせた。

ナム・ジヒョンは、表面には艶に見えるが、内面は弱い」ゴトバソクチョク」のキャラクターの性格を繊細に表現した。事あるごとに母の言葉に敏感に反応して争うの繰り返しが本心彼女を心配する心がより大きく、聖餐(キム・ボムス)の些細な行動も慰められる樹脂の心はナム・ジヒョンの演技を通してそのまま伝えられた。このように急変するキャラクターの感情線を完全に溶かしナムの硬い演技力は、視聴者の共感を醸し出しにおいと同時に、樹脂の成長を応援させた。

単幕劇特有のペースの速いもナムはストーリーを力強く導いていき真価を正確に発揮した。多彩なジャンルに向けた挑戦と変身を恐れていないナムだから、今回の「パスを離脱しました」と、再びウェルメイド単幕劇を誕生させる彼女の活躍がより一層期待される。

一方、消えたボーイフレンドを探す旅が本格的に幕を開けた中で、その中でナムが直面することになる真実は何なのか疑問を集めている。「パスを離脱しました」2部16日午後9時放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47463-850c2302

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR